娘と管釣り

北海道発 親バカ釣り師の日記

研究用ウグイ釣りは続く(北海道日高地方の漁港)

2016-10-16 | 海釣り

 今年の夏から始まった研究用ウグイ釣り。漁港で釣ったウグイの追加採集のリクエストがあり、先週に浜厚真漁港(厚真町)、富浜漁港(日高町)で釣ったのだが強風、ボウズ。今日は好天、朝7時半からとーちゃんひとり、浜厚真漁港で釣りを始めるが、30分間まったくアタリはなく、富浜漁港に向かう。

 車を降りて海面を数か所見てから、道具を準備し歩いていくと、カップルから声をかけられる。「何を釣りに来たんですか?」「ウグイです」「ウグイなら釣れますよ。」
 話を伺うと、チカ狙いだがウグイが掛かって困るくらいだという。ウグイが釣れたらいただけるか尋ねると、快諾してくれた。このお二人、枝針のたくさんついた仕掛けにオキアミでチカを釣っていた。
 とーちゃんもウキ釣り開始。餌は紅イカ。しかしとーちゃんがウキを見る暇がないほど、お二人がウグイを釣ってくれる。今日のウグイは水を張ったバケツ等に放たず1尾ずつ分けてポリ袋に入れる必要があるので、大小のポリ袋がぴったり入る容器を台座に固定して使ってみた。

 上の小さなウグイは、とーちゃんの唯一の獲物。(他にチカを1尾・汗) 釣針のカエシを潰してあるので、フライ用フックリリーサーで簡単に外せる。確か朝8時半から10時半頃までの2時間で、10~30cmのウグイを22尾。感謝!!!
 帰途、再度浜厚真漁港に寄ってみると、朝のロックフィッシングの釣り人はほとんどおらず、チカ釣りの男性がいたので、ウグイが釣れるか尋ねると、ほとんど釣れないとのこと。この港でもウグイを釣りたいので、とりあえず撒き餌とアミ系の餌が必要かな、と思う。
 またサビキのような仕掛けじゃなく、普通の1本針の仕掛けであれば、ポリ袋の入る容器は魚に触れることなく処理できて効率的。今日は10号と12号のポリ袋用の容器のみだったが、大きなウグイは入らないので15号のポリ袋に対応した容器も作ろうと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「千歳さけますの森 さけま... | トップ | ハロウィン?次女がハンバーガー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。