アチャコちゃんの京都日誌

サラリーマン人生を、4

おすすめコース

2017-03-21 10:19:03 | 日記

 

 

・戒光寺 後水尾天皇ゆかりのお寺(身代わりの仏)
泉涌寺は皇室の菩提寺である。従って、「御寺」と言われる。何々寺と言う必要はなく「寺と言えば泉涌寺」の事なのだ。塔頭寺も多く、中でも丈六戒光寺は、後水尾天皇のゆかりのお寺である。東大路通から泉涌寺道に入って途中にあるが、大概の方が見過ごしてしまう。ひっそりとした古刹である。丈六とは、仏様の身長の事である。1丈6尺(およそ5メーター)だ。従って、仏像は必ずこれの半分とか2倍3倍とか、丈六が基準となっている。座像の場合この半分の高さになる。座って2.5メーター、立って5メーターが仏像の基本である。その丈六の釈迦如来立像が本尊のお寺、戒光寺は、後水尾天皇とのゆかりがすごい。
 後水尾は、即位の前まで紆余曲折あった。従って、お命が狙われるようなことも度々あったらしい。皇太子時代、賊に襲われ首を切られたが、なぜか奇跡的に一命をとりとめた。その後、身代わりになったという釈迦如来が現れ、よく見ると首のところに血の跡があったという事で、その後、このお釈迦様は、「あらゆる身代わりになって下さる。」「首から上の病気、のどの病気に効く。」と言われる。勿論、血の跡は、今でも明らかに見て取れる。実際、後水尾は、このお釈迦様のお陰でその当時では稀な、85歳の天寿を全うしたわけで、その事から、皇室に深い縁の、この地に移されたという事である。
また、本尊横の、不動明王像は、京都に数々あるお不動様の中で、足の裏が見られる数少ないものとして有名、お不動産の足の裏を見ておくのも一興かと思う。


・おすすめコース
 泉涌寺~雲龍院~今熊野観音寺~戒光寺~即成院~散策~東福寺
泉涌寺の塔頭では、東の端から、まず雲龍院。ここは、庭園の見事なお寺で、後円融天皇御真影や「色紙の窓」で有名。次に泉涌寺を挟んで、西側の今熊野観音寺は、四国88か所のお砂踏み法要が行われるお寺で、9月21日~23日は、四国から運ばれた88か所の砂を踏みながらめぐると四国巡礼と同じご利益があると言われる。さらに、戒光寺より西、第一山門あたりにある即成院は、平安時代初期の作の二十五菩薩像が圧巻である。名前の通り「ぽっくり寺」である。苦しまずぽっくり死ねるようにお年寄りがお参りに来る。「けど、今すぐじゃないように。」と、拝む。また、境内奥には、平家物語で有名な、那須与一の墓がある。その関係で、「矢を射止める。」から転じて、ハートを射止める「恋愛成就」のお守りが売られている。したたかな京都人の柔軟なところだ。
 そこから東福寺へは、裏道を散策しながら歩くと案外近い。時間があれば足を延ばしておきたい。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後水尾天皇とゆかりの寺 | トップ | 第2回  崇徳院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。