ゾウさんと暮らす

78歳の 夫ゾウさんと 暮らす 
75歳の 妻が  それなり の 
元気を 綴っています。

異常は どんなんでも 響く

2017年09月30日 17時46分54秒 | ・ 生 活

9月28日(木)から 灯油を 焚いている。

丸コンロ だから それぼど 熱くはならない。

今日は 特に 温まらなくて

手仕事したくない。

雨も 強く降った。

稲かりは すんだころだから

お米の 心配は ないだろうが……。

外は オーバーでも 良いくらい だ。 

xxxxx

今年は 扇風機 役に立つ日が 少なかった。

もう お掃除して 棚に しまわなければ。

このまま 異常天候が 続き、 冬が来るのかな。

寒い冬か。 生ぬるい 冬か !!

後期高齢者に なった。

どんな ことでも 敏感に 身体に 響く。 

ささいな 異常でも 困る、ん で す。

穏やかな 天候。そして、世界情勢の どうか。


この記事をはてなブックマークに追加

日曜日 はじまりが 良い。

2017年09月29日 00時56分26秒 | ・ 生 活

ゾウさんは テレビ録画を 見ている。

9月24日(日)今夜も生で さだまさし

「久慈だヨ !」の 録画。

わたしも チラリチラリと みながら

片付けを している。

xxxxxxxxxxx 

観光 あま ちゃんが でた。

NHK盛岡の アナウンサーも 出てきた。

名前は 手 嶌 さん、だと。

振り仮名には てしま さん。

 やまカンムリに 鳥で 「しま」。 シマ なのだ。

 xxxxxxxx

嶌  嶌 こんな字があること 気が付かなかった。

  「とう」・「しま」と 読む。 島の異体字 

「山+音符鳥(ちょう)」で、 渡り鳥が 休む海の 小さい山

 だそうな。 なるほど。 

異体字は たくさんあった。

島、嶌、嶋、嶹、隝、﨩、陦、隯……

xxxxxxxxxx それから 別の投稿 

日曜日はじまりの 手帳が 

手に入らなくて 困っているという ハガキが 読まれた。

さだ まさし さんが 「作る」と 言ってた ような。

 xxxxxxx

私も だいぶ前から 気にしていて 

このブログにも 書いた。

カレンダーは 日曜日はじまりが 多いのに 

手帳は 月曜日だ。

頭のなかに 書いておいても 

月曜日はじまり だと 混同してしまう。

あるメーカーが 日曜日はじまりの 手帳 出している。

使ったこと、あるが、 値段の 高~~い。

たいした 仕事をしていないものには もったいない値段。

私は 105円ので 充分。

最近は 10月に 入ったら すぐに 探し始めると

百均にも ある。

早いうちなら 105円のが あるのだ。

投稿者に 教えてあげたい、な。

今回の「生」で、気になったのは こんな ところ。 


この記事をはてなブックマークに追加

 家は 片づける ために ある

2017年09月28日 00時01分11秒 | ・ 整える ・ リイサイクル

続き

午前中の 買い物ほか は 順調に 済んだ。

いま ゾウさんは テレビ録画を 見ている。

さだまさしの 「なま」 ~~~。

「生」を 少々 古くして 見ている。

録画を セットしてしまった のは 私だから 

片付けを しながら 付き合っている。

家のなか 家具の入れ替えをすると

使い勝手が 変わる。

それで 物を ぐるりと 入れ替える。 

いつまでも ごみ屋敷は いやだから

栄養剤を のんで 動いている。

ゾウさんにも「元気がでる薬 のむ?」と 聞いては

2本 または 1本を 冷蔵庫から 持ってくる。

働いたら すこしは やせるかな、と 思うのだ、が

体重は 必ず 増える。

その 栄養剤の おかげで 元気がでて 

ものが 片付いているのかも しれない。しかし

体重増加は それの セイ かも、とも 思っている。

家は 片づける ために だけ ある んだろうな。

しかたない。

明日も 栄養剤のんで 頑張ろう。 


この記事をはてなブックマークに追加

細かく メモをして 仕事を こなす

2017年09月27日 14時20分57秒 | ・ 生 活

今日も 忙しい。

1・ ゾウさんの 耳(補聴器)の 調整

2・ 郵便局で お金を下ろす。

  振り込みも したいのだが、 思ったとおり 

  ここからでは 手続きが面倒なので「ごめんなさい」で やめた。

( ここで 面倒をすればよかったのかな。756円で ビックリ しなくとも すんだ のかな?)

3・ 玄関に置く 足台を 探す。

  ちょうど 良い 高さのは なかった。

 ( いままで ふたつ 重ねて つかっていた )  

  何も買わないのは いやなので 野菜ジュースを 箱で購入。

4・ 薬やさん。 この頃は なんでも 売っている。

  ゾウさん 納豆 ほか 詰め込んでいた。

  私は 「眠気さまし」の 薬 ?

  こんなの ナメ てまで お話し聞かなくとも、とも 思う、が。

  一回 ふたりで 100円も かからない。 とても ありがたいもの。

5・ 信金で 振り込み。手数料 756円に びっくり。

  たまげたァ~~~。こんなに 高いのは はじめて。

 ( いつもは 無料。 または 300円ぐらい かな)

6・ 期日前投票を 支所で 行う。

xxxxxxx メモを書いて 無駄がないように 回った xxxx 

これで 今日の 外仕事は 終わる。

さあ これから うちの中の 整理に入る。

重い 机を 次の部屋に 移動する 仕事がある。

テレビを見ている ゾウさん を こき使わなければ。

動いてくれる かな~~~。


この記事をはてなブックマークに追加

 玄関さえ ちゃんとしていれば OK

2017年09月26日 19時04分55秒 | ・ 終 活

下北から 岩手に 戻って 25年。

私の寝室は 何度か 移動した。

パソコンは ゾウさんと 同居していた、のだが

ここも 追い出されてしまった。 

最近まで ベットの脇に パソコンを 置いて暮らしていた。

その部屋の中でも 移動を した。

ついでの 掃除を する。 

寝室の 隣は 壁を隔てて トイレに なっている。

昼でも 灯りが 必要 だ。

それで 玄関の近くの 居間に 移すことにした。

外の 緑が 見えるのが さらに 良い。

玄関に いっとき ものを 移して、居間の物を 移動する。

映画を 観にいったり 勉強があったりで 

なかなか 片付かない。 写真の ような 乱雑のまま ひと月ぐらい。 

玄関部屋から 居間へ 行くの が 危険。

つまずいて 怪我を しそう。

洗濯ものを 干すのにも 困っていた。

xxxxxxxxxxxx

居間のものを 玄関に ひと先ず 移してから、

ずいぶん 経っていたが、移動作業は すこしずつ すすむ。

明るい場所の ひと隅を カーテンで 囲って

PCコーナー が できた。

玄関の 埴輪は ひとまず 三和土に 置いていた。

今日 やっと ここから 左側の 棚に 移った。

危険状態は 去った。

洗濯もの 床に たらづかせることが できる。

xxxxxxxx

 玄関さえ ちゃんとしていれば 

 見えないところが 乱雑でも まあ いいか、と。

 ずさんな 生活が 当たり前になっている。 


この記事をはてなブックマークに追加

心に沁みる 女の子の ハミング

2017年09月24日 19時52分05秒 | ・ 読書 ・ 映画 ・ 芝居

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」原作 東野圭吾。 

監督と 西田敏行さん 郡山 出身。 

ゾウさんも 同郷なのだ。見なくては。

封切り日 9月23日(土)に 観賞 してきた。

 

左側 この本は 24年初版 のもの。

今は 文庫本も でている。

廣木隆一 監督。

西田敏行は 浪矢雄治という 雑貨店の主に扮している。 

悩み相談をしている “ナミヤ雑貨店”が 舞台。

時を超えて つながる人々の姿を 描いている のだが

時代が 行ったり来たりするので 最初は 戸惑った。

本を読んでいて さえ 理解が難しかった、ので、

ゾウさん わかっている かな~~~、と。

終わってから 聞いたら

ネットで あらすじを 読んでいたから ……。

わかった ようだ。

ナミヤ雑貨店に 忍び込んだ

養護施設育ちの青年たちの 最後のシーン。

それぞれ 自立している姿が見えて・・・ よかった。

主題になる曲の、女の子の ハミングも 心に沁みた。

中の 上 ?   いや 上の 中 かも。


この記事をはてなブックマークに追加

1日 1日が 大事になった

2017年09月23日 18時18分08秒 | ・ 生 活

昨日(22日)パソコン仲間 Tさんから メールが 入った。

「Sさんが 亡くなった ……」

だから どうする、が 書いていない。

亡くなったのは、パソコンの勉強会に きていた人。 

80歳の Sさん。 女性。

ともかく Tさんの お宅へ 伺う。

お悔みに行くことは 決まったが

彼女も Sさんが なんで亡くなったのか、は 知らなかった。

私は 春の終り頃に 偶然 郵便局であって 

30分も 立ち話をしたことを 話す。

だいぶ前に 大病をした ご夫君の看病が 続いている、

など、しかし、Sさん ご本人は すこぶる 元気だった。 

新聞には 20日・21日 死亡となっている。

どっちにしても 

今日は 通夜か 火葬か どっちかだろう。

Tさん 

4時半 我が家に 迎えに来てくださった。

会場についた。

なにか 始まるようだ。ご近所の方に聞いてみた。 

「にっかんです」と 聞こえたが、さて 納棺のことかな。

どうぞ、と 言われるまま 椅子に 並んだ。 

うちの 和尚さま 儀式を はじめた。

Sさんも うちの お寺の 檀家になるんだな。

Sさんの ご夫君は、意外としっかりしていた。

娘さん お二人が 付いている、心配ない、など

和尚さまの読経に 小声で合わせながら

考えていた。  帰り。 

お悔みの袋を 渡しながら、ご近所の方に 聞いた。

Sさんは 21日の午前 ご夫君の ケアに 

来ていた方と 話しているうちに「倒れた」のだ と。

救急車は 来たが 

すでに「ダメ」な ように 見えた とのこと。

xxxxxxxxxx

車の中で Tさんへ 状態を 伝える。

Tさんは 私より 1歳年上 76歳。

80歳には まだ 間があるが、

そんなに 遠いことでは ないだろう

いつ お迎えがきても おかしくないんだね、と

互いに 話す。

あんなに 元気だったのに、

明日 わからないもの。 

1日 1日が 大事になったね、しみじみと語り合った。 


この記事をはてなブックマークに追加

與 …… 〇〇にクミスル 

2017年09月18日 13時39分22秒 | ・ 文章 ・言葉

新聞小説「柳は萌ゆる」

はじまって 1年以上になる。

以後 1ページ分を はがして 箱に詰めている。

新聞は 幅があるうえ 揺らぐので

読みにくい。 ますます 目が痛くなる。

小さく 切り取って、まとめて 

連載が終わったら 楽しむ つもり。

だが、これから 2年は 続くらしい ので。さてさて。

xxxxx

「柳は萌ゆる」 ひと月ぐらい前 ? 

世良修蔵 という 文字をみつけたので

チラチラ読みを してしまった。

xxxxxxxxx

昨日の 文章(9月17日)

冒頭「与する」に ルビが ふってあった。

…… 奥羽鎮撫総督府側に 与するかの大評定が ……

とある。 与する は ルビが ないと 

普通は 読むことが 難しい、と いうこと、かな。

よめなくとも 恥じゃないのかな。

xxxxxxxx 

    若かりしころの はなし。 35年前 ?

あることで 一」という方と 知り合いになった。

藤沢町の 農家の出身( 現在は60代に入っただろう )

私の 「 なんと 読むんですか 」 に

「 よいち。 与える という 文字。 古い漢字 」。 

お返事を してくださったのは その方の おくさま。 

そこまでは 良し、だが

そのあとに  と 与える の 関係を

「調べる」を しなかった。 xxxxxxそしてxxx

今年の 6月のこと。  

数年前、古文書を やっている 

60歳前後の 女性 と 知り合いになっていた。 彼女

本のことに 詳しい方 を さがしていたので

昔の同僚だった人の お兄さまを 紹介した。

」 さま

「難しい文字だが、書くことは できる、 でも

読みを 忘れるので 手帳には ルビを ふってる」 と 話したら

その女性 曰く 「 それ 〇〇にクミスル と 憶えればよい 」 と。

ああ そうだ、 そうだった、 と 合点。

物を 与える、の 与える行為

何にも クミシナイ、の クミスル が  繋がらなかった。 

組する、のほうが わかりやすい。  それから

入力するとき クミスル と 打てば 「与する」と しか 出てこないこと。

 という字は IME パット を 使わねば 得られない、

ことも わかりにくくしている のではないか なぁ。

あ~~あ。 文句をいっても どうにも ならない。

xxx あれから すぐに 調べて 

このブログに 下書きしていた のだが、忘れていて 

3か月も 経ってしまった xxx 

xxxxxxxxxx

与 と 與    

与  中学で 習う文字。  

與   常用漢字外 (人名用漢字)
音読み:「ヨ」

訓読み:「あた(える)

常用漢字表外:「あずか()」、「くみ(する)

音読み・訓読み以外の 読み ……
「あたえ」、「あと」、「あとう」、「くみ」、「すえ」、

「たく」、「とも」、「のぶ」、「ひとし」、「もろ」、「よし」
xxxxxxxxxxxx 

こうして「調べる」を しても、 反省をしても

覚えなくちゃ、とも 思ってはいるのだが 

最近は すぐに 忘れる。 

まあ ことあるごとに 復習をすれば なんとか 持つ、

か な ? ヤレヤレ


この記事をはてなブックマークに追加

怪我の功名

2017年09月17日 00時45分19秒 | ・ 文章 ・言葉

13日 行きつけの 病院へ 行った。

休み だった。

ここまで来て だだ 帰るのは もったいない。

それで 2011年の 津波で ぐちゃぐちゃにされた

陸前高田の図書館が かさ上げされた 場所に

あたらしく 出来上がった、という 

記事を 読んだことを 思い出した。

足を のばそう。

そうやって 海方向に 走らせているうちに

そうだ。

そっちへの 途中に 鹿折金山も あることを 思い出した。

車の中で 地図検索。

34号に 入るのは 難しそうだナ。

ゾウさん 車 走らせているうちに 

  ずいぶん 久しぶりだったにも 関わらず

どんどん 思い出したようで 

意外と 迷わずに 34号を 見つけた。

xxxxxxxxxxx

今夜は いろんなことが 起こって

時間が ない、ので 終りにする。

鹿折金山と 高田の図書館のことは いつか。

何にしても 楽しい 時間になった。

お医者さんが 今日が 「休み」ということは

8月に来たとき、メモが貼ってあった、と ゾウさん。

 私は 気が付かなかった。

気が付かないで 来てしまったことは 災難だったが

2か所に行けたことは 上々の 幸運。

天気も 良くて 行楽日和でも あり。

ゾウさんに「こういうの『怪我の功名』って 言うんだよね」

使い方 間違っていないか、気になって 調べた。

xxxxxx「怪我の功名」とは


当初は 過失や災難と思われたことが、

思いがけなく 好結果を 齎(もたら)すこと

また、

なにげなくしたことが、偶然にも 好結果となること。 

 とも あった。

なんか 言葉使い おかしい ような。 気に入らない。

広辞苑には

過失が 思いがけなくも よい結果を生むこと

また 

なに気なしに やったことが 偶然に好結果を得ること

わずかな差だが 私は こっちが 良い。


この記事をはてなブックマークに追加

赤沼に 住んでいた 義経

2017年09月13日 18時44分56秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

義経北行? ツアー どうですか、

えさし郷土館で 勉強している人からすすめられた。

なんと タイムリー と 思い

詳細も見ないで 申し込んでしまっ。

帰宅後、よく読んだら

すべて ゾウさんと 散策ずみの場所だった。

紫波町 を 訪ねたのは 

樋爪館周辺は 2008・11月

赤沼は 2009年 3月

「蓮華寺の月」九郎義経・赤沼逗留記も 読んでいる。

写真 ピクチャ に 保存されて あった。

文章 おもいだすまま 書いておく。

xxxxxxxxx

樋爪館(ひづめのたち) 五郎沼

 

わたしたちが 五郎沼 周辺を 廻ったのは 

   2008・11月12日  ↓

 

12世紀ごろ 志和郡を治めた樋爪氏の居館跡。

始祖は 清衡の4男清綱といわれている。

その子 俊衡が志和郡を治めることとなったときに

姓を 樋爪とした。

文治5年(1189)頼朝の奥州攻めにあった。 

俊衡 みずから 館に 火を放った、と。

xxxxxxxxxx  次は 赤沼地区。

散策した日は 2009・3月20日。

小説「蓮華寺の月」を 買いに行った ついで。

写真 …… 正面の山も 史蹟だった はず。


白 山 神 社

赤沢地区の 白山神社。 ここは

延暦22年(803)坂上田村麻呂が 建立したらしい。

神社の麓には 鎌倉時代末期に建てられた石碑が 並んでいる。

そこを みて 登ったのだった、ような。

 

藤原経清は 前九年の合戦で

安倍頼時の娘婿として 朝廷側と戦い 敗れて 処刑された。

甥の 遠山師重が 経清の母と 赤沢へ 落ち延びた

 ←(私を消す方法、忘れてしまって)

藤原経清の母の墓と 伝えられている石碑。

ここ 赤沢で亡くなった、その証拠 ?

たぶん これだ、と 思う。 確認してこよう。

私より 大きい 石碑に 驚いたのだった、ナ。


判官堂(義経神社) 紫波町 赤沢

源義経が 神として祀られているなんて……。

平家から逃れて 平泉にやってきた義経が

ひそかに 馬や弓の鍛錬をして暮らしていた、

と 書いてあったような。

水を飲むために立ち寄った井戸で

知り合った娘との間に 子が できた、と。

その ご子孫、現在も 

義経神社(判官堂)を 所有する家に住んでいるという。

義経が利用した井戸は 今でも水がわいている。(上の写真)

義経が使ったとされる弓なども、その家には残されている

それらに まつわる話を 描いている

小説「蓮華寺の月」。 再読しなくては。

書いた方は たしか 地元の 女性。

xxxxxxxxxxxxx

申し込んでしまったツアーは 

2017年 9月15日。日帰りツアー。

解説付き だろうから それに 期待しよう。

今日 はがき が 届いていた。

すすめてくださった方から 業務連絡 ? 

主催者の方 50枚ほどの 資料を 準備された、と

も 書いてある。 さ あ 大 変 !!


この記事をはてなブックマークに追加

奈良時代の 水洗トイレ

2017年09月12日 13時56分34秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

小物の 片付けは 時間がかかる。疲れた。

ちょい と テレビ タイム。

軽いノリの 「歴史もの」? を やっている。

27時間テレビ ?。 なんだろう。

(24時間テレビというのでは 募金や マラソンを やっている、が)

ビートたけし さんが いる。

70歳前後のはず。 頑張っている んだなぁ。

さて 本題。 xxxxxxxxxxx

「奈良時代の 水洗トイレ」 と 言っている。

久保田城址 のことだろう。  先月 知人に

「縄文時代」と 話してしまっている。時代は 奈良 でした。 

訂正して「お詫び」もうしあげなくて は。

秋田(久保田) 城址 に 行ったのは 2006年だった。

冊子には 2006年10月「真澄を学ぶ」と 題が付いている。

これは 角館 神明社

左に 「菅江真澄終焉の地」碑が ある。

   (終焉の地には 諸説ある)

冊子には 64歳の私も いる

怪我をしていない頃だから まだ? 若々しい。

xxxxxxx

問題の写真・・・ 冊子には 2枚だけ 載っていた。

広々とした ゆるい 崖。「古代水洗厠舎跡」の 簡易標識 

  2006年

想像図が 拡大された のも 載せてあった。

 2006年

テレビで みたような 復元した 建物 は まだ なかった。

次 ネット 検索をしたものを 簡単に 載せる。 

秋田(久保田)城址の 水洗トイレ  

 秋田城跡歴史資料館-史跡公園案内 - 秋田市

で 検索した。(ほかにも あった)

最初に 地図が 出てきた。

トイレの位置は 地図の東側に。

秋田城で 発見された古代水洗トイレは、

沼地の付近に 復元された、とある。

鵜ノ木地区の 付属寺院の 北東隅。  

排泄物は 沈殿槽にいったんたまり、 

上澄みだけが 沼地に流れる構造。 

自然地形を うまく利用している。 

8世紀中頃、奈良時代の最新鋭のトイレ。 

8世紀末・9世紀初めまで機能していた、

と 考えられている。 

平安時代になると なぜか 使われなくなった。

 内部の写真……もある。

私の子供のころ まだ あった ポットン 便所

の 姿を していた。

「水を流す体験」だけ は できる、と。

xxxxxxxxxxxxxxxxx

「秋田城跡ボランティアガイドの会」が 史跡公園管理棟に待機している。

 4月1日~11月30日(午前9時~午後4時)まで

復元整備された史跡公園の説明(無料)を 行っている。 

申し込みは 秋田城跡歴史資料館か 史跡公園管理棟まで。
団体見学希望の場合は、5日前までに

xxxxxxxxxxxx 

菅江真澄の 勉強 まだまだ。

それなのに「義経」に 戻ったりして。

反省はするが 時間が 足りない !! 


この記事をはてなブックマークに追加

直してしまうから  物が 増える

2017年09月10日 17時30分17秒 | ・ 生 活

う~~ うまく 付いたな。

さすが 大工さんの 孫

と ゾウさん。

片手鍋の 手を 直したのが 大工さん?

大工さんは 鍋の手を 直すのだろうか。

小さい鋸・小さいノミ・小刀・

そして ドライバー  を 使ったのだから

大工道具を 使かったのだから 

大工さんで いいのかな。

xxxxxxxxxx 

結婚するまえから 使っていた

片手付の 鍋 の 手が ぬけかけていた。

何度も ビスを 付け替えた 後が あった。

もう この 手 は 終りだろう。

2本の ビスが ぐるり 4か所 

計8か所に 穴が あいている。

弱くなっているから 

料理している間に 折れる 可能性がある。 

あぶない!!

木(手)の部分だけを 売っていた、と 思って

店 を 探したが 見つからない。

1000円も しない。もう 新しいのにしよう。

xxxx

これで 安心。

だから 壊れてもよい。 失敗してもよい。

古いのを 直そう。

私の 赤い大工道具箱を 持ってきた。

新聞を敷いて

小さい鋸・小さいノミ・小刀で 手が隠れる部分を 削る。

硬くて 硬くて

時間 かかったが なんとか 細くなった。

ドライバーで ビスを 締めて 完成。

また 物が増えた。

xxxxxx 

衣類も 新しいのを 買って

古いのを 直してしまうから

物が 増えるのだ。

家のなか 物であふれるのだ。

2日前 セーターも リフォームしてしまった。

やれやれ 箪笥の肥やし も 作ってしまった。 


この記事をはてなブックマークに追加

蘭学 は 「西の 津山 東の 一関」

2017年09月09日 20時50分00秒 | ・ 歴史 ・ 歩く

9月9日(土)午後1時~

シンポジウム 

「杉田玄白 没後 200周年 ーー 東北の 蘭学 ーー」

興味を増やしたくない、と 思うが

東北の、と 聞けば 行かない、なんてできない。

蘭学 すこし は 言葉 名前を 知っている。

なんとか なるだろう。

会場は 一関博物館。

主催は 博物館と 洋学史学会。

知らない 名前は 少なかったから 

そうなんだ、と うなずきながら なんとか 来た。

質疑応答で

私の 前の席の方が 腑分け・豊吉のことを 聞いた。

回答は 少しだけ だった。

私 知っている。

小説「みちのく腑分け始末」が わかりやすい、よ。

一関市の 小野寺苓先生が 書いている よ。 そうそう

「火 --- みちのく一関忠臣蔵」が 発売されたばかり。

余計なことまで 聞こえないように つぶやいた。

閉 会 行 事 

「西の ツヤマ 東の 一関」と いう言葉が 聞こえた。

前の方 聞きもらした。 今日は 蘭学の講義だから 

前の方に 蘭学と つければ 良いだろう。

ツヤマ とは 聞いたことがあるが さて どこだっけ。

大阪より 西の方だと 思うが……。

ツヤマ は なんで しられているんだろう。調べなくちゃ。

外へ出たら 

いつも お世話になっている 女性の 学芸員さん が 

誰かに ご挨拶して いた。

いや 副館長さん だ。

長い間 親しみを 感じてきたものだから

副館長さん と いうことを 忘れる。

さっきの ツヤマ って サンズイの 津 ですか、と 私。

「そうです」

さらに …… ツヤマ って どこですか。

「岡山です」。

ありがとうございました。

岡山市の 津山は 列車で 1度 ? 通ったところだ。

それで 憶えていたのだろう。

岡山? 津山? と 蘭学 ?

全然 繋がらない。

東の 一関 は 今日の 演題にあるように

「高野長英・大槻玄沢・建部清庵 …… 」その他

 蘭学に かかわりがある方が おおい。

私でさえ知っている。

しかし「西の 津山」は 誰 ????

帰宅。 調べた。 xxxxxxxxxxxx

激動する時代の中 洋学の重要性が 高まり、

幕府や 政府は 海外に留学生を派遣して近代化を推進した。

津山からも 

津田真道、箕作麟祥、菊池大麓、箕作佳吉、久原躬弦、箕作元八 ら

多くの若者が海を渡った。

私 …… 箕作 が なんとなく という 程度

ほとんど 知らない お名前。

津山藩にはじめて蘭学をもたらした、という

宇田川玄随、その跡を継いだ 玄真・榕菴 と。

情けない。。。 全然知りません。

津山洋学資料館 には 実物の 『解体新書』。
蘭学が始まったころの資料 が あると。

これが 「西の 津山」ってこと だろう。
困った。また 勉強することが できてしまった。
この頃 また 義経を はじめてしまって ……。 

この記事をはてなブックマークに追加

この頃の 蚊は ぶ~~~ん と 言わない

2017年09月07日 12時19分03秒 | ・ 生 活

2日間の 草取り

かゆみ止めの 塗り薬を たっぷり ぬった。

それでも 発疹が でたし、痒みもある。

次の日 発疹は さらに 増えていた。

夕方は 虫 多く 発生するのだろう。

虫 は 蚋(ぶよ)なのか 蚊なのか 

刺した虫を見ていないので、良くわからない。

xxxxxxxxxx

近所の方が ミニトマト 収穫しすぎたので、と

持ってきてくださった。

その時 わたしの 赤い ブツブツを みたからだろう

「 この頃の 蚊は ぶ~~~ん と 言わない 」と。

私も そう 思う。

昔 蚊取り線香は 毎夜 たいていた。

忘れている夜に限って ぶ~~~ん を 聞く。

慌てて 火をつけた 事もある。

蚊取り線香は 夏の 必需品 だった。

すこし「蚊」談義をしたが 素人の かなしさ

結局 蚊なのか 蚋 なのか 

どうすれば 良かったのか

結論は 出なかった。

xxxxxxx

蚊取り線香 ここ 10年ぐらい 使っていない。

この 「蚊」の ぶ~~~ん 聞かなくなって から

使わなくなった ような気がする。

何年かぶりに 物置から だしてきた。 

缶に入っている 大きな うずまき には 

カビらしきものが ついていた。捨てた。

直径半分の ミニは 大丈夫そうなので つけてみた。

匂わない、なぁ と 

ゾウさんに 言ったら 

「そんなに 鼻 近くに 持ってこなくとも」とか、

「さっきから 匂っていた」

と いう。

蚊取り線香の 封を切っていないのを 焚いてみた。 

昔のように 強烈に 感じないのは 古いから、か。

ゾウさんが 

ためておいた 雑草のそばに 行ったら

「草いきれ」した、と 言った。 

私 好きな 匂いなので 外へ 嗅ぎに行った。

匂わなかった。時間が経っていた から かな。

鼻 まで 悪くなった か ?

いや ?

xxxx

吊り下げ用の 線香入れ も 入っていた。

こんど 草取りをするときは これを使ってみよう。

xxxxxxx 

秋、山よりは 低いから、里山に入る。 

虫よけスプレーを 持参するように、と 書いてあった。

うちのは 200ml。

持ち歩くには 大きすぎる なぁ。

小さいの 買う ? どうしようか ?


この記事をはてなブックマークに追加

まだ 働くことが できる !!

2017年09月05日 18時48分52秒 | ・ 生 活

9月5日(火) 午前中 レントゲン検診。

出かける前に 昨日の 草を 駐車場の 空地に

ばらまいた。 お天気は 良好。

草の 水分が 飛んで 軽くなるだろう。

検診 すんで 午後 買い物。

xxxxxxxxxxxxxx

小路の 草が また 大きくならないうちに

今度こそ コンクリートを 薄く はろうと

おもって 値段などを 確かめに 行った。

すこしばかりの 小路なのに 

1万円では とても 足りない。

最初 考えたように

汚れた絨毯・フロアシート などを 切って

廃物利用することにしよう、かな。

もう すこし 考える。

xxxxxx 小物を 買って 帰宅。

8月 

IP 電話が 使えないことが わかった。

( この間 店で 聞いた が、 要領を得ない ) 

あの 切り替えのときに 不調が起こったのは

はっきりしているのだから 責任とってよ、と 思うが

決断したのは 私。 始末つけなければ。

さて。。。 電話。 

対応してくださる 方々 すべて 丁寧。

たらい回しされて 5か所にも 電話する羽目になった。

とうとう 解決しないうちに 4時半 過ぎた。

さて どうしようか。

xxxxxxxxx 4時半

乾いた雑草・木切れなどを ごみ袋に 詰める。

一人では とても 面倒になので、ゾウさんに 

袋の口を 開けておいてもらう。ここで 5時。

昨日 とり残した 草が気になる。

ゾウさん 逃げるので「ムヒ持ってきて」と 頼む。

両腕に 塗ってもらう。

ついでに 植え替えた 草花への 水やりを 頼む。

そう簡単には 逃がさない、よ。

今日 取った草も含めて ごみ袋は 2個半になった。

6時。終わった。

今日は 虫に刺されなかった が

昨日の 後遺症で 痒い。

なんとも 良く働いた。

夏バテ らしかった あの日 もう

動くのは 無理かな、と 思って 落胆したのだったが

75歳、 まだ 大丈夫 そうだ。


この記事をはてなブックマークに追加