演劇やまと塾公式ブログ

神奈川県大和市で活動している市民劇団「演劇やまと塾」のブログです☆なお、掲載されている画像、動画等の無断使用を禁じます。

五十鈴川のほとりに広がる森に囲まれた神域

2017年05月05日 12時00分26秒 | Weblog

 毎日が日曜日で、ゴールデン ウイークなんて関係ない我が家に

              二女から、降って湧いたような嬉しい☺️お誘いメール。

       「私ね、9日間も休みがあるので、どっか行きたいところある?」

      

  生きてるうちに、一度は、お伊勢まいりをしたいと言う主人、

   日本百選に入る絶景の志摩市浜島町の夕陽を見たい私。

      

 いざ!   神住まう聖地、日本一の神社    と言われる伊勢神宮と

        目の前に広がる太平洋の髄一の夕陽を見に  伊勢志摩へ  出〜発!

 

伊勢神宮👉 古来の習わしで外宮(げくう)を先におまいりする。5キロ離れている内宮(ないくう)へは翌日と 2日間に分けてのおまいり。

 

手水舎(てみずしゃ)で参拝の準備をして、鳥居の前では、軽く一礼。鳥居をくぐるたび神聖な領域に近づいていく(木々の新緑がキレイ)

      「9月の本公演が成功しますように」と二拝二拍手一拝。

 

やはり、ゴールデンウィークです。玉砂利道を歩く人、人、人 で溢れています。疲れた〜    でも、御厩(みうまや)で真っ白な気品のある

神馬を見た途端、疲れが吹っ飛びました。

 

二千年の昔から、 神様が御鎮座されてる神聖な世界で心身を清め・・・伊勢神宮を後にしました。

 

  子供が主役の5月5日、孫は遠くに住んでいて会えないので、  3時のお茶は、主人と門前町のおはらい町・おかげ横丁の赤福本店で、長蛇の列に並んで買った、今日までの賞味期限(3日間)の赤福を食べるのを楽しみにしている    

                                      かっちゃんでした

                                                                                                                                  〜夕陽に癒された・・・ブログの投稿は、また、いつの日か?〜

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台詞あり、なしに関わらず | トップ | 木下サーカス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かっちゃん様 (育子)
2017-05-05 16:50:43
次女様からのお誘い、嬉しかったですね。

私も5年位前に伊勢神宮にお参りしたことあります。でも、もう忘れちゃったみたいです。
たしか、ツアーで行ったんです。
ご家族で、それはそれは楽しかったことでしょうね。 何をお願いされたのかな?
かっちゃん様 (あきひろ)
2017-05-05 21:06:07
何と親思いな次女様でしょうか。
親を伊勢にお誘いするとは
孝行なお子様ですね。
私も昨年、ご主人様と同じ思いで
行きましたが、もう一度是非、
訪れたいと思っています。
伊勢を流れる神聖な五十鈴川。
良いですね。

ここで、一句、うかびました。
汚れ身の 心を清め 五十鈴川
川面を流る 新緑の舟




コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事