徒然エニー ~テツ子風味~

カメラと共に東へ西へ
蒸機の魅力に心惹かれて
女子ながらうろりちょろりと線路脇に出没
なので内容が鉄分過多かも?

ホワイトアウトクリスマス ~SLクリスマストレイン~

2016-12-24 | テツ子の部屋・煙

今年のSLクリスマストレインは雪景色ではありませんでしたけれど
折角なのでクリスマスに合わせてご紹介

…って、現実に私の地元ではガチでホワイトクリスマスならぬホワイトアウトクリスマス

ようやく冬の嵐の峠は越えましたが昨日は
もうね、『どんだけ降れば気が済むのよ』という勢いで
雪がもっしもっしと降ってくれました

あまりに暴風雪が収まる気配が無いので
猛吹雪の中でも日に何度となく除雪に出動
冗談抜きで自宅前でホワイトアウト

近くの空港ではこの悪天候で飛行機が飛べずに
足止め6000人ですって

や、ちょ…6000人て…

(流石の地元民でもあまりの人数に軽く引いていたら
それもそのはず、この数字、この空港ビルが開設してから現在までで
足止めをくらった人数の最高記録更新ですって…
一昨日から荒れていた為、中には空港2連泊って人も大勢いたそうな。可哀想に…)


サンタさんも大丈夫でしょうか…この雪で近くで遭難してないかしら





※ 磐越西線 ※


 

 

 

 

 

 

お立ち寄りくださっただけでもありがとうですが

好みの写真があったり、少しでも「おっ」と感じる1枚がありましたら…

『見たよー』の挨拶代わりにポチっとクリックよろしくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ にほんブログ村 鉄道ブログ 女性鉄道ファンへ

その一ポチが、撮影の励みと元気の素ー!!(^^ゞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実はお出掛けしておりました... | トップ | 今年もお世話になりました ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
降ったねー! (とおりすがりです)
2016-12-24 20:05:48
いやいや、6000人ってすごいな...
年に何十回かは新千歳を使うぼくにしても、空港泊まりは一度もないってのに。
(あ、羽田ATBで深夜の新千歳リターンの際には大変お世話になりましたー。
おかげさまで空港泊まりは一度もないのよ)

それにしても、
こんな湿雪だと森宮野原みたいになるんじゃないのか??
このままいったら、あんな高いとこまで積もるゾ...
せめて、除雪は1日1回で済むことを祈ってるよ

あ、C57 180号機をまた忘れるとこだった!
この時はさすがに冬至が近いこともあって、
せいぜいここくらいしか光線が当たってくれない、
って目論んだら、なんと大当たり!
緩い上り勾配が3.8‰、4.0‰、5.0‰と変化していくんだけど、
喜多方までほぼずっと上りが続くこともあって、
この場所の直前からばっかばっかとくべてくれたよね。
もしかして、前の記事の飯山C11と同じ乗務員かあ
やってくれてありがたいね

日没寸前の見事な斜光、良煙と条件が揃えば、
こがねっちは後は簡単なもの。
端正な後追いと来たもんだ。
斜め流しでも車体すべてにパキーンとピント。
これ、なかなかできるこっちゃないよね。
キャブの幌がまた、らしくていいなぁ。
ちなみに、
北海道で密閉キャブ化してないカマは、冬は皆これよ

これは流石に…降り過ぎ(^^; (こがねっち)
2016-12-24 21:17:26
>お師匠♪
今年はシーズン初めから雪が降ればドカ雪になって
そうじゃなければ晴れが続くっていう…
やたらとふり幅が広いような気がするよー
とにかく雪かきはもうお腹いっぱい(苦笑)

エニーでこれだけ降って風も吹いての暴風雪ならば
当然新千歳も滑走路の除雪が追い付かないだろうとは思ったけれど
いやー、ここまで大変な事になっていたとは…
今朝のニュースを見てビックリ
あまりの足止め人数の多さに隣の2空団にも毛布の貸出要請がかかったみたいだよ

私なんてお師匠よりも遥かに新千歳から飛行機に乗る回数なんて少ないっていうのに
今回じゃないとはいえ、今年すでにでの欠航を喰らっちゃってるしね
(お師匠が空港泊まりを経験してないのは、あれだけ飛行機に乗ってるのにちょっと意外~

あ、だけども湿った重い雪だったのは昨日だけで
夜半から今朝にかけて降った分はいつもの北海道の固まらない雪だよ
今日も気温はそんなに上がらない真冬日だったみたいだから
晴れたけど期待したほどは全然雪が溶けなかったし                       
森宮野原には全然遠く及ばないけど、確かに庭に除雪で積み上げた雪は
じわじわと2階部分に届きそうな高さにはなってきてるかも

今回降った雪の1時間分でもいいから磐越西線沿線に降ってくれると良かったんだけど
これはこれで冬晴れの中の蒸機を撮る事が出来たからよかったのかな

そうだね、私が磐西線の撮影をする時って日の長い季節の時が多いから
どうしてもその感覚で考えちゃうんだけど
当時に近いこの季節だと、この辺り位でしか
光線を生かした撮影って出来ないんだね
お師匠の読み、さすが
しかも光線だけじゃなく、主役の蒸機も
しっかりとくべてくれて煙も文句なしのいい走りを見せてもらったよ

キャブの幌もそう~
雪の無い季節ばかりの撮影が多かったから
(んで、北海道で今見られるチビ太君は密閉キャブ化してるし)
この白い幌がね、私の目には凄くインパクトがあって新鮮に映ったのよ
もう1つの蒸機の冬の姿を見られて、それだけでも
今回クリトレに撮影に行く事が出来て良かったなぁ、と思うよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。