ゾウさんと暮らす

77歳の 夫ゾウさんと 暮らす 
74歳の 妻が  それなり の 
元気を 綴っています。

廃校が 図書館になる

2016年10月19日 18時47分53秒 | ・ 読書 ・ 映画 ・ 芝居

昨秋 読んだ 本 

「 廃校が 図書館になった … 橋本五郎文庫 奮闘記 」

図書館の棚で この題を 観たとき、フッと 思った。

いま 私は 我が家のなかで 本に囲まれて 暮らしている。 

おかげで「旅」に でられない 無聊を 慰めている、が ……。

おいおい この本の 始末が 難しくなるだろう。

そうなったら こんな風な「廃校」に 私の本を収めてほしい、 

本を 好きな人達に 管理してほしい、と 思った。

そうゆう 需要と供給の関係を、

仕組みを だれか 考えて ほ し い ナ……


------------

ーーーーーーー 本 の 内 容 は -----

125年の歴史をもちながら、過疎化する 秋田県三種町。

そこに 廃校になった小学校が あって……

名コラムニスト だという 橋本五郎さん

故郷である三種町に 2万冊の書籍を寄贈し、

行政 と 住民 を 巻き込んで、

廃校を「図書館」に 蘇生させていく。


第一章   廃校そして文庫ができるまで

閉校 … 空き校舎の 利活用

… 頓 挫 … 再出発 … 運営委員会の準備 … 活用案

掃除 … 県立図書館の山崎さん … ボランティアの募集

贈呈式… 2万冊 … オープニングセレモニー


第二章   仕分けボランティア奮闘記

トラックで第一便到着 … 難航 … 効率アップの奥の手発見

土壇場のやり直し … 1万冊突破 … 「図書館」が見えてくる


第三章   過疎化そして消える学校
   
第四章  「橋本五郎文庫」が 蒔いた種

通常の 図書館とは 一味違う魅力 … コーヒーサロン… 

イベント・企画展 … 文庫開設を支援した人々 …

xxxxxxxxxx 「橋本五郎文庫」の軌跡

橋本五郎文庫の 見取り図あり …… 実践に 役立ち そうな

2016・10・19(水)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦手なことは 他人を 頼ろう | トップ | いつもは こんな なんだなぁ »
最近の画像もっと見る