ゾウさんと暮らす

78歳の 夫ゾウさんと 暮らす 
75歳の 妻が  それなり の 
元気を 綴っています。

働くのは 旅にでるため

2017年10月28日 00時33分01秒 | ・ 健 康

「北の縄文を歩く」 今日は やすみ。

xxxxxxxxx

身体が動かなくなった。

「旅」に 出てみて わかる。身体の衰え。

この間の「北海道」行きは 前より 遅くなっていた。

運動していなかった から だろう。

働けば いくらか 運動したことになる だろう。

それで、働く。

xxxxxxxxxxx

天気予報は 26日 27日と 晴れだった。

植木を 伐採しようと 思っていたので

庭が乾くのを 待っていた。

27日 決行。

ゾウさんには 脚立、枝切り、鋸。

私は 小さい枝切り。

ゾウさんが 高い木を切る。 私は

屋根のあるところへ 枝を 投げ込む。

少しでも 枝を 軽くして 

ごみに 出しやすくするためだ。

xxxxxx

ライラック1本・木槿3本は かなり 切りつめた。

雪柳は 花をつけなくなったので 

根っこから 切った。 周りが からりとなって

来年は 草花が 良く 見えるだろう。

最後 大物の 楓の木。

毎年のように 切っているのに またまた 伸びたような。

ゾウさんも 年を取った。

むかしのように すいすいとは いかない。

これが 最後かもしれない。

思いきって 短くしてもらうことに。

左手で 脚立を しっかりと 押さえて

右手で 渡された 枝を 受け取る。

お日さまが まぶしい。

xxxxxxxx

もうすこし 切ってほしかった、が ゾウさん

疲れた様子。

太い木から おりてもらった。

ゾウさんのすきな「白松がもなか」で おやつとする。

そのあと  着替えをして 俺は 寝る、という。

洗濯機に 風呂の湯を 入れてもらった。

ベットに行ってしまった。

 xxxxx  

私は ゾウさんが 汗まみれにした 一式と

それまで 溜まっていた すこしを 洗濯機にかけてから、

側溝にある 枝を さらい に 外へでた。

さすがに 腰が痛くなったが、

お天気が 良い日は 続かないことが 多くなったから

頑張って 始末。

xxxxxxxxxxxx 天気予報は

日曜日は 80%の 雨 模様、

土曜日の 明日は 晴れだから、

午後には 枝の始末をしないと いけない。

疲れては いられない、ゾ~~~~~。 


この記事をはてなブックマークに追加

耳も 目も 取り換えできる時代

2017年08月25日 19時21分25秒 | ・ 健 康

8月24日(木)

補聴器 新しい機種が できたというので

試聴に行った。

ゾウさんの補聴器 歴 は いつからか 憶えていない。

退職したころは つけていなかった。

今 使っている 耳かけ式 は

耳穴式の 前に作った の だと

思っていたら、あとだという。

耳かけ式は ゾウさんにあうように 耳の 検査をして

調整してもらったもの。 高価だった。が

もう 合わなくなっていた。

現在 使っているのは 耳穴式の すぐあとに

予備として 作ったのだという。

( お金もち だこと )

この 耳かけ式も 聞こえ悪くなった、という。

xxxxxx

新しい 機種が 出きた という 宣伝が効いたせいか

老人たち その付き添いで にぎわってきた。

私たちは 開店の9時 だったから 混んでいなかった。

待ち時間なしの ゾウさんでも 30分 以上 かかった。

ていねいに 見てくれているのだろう。

 (新しいのだから 耳穴式かな、? )

新式は 耳かけ式。 チューブ?が スマート だ。

28日 9時に 再訪するまで 試聴できることになった。

支払いも その時に。

xxxxxxxxx

退職 以後 いじわる 言ってないのに 

なにが 気に障るんだ。 

おこらないで 訳を言え~~と何度も思った。

あるとき

ゾウさんが 聞き違えて、怒っているのだ、と 

気が付いて 補聴器を使うことになった

のだった ような。

xxxxxxxxx

新しい耳に ついて ……

はぁ、 はぁ、 はぁ、 が 少なくなったように 思う。

思っていたより 10万円 高い。

我が家にとって とても 高価だ。だが

身体に不調がでれば 投薬や 入院や 手術を するのだ。

そう思えば 

痛みを 感ずることも なく

新しい 耳が できることは お目でたい こと なのだ。

そう おもうことにした。

サイボーグのように 機械を 取り替える 時代。

ありがたい。

私も 早く 新しい 「目」 に しなくては ……。

xxxxxxxx

昨日・今日 体調が悪い。

こういうとき どこか 取り替えてもらって

ちゃん、ちゃん と働ける方法 ないのかな~~~~ と 思う。  


この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け・体調良好・・・ゾウさんのPCは まだ。

2017年08月02日 22時28分10秒 | ・ 健 康

この間の夜 大きな音を 立てて 雨が降った。

1時間あまり トタン屋根を 叩いていたが

それから 暑くなってきたよう、な。

半袖でも 大丈夫になった。

それで 今日は ストーブを 掃除して 棚にしまった。

確か 昨年は

扇風機をだし、そこへストーブを 収めた気がする。

今年は

ストーブ、2か月ぐらい ふとん部屋のほうにあった。

掃除をする気が おきないのは

体調不良の せいだと 思っていた。

テレビが「東北地方は 梅雨明け」だと 言った。

梅雨の せい だったのかな。

xxxxxx

布団部屋が 整理できた おかげ、か

なんとなく 気分が よくなった。

ゾウさんに 居間のテレビの位置を 変えるための

工事? を して もらった。

最初は 私の部屋の テレビが 映らなくなって。

夕飯を 食べているうちに

切り替え器を 着ければ よい、

と 気が付いたようで、 又 

屋根裏に 少し 体をいれて 線をつないで もらった。

xxxx

工事代は 5000円。 

これって 工事やさん並みの ような。

PCの 「本体」代金に あてることに なっているから

良し、にする。

ゾウさんの 体調は これで 良くなる。きっと。

xxxxxxxxx ゾウさんの

PCは 本体を 取り付て 使えるようになった。

それで 満足してくれて、 

そして ブログ だし続けたら。万々歳 だったのに。

古い 本体 も 直そうと いじっているうちに

今度は「画面」を壊したのだそうな。

明日は「画面」を 買いに行く。

これは 「家計費」から 出せ、と、さ。


この記事をはてなブックマークに追加

今日 骨 折 を した んだった

2017年06月30日 19時00分45秒 | ・ 健 康

忙しく暮らしていたので 夕方になるまで 忘れていた。

xxxxxxxxx

7年前の 今日 6月30日「左大腿骨骨折」を した。

新幹線を 降りて すぐに コロリ と なって

入院・手術 したのだった。

23日間 ? で 帰宅した。

骨折なんて なんてことない。

年取れば みんな やるのんよ、

と までは 思わなかったが,

それ以後、

旅に出るときは 用心深くなった。

この間まで 緩い痛みが ときどき あった、

そんな程度できた。

今年 4月16日? から  

それに 付随する ものなのか わからない が

つよい 痛みが 周辺に 起こるようになった。

xxxxxxxxx 

7年前の 6月30日は 今日だ。

大きい地震 そして 津波は その次の 年 3月。

比べようが ない 大事件。

だから 良い方なんだ、と 思うことにしている。


この記事をはてなブックマークに追加

おまえ 忘れちゃ だめ じゃ ないか

2017年05月20日 06時55分15秒 | ・ 健 康

ツケタラ  ケス と 私が言う と

ゾウさんは ケシタラ ノムと 返す、

これが この間までの 合言葉。

台所で ヒーターを 使わなくなったので

これ 使えなくなった。 

xxxxxxxxxxx

ゾウさん 降圧剤を 飲んでいる。

テーブルの 隅っこに 

透明の袋に入れた 朝 夕 ほかの 薬を 積んである。

それを ときどき のみ忘れる。 

食事すんでいるのに 薬を 残して いなくなるときがある。

パソコンの部屋であろうが、トイレであろうが、

水と一緒に 薬袋を 持って 飛んでいく。

それにたいして ゾウ め。

「なんだ、おまえ 忘れちゃ だめじゃ ないか」と

のたまう。

はいはい~~~。

xxxxxx 

タベタラ ノム だなと ゾウさんは 言うが

食べたら 飲む。 これだけでは つまらん。

良い 合言葉 ないもの か~~~。 


この記事をはてなブックマークに追加

楽しくないから 痛い 痒い が 起こるのかな

2017年05月08日 01時33分31秒 | ・ 健 康

5月の 今回の 長かった 連休中 は 

ゾウさん 1日おきぐらいに 

取材と称して 出かけていた。 

私は「痛み」が あって、仕事が あまり できないから、 

まあ いいか、と あきらめて、監視に ついて行った。

北上・展勝地 から 極楽寺 への 2回目。

ゾウさんは また 山に 入りこんだ。

約束時間が 近まっているのに、気配がない。

杖ついて、山道を 登った。

足に 痛みが来た が そんなこと 言っていられない。

25分 で 出会えて ホッと した。 私は

虫に刺されたらしく(今度は) 顔が 熱くなって

痒くなって ……。足首も 蚊に刺された。

xxxxxxxxx

子どものときから 皮膚が 弱かった。 

大人になって いくらか 化粧ができるように なった。

老いてからは 子どもに 戻ったらしく

化粧が できない。 

つまらないことで 皮膚炎を おこす。

すぐに 痒くなる。

xxxx 花の 汁で 痒くなった とき も あった。

骨折の 後遺症ではない箇所への 痛みも 出る。

ことしは 体調不良の 日が多い。

ゾウさんが 楽しい ところ 。。。ではなくて

私自身が 遊びたいところ、へ だったら、 

痛い 痒い は なくなる 、、、、 かな ? 

ーーーーーーーーーーーー

7日 訃報が 入った。

ゾウさんに 一人で 行って、と 話した が

弘前 だから、 無理だろう。 無理だろうな。


この記事をはてなブックマークに追加

ツケタラケス・ケシタラノム

2017年04月27日 00時04分34秒 | ・ 健 康

ツケタラケス と 私が言う と

ゾウさんは ケシタラノムと 返す。 

xxxxxxxxxxx

ツケタラケス ・・・ つけたら 消す …… は 

   台所のストーブを 付けたら 

   部屋を 出るときは 消す。

ケシタラノム ・・・ 消したら 飲む …… は

   消したあとは 次は 薬を 飲む。

台所の暖房だけは 電気ヒーター、

音が高いから、私には 聞こえる。

ゾウさんには この音が 聞こえない。

ストーブつけた、という記憶も、忘れやすい。

憶えがあっても、消すことが ない。

冬の大事な仕事を 薬を 飲むことに つなげて

忘れないように 合言葉を かんがえた。

朝食のあとの薬、とくに 降圧薬 

は 忘れたら 大変なのだ。

月16日(日)の 鯛釣り草

白が 消えた ので 買ってきた。

その右のは 何年も 咲いてくれている 赤い 鯛釣り草。

昨日4月26日には 白いのより 高く 太くなっている。 春だなぁ。

冬が 明けた。春に なった。

ストーブ 使わない日が 増えている。

ツケタラケス に ケシタラノム

もうすぐ この 合言葉 使えなくなる。

なんか うまい のは な い かなぁ。 


この記事をはてなブックマークに追加

病めるとき は 試されるとき 

2017年03月21日 15時30分49秒 | ・ 健 康

「老乱」 初版を 買っておいた。

1016・11月30日 刊。1700円+税

ちょっとした 物忘れ なんてものは 日常茶飯事になっている。

わたし、それから ゾウさんの ボケなんぞ かわいい もんだ。

その かわいい 程度が はじまり、でも ありそう。

「老乱」は とんでもない ことを 書いている。私にも

いずれ来るかもしれない。恐怖を 感じた。

xxxxxxxxxxx 

いつもの読み方 …… 本へ 付箋を貼る ……。

付箋 1

主人公は 一人暮らしの 男性。 ゾウさんと 同年齢。

台所、ガスをつけ忘れて 火事を 起こしそうに なる。

ガス会社で 働いていた人 なので 

ガス に 関することには 自信が あった。それだけに

ひどい ショックを 受けてしまう。

xxxxx

付箋2 

痴呆度検査?で「これから 5つのものを見せます」

と はじまった。

私は こういうのが とても 苦手である。

いま、はじまったのではない。 若いころ から だ。

若いころから 苦手なことが いま できるはずがない。

鍵 ハサミ クリップ 時計 ボールペン

たった 5つ が きっと 言えないだろう。

ゾウさんは 運転免許取得 のときに 

こんな検査を受けているらしい。

それで うまく 答えている ?

言えているから 免許 いただいているのだろう。

xxxxxxxxx

付箋 3

かなり 病状が すすんで からの話。

医師の言葉

「良くしようと思うなら そう 思わないほうが いい

ということも、世の中にはたくさんありますよ」……(略)……

結局 患者の 症状を改善させるような 

具体的な方策は聞くことができなかった。

とある。認知症の 決定的な 治療法は まだ ない。

これが 現実。xxxx 

まだあるが わたしの 付箋にことは これで おわり。

   (興味を持った方 読んでください)

xxxx

新聞の 記事から ものがたりを 引き出している。

そして 主人公「五十川幸造」さんの物語に仕上げている。

認知症の本 といえば、

介護する側の視点から 書かれたものが多い。私は、

そういうものしか 読んでこなかった。

この「老乱」の 著者は 医師。

だから、普通人よりも 認知症の人の心・体が わかるのだろう。

年齢が ゾウさんと 同じ年齢なことが、

身につまされて 一気に読ませたのだろう。

老人性認知症になった「五十川幸造」さんの 

心の動きを、主人公の 言葉 そして 日記で 

細かく 描かれているので フィクションでありながら

心に ぐいぐいと 入り込んでくる。

それが また 哀しい。

いつか くると 思われる 「認知症」。

ゾウさんが なってしまったら、

まあ、そんなもんよ、と …… 構えずに 付き合えるだろうか。

現状でさえも 怒ってしまう。

自分の 体が 普通ではないから、も あるだろうが

自分のことだけでも 確かに できないから、だろうが、

これは 言い訳でしかない。 

クリスチャンでもないのに 思う。 

病めるときも 健やかなときも……。

愛情が 試されるとき です。

 xxxxxxxxxxxxxx

「老乱」の 作者は 久坂部 羊 (くさかべよう)さま

聞いたことがある お名前だ。

わが図書室で さがした。 「神の手」あった。

xxxx

「神の手」上・下 

21歳の 末期ガン患者の激痛を取り除くため、

外科医は 安楽死を選ぶ。

患者の母親は、訴えることを 決意する。

殺人か 過失致死か。

安楽死法制化の画策・ 世論誘導 など 

どうでもよい、とは 言ってられないことが 

書かれている。 2冊 その枚数 多いことなど 忘れて

これも 一気に読んでしまった本 だった。

xxxxxxxxxx

う~~~ん お医者さん 大変 だけれど

患者になるのも 大変だ ゾ~~~~~。


この記事をはてなブックマークに追加

危なっかしく 見えたんだろう… けれど…

2017年03月06日 15時06分49秒 | ・ 健 康

後期高齢者の 保険証が 届いたのは、2月。 

書類記入に 2ヵ所 不安な点があったので

市役所で 聞きながら 記入。 手続きを済ませた。

3月の 誕生日から 使うことができる カード

を 鞄にいれて ときどき 眺めて きた。

うれしいような 哀しいような 「 後 期 」

あとが ない ってこと か。

。xxxxxxxxxxx  昨年のこと。

仙台に行く 列車の中で トイレを

利用するために 車両を 移動した。

トイレ使用中だったので 近くの吊皮につかまって

立っていた。

細身の中年男性が 声をかけてくれた。

おばあちゃん、座って……」と

自分の席だったところを 指さした。 

おばあちゃん って。 わたし、か。

そうか わたし か。

杖をついている私は 

危なっかしい存在なんだろうな。

お礼をいって 座らせてもらった が フクザツ。

~~~ 忘れないように この言葉を メモした。

 xxxxxx この頃のこと

朝、起きて すぐに つけた テレビの音、 

昨夜 消したときと ちがって、カン高く感じる。

前の晩、消した時の 音が そのまま 出る のだから、

音量は いじらないのだから、 

同じ音のはずなのに、耳が 痛くなるのは なぜだろう。

xxxxxxxxx

時計の ちくたく が 耳に 届かなくなった。

他の人との 会話は なんとか できている。

そのうち、補聴器、必要になるんだろうな ……。

眼鏡を かけて 入れ歯を調整して ここまで きた。

そのうち 後記の 保険証をつかって 目をなおしてもらう。

悪くなった個所の 老化を すこし とどめて 

心 穏やかに 暮らそうか。 

明日 誕生日がくる。


この記事をはてなブックマークに追加

何 を し に 来たんですか

2017年02月23日 13時10分53秒 | ・ 健 康

ある講演会の 講師の話の 最中に 

ゾウさんが 

鞄の中を ガサガサ ……。

補聴器のケースを 探しているようだ。

電池交換をするときもあるが

今日は 補聴器 左右を 変えるようだ。

補聴器は 内耳用の 左右のほかに

耳かけ 左右 を 持っている。

内耳用の方が 目立たないので 好きなようだが

音の 出は 耳かけの方が 良いらしい。

xxxxxxxxxxxxx

耳(補聴器)の 再調整・微調整に 行くことにした。

郵便局 市役所 図書館。

それからケータイ のこと と 用事を ためて

出かける日を 決めた。前の日 ゾウさんの

耳の掃除や 周りの毛を 切ってやる。

耳掃除は 自分でやるもんじゃないの、と

いつも 言うが、 「面倒」らしい。

xxxxxx

車へ乗ってしまってから 「耳、持った」と

聞いたら 「持った」という。

久しぶりに お寿司屋さんに 入る。

来月は 二人の 誕生日があるから「前渡し」。

昼食をとってから 補聴器屋さんへ。

そこでも ガサガサを している。

そして  「ない ない」

忘れた ようだ。

何しに きたの ~~~~。

店の方に 申し訳ない。恥ずかしい。

xxxxxxx 

わたしも 忘れっぽくなっているから

責められないが 

こんな 調子で いろんなことで 差支えが でている。

講演を聞きに行くのも 難しくなるんだろうな。

xxxxxxx

忘れた 本人。

自分でも 恥ずかしい はずなのに

「書け」という。 

取材なしで 書ける 馬鹿ばなし、書きます よ。


この記事をはてなブックマークに追加

身体 退化させない ために 

2017年02月22日 00時29分47秒 | ・ 健 康

昨年 1年間 遠出しなかったから

歩みが 遅くなった。 悪くなった。

旅に 出ないと ますます 足 退化する。

休んでいるうちに

本当に 痛みが 増してしまったから

歩くことが 大切だと わかった。

人 の 目 ? を 気にして 失敗した。

xxxxxxxxx

訳のわからない「痛み」も きたが

運動が 嫌いだから 

健康のために「歩く」ことは しなかった。

観たいところ 

史跡めぐりなど の 旅に でれば

健康のため そして 勉強も できて 

一挙両得 もうけもの なのだ。

ゾウさんが 「行こう。行こう」と 言ったら

また 出かけよう、

この間 これが 最後と 言った が

直らないと 思っていた 足が 良くなった

んだから 行くことにしましょ。 うん する かな。

2017・2・22(水)記 


この記事をはてなブックマークに追加

ネットにも書いていない・ 軽症?

2016年12月26日 19時31分32秒 | ・ 健 康

12月20日(火)

本ばかり読んでいないで

片付けを しようと 思った 矢先に

足を 痛めた。 

部位は 第五中足骨のあたり。

平らなところを 靴履きで 歩いていたとき、

あ、という 瞬間が あった。 ひねっていない、 

つまずいてはいない し、ぶつけてもいない。

ひどい痛みではない。腫れていない。うっ血もない。

動かさなければ「痛い」ことは 忘れている程度。

一応 炎症鎮痛剤を 貼ったり

包帯をきつめに 巻くなど で 済ましている。

ネット検索を した。 

こんな 軽い症状のは 書いていない。

歩きには 杖があれば なんとかなる、が 

6年前 大腿骨骨折をした。それから やっと

10分ぐらい 正座できるようになっていた。

なのに、今は 足の甲が痛くて 正座は むり。

片付けは 延期。

xxxxxxxxxx

これを 書いたのは 

ゾウさんに「痛い」を 何度いっても 忘れるようなので

再度 ご注意申し上げるためだ。

(今日) スーパーで 箱入りミカンを 買った。

車に「それを持てこい」と 言われた。

足に 響いて 痛いんです。 

杖 ついていますから、両手は使えません。

だによって 重いものは 持てません です。

しばらくは わかってください。 2016・12・26(月)


この記事をはてなブックマークに追加

 認 知 症 に なった かな

2016年11月30日 17時02分19秒 | ・ 健 康

手紙が来た。

ゾウさんが 先に読んでいる。
なかなか 渡してくれない ので

2度読みしてる  ? と 聞いたら 
「うん。2回目だ。 大変なことが おきている」と。
「 〇〇さんが 認知症かも…」と 書いてあるという。

私は 前から 手紙の 差し出し人に 関わる人の

つとめている会社でのことを 心配していた。

そうではない、と わかって 良かったとは 思うが

こっち も また どうしたものか ?

xxxxxxxxxxxxxxxxx (前にも 書いたが)

その ゾウさんは 3月の 運転免許証 を 受けとるため 
事前の 高齢者検査(認知症検査もある)を 受けたばかりだ。

一応 パスしたので
今回は 免許証を 返還しないで すんだ。

ゾウさん 以前から なんとなく 怪しいときが ある。
病院行きには 車 手放せない、から 私は 

必ず 隣に乗って 監視してきた。

「 お前 うるさい。すこし ボケろよ」と いわれている。

病院行きには 車を 手放せない。

余談 …… 車は 買ってから 10年過ぎた。 

以前から 点検をきちんと受けてきたが

最近は さらに ていねいに 整備をしてもらっている。

以前から 点検日 守ってきた。

 誕生月から あと 3年、なんとか 

 車を 使っていたいもの、だ。

(10年過ぎたときに 同じ マニアル車に買い替えしよう、とした。

  生産されていなかった。この話は また いつか) 

xxxxxx さて

先の話に 戻る。

家事をして、さあ パソコンから 返信と おもったら
大事な 手紙が 見つからない。 

A4の 便箋 2枚 ないのだ。

台所で 読んで 居間を 通って 自分の部屋まできたのだ。

その 通り道を 探した。

な い。

散らかっていたもの は 特に ていねいに 探した。

な い。

ここは 歩かなかった という 場所も 探した。

な い。

パソコンの 机にある 資料の 間にも 

な い。

外には 出ていないから きっと 見つかるだろう。

手紙は 読んでいるから まあ 良かった、、、 ことにしよう。

ゾウさんが 望んでいる ……  認 知 症 か な。

xxxxxxxxxxxxxxx 11月30日 記

xxxxxxxxxxxxxx

この夜 手紙は 見つかった。

深呼吸をしてから 返事を 書こう、と思う。12月1日(木) 記


この記事をはてなブックマークに追加

いつもは こんな なんだなぁ

2016年10月21日 18時35分55秒 | ・ 健 康

ゾウさん 巨石巡りで 歩きすぎて ? 

下肢をいためたときの 言葉。

  あんたの いつもは こんな なんだなぁ.

やっと わかった、か。 よし よし。

6年前 左大腿骨の骨折をしている 私は、

立ち上がるとき、時間が かかる。

高いところ 特に 段が あるところは 苦手だ。

これをするとき 大小はあるが 痛みが 起こる。

歩 み も のろいままだ。 xxxxxxxxx

障害を持つということは

年をとるということは

なってみないと 本当のところは わからない。

私も 怪我をするまでは、わかっていなかった、と思う。

大変だろうな、とは おもうことは あっても 

その心身の痛みは 本人しか わからない、とも 思う。

個人差があるだろう。おなじ 障害を おっても 

気力・体力の違いで 感じ方は 異なるだろう、とも 思っている。

xxxxxxxxxx さて 

ここ数年 となり村にある 歴史館で 勉強をしてきた。

このあいだ、その講座の 研修旅行に はじめて 加わった。

参加者のみなさま 年齢は 高そう だが お元気そうな方ばかり。

杖を もっての参加は わたし ひとり。

主催者 トイレ休憩を 適宜 とってくださる ので

バスの 乗り降りの 回数は 多い。

誰かさんのためには 喜ぶべきことだ。

xxxxxxx

午前中 最後の 見学施設から出て バスへ乗ろうとした。

一段 登ったとたん、へたって しまった。

段のうえで しゃがんでしまった。

運転手さん「あ 下げていなかった」の 言葉と 同時に

一段目を 低い位置に おろしたようだ。

後ろに いた方々 「あらぁ 低くなるのね」と言っている。 

数人が 並んでしまったので 「ごめんなさい」を 叫んだ。

その方々が 「ゆっくり ゆっくり」と 声をかけてくださった。

段を おろされてしまった から 

段差が多くなったことを 自分に認識させて 

思い切って エ イ と、腰を上げる。

くるりをして 尻を 運転席の方向に むけて 

腰を掛けて、立ち上がって、

まあまあ  ことなき を 得た。

xxxx

バスによっては 

乗り降りの際に 足元に 台を 置いてくださることが ある。

それがないときは

段々を 操作できる バスなのだ と いうことは 知っていた。

乗り降りの際に 運転手さんが 操作しているのだろう。

今日は 参加者のみなさま お元気そうだから、つい 

うっかり したのだろう。

私も、そんなことは すっかり 忘れていた。

便利さに 慣れてしまっていたことを 後悔して、

以後は 用心して、

段の高さ 確かめてから 足を 乗っけた。

xxxxxxxx

どこも ぶつけなかった から 次の日も 

痛み などは 出なかった。 

今回は それを 良し としましょ !!     


この記事をはてなブックマークに追加

ストレス と 持病 と

2016年10月16日 19時10分07秒 | ・ 健 康

数年前の 春、 午後9時20分。 盛岡から 帰宅。

夜道、駅までゾウさんの迎えを受けて 無事に…。

杖、今回は 背中に落ち着いていた。 

その日 は 元気だった、が。

xxxxxxxxxx  

その次の日 我が家での「勉強会」が 決まっていた。 

月例会は 初旬に してほしい、と 私は言ったのだが、

ひとりが「中旬が良い」と いった。

  (多数決だったのかな)

盛岡行きの 次の日に、 決められてしまった。

xxxxxxxxxx

勉強会を 開くには 資料の準備は もちろん

トイレ掃除 庭掃除 会場の掃除などを しなければ ならない。

なぜか ギックリ が くることが 多くなっていた。

みなさんが 帰られる と、 

腰の痛み を かばいながら、

一人で お茶道具など 始末しなければ ならない。

xxxxx

だから 前に 2日くらい 空いた日があれば 助かるのだ。

怪我をしたことを 理由にして、会を 閉めればよかった。

また 思う。 後悔は 先に立たず、である。



blog 下書きに こんな 内容の文章が 残っていた。

 1番 多かったのが 「ぎっくり」腰のこと。

文章は 5ぶんの1 ぐらいに 詰めた。そして、

このごろ ぎっくりを 起こさないことに 気が付いた。

こっちの 持病 は すっかり 忘れていた。

昨年11月からの 別の 持病は いくらか 遠のいたようだ 

自分が ストレスに 弱い ってことを 忘れないように しなければ。

いろんなことに 関わるのは 5年まで、5年以内に …… しましょう。

ボランティアを 長く 続ける方は ホント 偉いと 思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日だしていた ブログ 

やっと 週2回ぐらいは 出せるようになった。

何年か前、すこぉし 上達していた ブラインドタッチ は

すっかり ダメになってしまって いる。

イライラしないで 1本指で チョン チョン しましょ。


この記事をはてなブックマークに追加