enjoy

炭焼き母ちゃんの奮闘記
スローライフ・エコライフ・エンジョイライフ

『夜会』へ

2016-12-02 10:57:46 | 日記

さかのぼること8月下旬。
新聞を読んでいて、何気なく広告が目にとまった。
よくよく見ると、【 中島みゆき『夜会』VOL.19 】
細かい字でギッシリ、びっしり書いてある。虫眼鏡出してきて読んで、さらにURLを開いて読む。
チケット予約、抽選・・・???

むか~し、むかし、さださんのフェスティバルホールでのコンサートチケットを手に入れるために大阪丸ビルの下に朝6時に並んだ。
それでも買えたチケットは、フェスの3階。舞台から一番遠い、後ろは壁!というような上の上だった。買えただけでもマシだったんだけど・・・
イルカさんと中島みゆきさんのはファンクラブの友人のお陰で頼むだけ。簡単に買えて、しかも1階のど真ん中! 真下でもなく、舞台の高さくらいだったから、歌手と目の高さが合う最高の席だった。

そんな記憶しかない私。
ファンはファンでも、ファンクラブに入れるほどの余裕もないからあきらめていた。
時代は変わったんだねぇ。

予約、「抽選」の言葉に魅せられた。
「もし当たれば、それは神様からのご褒美?!」ってことで、いちかばちか!!応募してみよう
ってことで、「当たれば、予算6万円! 東京へ行きます。」主人に了承を得てから、応募した。

1コンサート行くのに予算6万 えらく高価な と思われるだろう。
田舎から行くのは本当に大変なことだと今回つくづく実感した。今まで諦めていた理由だ。
前日夜行バスで移動し、夜会』のあと近くのホテルで1泊。交通費を抑えるために翌日1日東京見物して夜行バスで朝帰りという行程ならかなり安く、充実した旅になる。
その行程で大雑把な予算の内訳をすると、『夜会』が2万円。交通費が往復2万円。宿泊費1万円。食費及び予備費が1万円、計6万円となるのである。

そうして9月下旬、当選の知らせをいただいて、入金、『夜会』行きのチケットをゲットした
そう、心は躍り、ムッチャ跳ねまくって、叫びたいくらいうれしくて、うれしくて喜びいっぱいだったけど、「これはご褒美!!」ここは落ち着いてちゃんと仕事してするべきことをしないと罰があたって行けなくなるかもしれない!そんなことにならないように!と必死で冷静を装って約2ヶ月を過ごしてきた(それはそれは、涙ぐましい努力だったんだよ)。


11月28日、赤坂ACTシアター前。 念願かなって、行ってきました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスカード制作 | トップ | よりみち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL