演劇やまと塾公式ブログ

神奈川県大和市で活動している市民劇団「演劇やまと塾」のブログです☆なお、掲載されている画像、動画等の無断使用を禁じます。

 通常記事は,活動情報の下で更新中!

2100年12月31日 01時47分59秒 | top

         市民劇団演劇やまと塾    

 

           公演及び活動情報!(通常記事は次の記事でほぼ毎日更新してます)

 

  蝉時雨のにぎやかな季節。 

  まだまだ暑さは続きそうです。 

 「やまと塾」も、12月の本公演「スイート ホーム」に向けて、稽古が始まりました。

 

  公演情報  乞うご期待  

 平成28年度「演劇やまと塾」本公演(第22回公演)

               やまと芸術文化ホール開館記念事業公演    
  大和百年物語そのⅡ ~スイート ホーム~」

     作:水野昂子(やまと塾)/ 演出:井上学 

 ~ 洋子は大和にある高齢者のグループホーム「ひまわり」のホーム長。

   へルパーたちと共に入居者さんの快適なくらしのために、日々努力するのだ  

   が・・・~    

日時:平成28年12月4日(日)昼 12:30開演(12:00開場)

               夕  16:30開演(16時開場)             

場所:やまと芸術文化ホール(サブホール)

                  (小田急江ノ島線 大和駅下車徒歩5分)

料金: 大人            前売り当日共999円

    子ども(小・中・高校生以下)前売り当日共500円

     (保護者同伴の場合、大人1名につき小学生2名まで無料券発行)

 

 

 これまでの主な舞台 

  第26回 りんぶん村の芝居小屋 公演 (「演劇やまと塾」第21回公演) 

  「水の手紙」 作:井上ひさし  脚色:演劇やまと塾 

 日時:平成28年3月13日(日)  場所:大和市林間学習センター3階

   「第26回りんぶん村の芝居小屋」詳細情報

              

平成27年度「演劇やまと塾」本公演 (第20回公演)

日時:平成27年8月29日(土)、30日(日) 会場:イコザ(大和市渋谷学習センター) 多目的ホール 

ミツコの肖像 ~バーデン バーデン2~」 ~コメデイタッチで描く、ごく普通の人たちの心温まる物語~  

  作・演出:井上学 音楽:黒田雄治 

 第19回公演  神奈川県地域演劇交流発表会(春フェス)公演 

  日時:平成27年3月29日(日) 12:00~  場所:神奈川公会堂

大晦日」作:水野昂子 演出:井上学 「奨励賞」をいただきました。 

第18回公演 ・YAMATO ART100 プレ公演  

  日時: 2014年8月31日(日) 会場:大和市保健福祉センターホール

 「ハートフル・ハート」 とある小さなパン屋さん、そこに一つの騒動が持ち込まれる・・・コメデイータッチで描く、ハートウォーミングな物語

 作/演出:井上 学  音楽:黒田 雄治  振り付け:乾 智恵 音楽指導:富田 康子

第16回年公演・YAMATO ART100参加事業

  日時:2013年9月1日(日) 会場:大和保健福祉センターホール

「バーデン バーデン」笑いあり涙ありのハートフルコメディ

 作/井上 学、演出/森田 徹、音楽/黒田 雄冶  振付/乾 智恵

 第15回公演 神奈川県地域演劇交流発表会(春フェス)公演

 日時:2013年3月17日(日) 会場:大和市生涯学習センター ホール 

 「続・大和百年物語~もう一つの物語~」  「審査員特別賞」受賞 

第14回公演 24年度大和市生涯学習振興基金・YAMATO ART100参加事業 日時:2012年9月1日(土)~2日(日)       場所:大和市生涯学習センター ホール

 「大和百年物語 ~いちょうの木と生きる~」    小学校に植えられた「いちょうの木」をめぐる 大和に生きる人々の物語

  原案:水野昂子(演劇やまと塾)   脚本・演出:森田 徹    作曲・編曲:木村朱実(演劇やまと塾)   出演協力:大和琵琶楽会 他

第12回公演  結成5周年記念公演・YAMATO ART100参加

 日時: 2011年 9月3日(土)  会場:大和市生涯学習センター

 そのまんま そのまんま 

        ~グループホーム「山桜」に集う人々の笑いと涙の物語 

         テーマソング「生きてるって素晴しい」ここをクリック  

 脚本:水野 昂子(演劇やまと塾) 参考: 木下順二著「和尚さんと小僧さん」 監修:石川 公弘(高座海軍工廠(こうしょう)・台湾少年工の部分)

演出:森田 徹   

 

第10回公演 大和市文化祭参加    

 日時:2010年 9月30日(土) 会場:大和市生涯学習センターホール

  花咲く森で」   原作・演出:中野智晴  脚本:水野昂子・雙田春枝 

  

 平成25年の活動記録ここをクリック  

 平成24年の活動記録 ここをクリック

  平成23年の活動記録  ここをクリック  

・塾生募集中です。(演劇に興味のある方はどなたでも歓迎です。塾本部へお気軽にお問い合わせください。会則等お送りします。また定例の稽古は月3回です。見学自由です。)

 どうぞ、ご支援くださいますよう、お願いいたします。   

 「演劇 やまと塾」は、今年で10歳。  ようやく、小学5年生の年齢です。

塾生一同、さらに、元気な楽しい舞台をめざして邁進してまいります。

 皆様の、ご支援、ご鞭撻よろしくお願いいたします。

 

  市民劇団演劇やまと塾、今年も地域に根ざした活動を継続いたします。

  皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。お気軽におよせください。

  ・サポーター・ボランテアも大歓迎です。ご参加をお待ちいたします。 

    公演等についてのお問い合わせは下記へ

やまと塾メールアドレス    engekiyamato@mail.goo.ne.jp  

           TEL  080・6771・4455     

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福祉の集いで

2016年08月24日 23時44分59秒 | 「スイート・ホーム」稽古日

ともです。

台風直撃の中、イオンにて福祉の集い。

イオンは黄色いレシートでお世話になっていて、

先日私も、レジ前にてキャンペーンに立たせていただきました!

多くのお客様にご協力いただき、やまと塾の活動にはこうした力がたくさん集まって

いるのだなと感じました(^-^)

そのイオンにて。

12月に公演するスイート・ホームで歌う歌。

『ひとりじゃない』を初披露。

イベント場所だけでなく、2階や3階からも聴いていただきました(*^-^*)

関係者のみなさま、立ち止まり見て聴いていただいたみなさま、ありがとうございました。

夏も終わりであっという間に12月になりそうです!

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福祉の集いに参加

2016年08月22日 19時51分41秒 | 「スイート・ホーム」稽古日

こんばんは

台風の一日でしたね。今はすっかり収まりましたが、大雨の被害も大きかったようです。外出する11時半頃は暴風雨でした。しかし、今日は大切な日。大和市ボランテア連絡協議会主催の「市民福祉の集い」の日。朝S顧問から電話がり、「車で迎えにくので、外で待っていて。」とのこと。ありがたかったです。帰りももちろん自宅前まで送っていただきました。yさんも乗せて、私たち二人で、お世話になりました。

いつも前向きで、エネルギッシュな顧問です。S顧問やU会長を今日ほど頼もしく感じたことはありませんでした。会場のイオンモール大和鶴間店1階ライトコートでは、準備も整い、会長に迎えられました。ステージでは、るんるんクラブ、なでしこ、絵本の読み聞かせ、と進み、食のアトリエさんの、「開いて心の詩」を聞き、休憩です。

演劇やまと塾は、顧問、会長、M二人、Tさん、Yさんで打ち合わせをして、少し安心。Tさんはウクレレで歌を披露。懐かしい「だいとくち」です。双和会の手話コーラスの後が「やまと塾」会長のなめらかな司会で、順調に進行。ステージを囲むように、雨なのに観客も増えていました。ステージ参加ではなく、割き布の草履のコーナー、風船の造形作りコーナー、他お絵かき、録音奉仕会の方がたのコーナー、食のアトリエコーナーもにぎわっていました。最後は、舞友会のリードで、全員が踊り、ステージを終えました。後片付けは会長にお願いし、また、S会長の車の人になり帰宅。

雨風は、少し収まってきていました。悪天候なんのその、私も、たくさんの知人に会うことができ、元気でいることを確認した一日となりました。「市民の集い」も回を重ね、まさに「仲良く楽しく全員集合」が広がっていくように思えました。 水野昂子

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

台風の日ですね。いつにもまして真面目一辺倒です。

2016年08月22日 14時10分22秒 | Weblog

 こんにちはタッキーです。

 

 台風がきましたね。私のところはこの文章を打っている時点では落ち着いていて、このまま過ぎ去ってほしいですね。

しかし思うのは、いざ危険な局面になり自分が実際にどこかへ避難するということを、現実感を持った出来事として想定できるか、ということです。

「避難に備えて準備をしておいたほうがいいか、いや、今回も大丈夫かもしれん。ここにいても平気ではないか。そんな被害がくることはないだろう、余裕」云々と、

結局楽天的に物事を捉えがちなのは、私だけではなく多くの人がそうかと思います。平穏な日常にイレギュラーな事態が自身に降りかかるとき、「これはまずい」

という感覚を察知し、それに素直に従うのは案外難しいものでしょう。大げさに思われるかもわかりませんが、普段の日常から脱け出すことの難しさを、

精神的にも実際の行動としても、今実感しているところです。

 

 さて、このように思うのはある文章を読んだことがあるからなのですが、

その文章が収録された本がありますので紹介します(台風の話に関連させるにはかなりこじつけっぽいかもしれませんが・・・)。

『民主主義を直感するために』(國分功一郎 晶文社 2016年)の「亡命はなぜ難しいのか?」(p.38~p.45)という項です(元々は「ポリタス」というサイトに

載せられた文章です。※「ポリタス」【総選挙2014】2014年12月9日)。

こちらの話は台風、あるいはその他の災害ほど見た目ではっきりとすぐにわかるような日常の変化ではありません。

徐々に日常が変わっていく中での恐怖や危険、そしてそれに対処する困難さが表されています。

政治的な話はあまりしないスタンスを最近破っている気がしますが、まあ台風で思ったことがどこから影響されたものか、元は説明しとくべきでしょう。

 

 ところで、台風ということで思うことがもうひとつ。

台風に限らずですが、日本の会社ってどんな悪天候でも割とフツーに通勤しますよね?(私の思い込みなのですが、そうじゃなかったら申し訳ありません)

例えば、「前もって天気予報で悪天候が予想されれば、交通機関の混乱に備えて早めに通勤するのが社会人の常識だ!」的な感覚が人によってはあるかもしれません。

まあなんというか、いつも通り働きますよね?(繰り返しになりますが、良心的でちゃんとしたところには申し訳ありません)

確かに時間通りに来ないと困るし、自らの役割や責任を果たすことは大事なことですが、

「そういうのっておかしくない?」とも思うのが私の感覚です(緊急を要する場所等、個別の問題はあるにせよ・・・)。

 

 いつものことながら、ああだこうだ述べるのはやめときます。すみません。それでは。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

外郎売り口上大会 見学ツアー

2016年08月21日 23時59分54秒 | Weblog

じゅんきーです

 

元小田原の「外郎売りの口上研究会」メンバーのMさんの案内で、「やまと塾」のメンバー6人(Mさんも含めて)で、

小田原の街を歩き『外郎売り口上大会』を見学してきました。

 

小田原駅の現地集合でしたが、そこへ向かうロマンスカーで、偶然3人のメンバーに会い、

旅行気分でちょっとだけアルコールなどを飲みながら、盛り上がって小田原に着きました。


そこからは、Mさんの案内で、まず「ういろう家本家」へ向かいました。

本当に「外郎売り」の台詞にある通り、「欄干橋」の標識の前に、

「八方が八棟、表が三ツ棟玉堂造り、破風には菊に桐の薹(とう)の御紋」のお城のような建物が「ういろう家本家」でした。

(ちょっとピントが合っていませんが写真を載せます。ピントが合っていなくてすみません)

もちろん、「外郎売り口上」で宣伝している『透頂香(とうちんこう)』も買ってきました。

お店の奥の蔵も見学させていただいて「ういろう家」の由来も説明していただきました。

お菓子の「ういろう」は、薬を買い求めるなどの目的で「ういろう家」を訪問してくるお客様のおもてなしのために出したお菓子が全国に広がったとか・・・

(そういうことだったのかと納得

 

「ういろう家」を後にして、Mさんが大好きな「わさび漬け」の漬物屋さんで買い物をして、

小田原市民会館大ホールの「外郎売り口上大会」へ向かいました。

 

口上大会は、

勇壮な「外郎太鼓」の演奏や小田原ゆかりの童話作家「北原白秋」の作品や「外郎売り口上」を音楽にのせてダンスを交えたり、いろいろな形にアレンジや工夫をしたパフォーマンスを楽しませていただきました。

外郎売り研究会のメンバーの「外郎売五人衆」も、楽しくかっこよかったです。

子どもから大人まで出演している誰もが「『外郎売の口上』が大好き」で「自分のものになっている」ことが前提になってのパフォーマンス、すばらしいと思いました。

 

帰りは、小田原駅前のMさんお勧めのお店での反省会。 

おいしい海の幸をいただきながら、「外郎売り口上」や私たちの次の舞台「スイート ホーム」の話などで盛り上がりました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「スイート ホーム」稽古日誌5・6

2016年08月20日 23時43分47秒 | 「スイート・ホーム」稽古日

 大女優です。

 

 8月18日の第5回目の稽古では、まだ帰省中だったり、

平日の昼ということもあり、参加者が5人と大変少なかったのですが、

一通り台本の読み合わせをしました。

 

 4年生のYさんが子どもでは一人だけの参加でしたが、代役で

読んでくれ、助かりました。とても上手に読めるので、たよりになります。

 

 そのあと、22日の市民福祉の集いでやる出し物を通しでやってみました。

外郎売の口上や一人ひとりに分担されるところは、大きな声を出す必要があります。

 

 今日20日の第6回目の稽古では、はじめにいつものように歌をやりました。

1音あがったCDが届きましたので、それで歌ってみました。

「芝居の歌はコーラスではありません。歌の世界で描かれていることを、

自分の頭でイメージして表現するように」と言われました。

 

 イメージできるよう歌詞を読む練習を何回かしてもう一度歌ってみました。

まだまだですが、一人ひとりが人を頼らずそれぞれがソロでやっている

ときのようにしっかりと歌うようにと演出家から言われました。

 

次に読み合わせの稽古

 

 出席者にあわせた部分稽古でした。主人公とその友達の会話のところ。

二人の関係性が見えるよう表現するように言われました。

そのほかの部分でも同じです。役者どおしの関係性がわかるように、

またテンポにも注意するよう指導を受けました。

 

 Jさんは前回の公演ではいい人だったので今回は少し悪い人で演じてみようと

いわれました。他の人はJさんに芝居を持っていかれないように

しっかり稽古せよとのことでした。

 

 読み合わせの段階で、しっかりやっておく必要がありそうです。

 

明日はやまと塾有志で外郎家本家と小田原の外郎売口上大会を

見学に行きます。

楽しみです。台風で電車が止まりませんように!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「孫は来てよし帰ってよし」

2016年08月19日 20時41分13秒 | 「スイート・ホーム」稽古日

     暦の上では秋ですが、まだまだ残暑厳しいですね。

 今日は、近くの公園で、赤とんぼが飛んでいました。

 

       我が家は、京都から長女と孫が里帰り。 娘親子が、久々の実家で快適な生活を過ごせるように、寝具を干したり、へやを念入りに掃除したり、冷凍庫は、アイスでいっぱい。(親ばかならず婆婆バカ)

 

「孫は来てよし、帰ってよし  」と一般的にいわれていますが、

先ずは、「来てよし」の孫との再会は、八ヶ月ぶり。

 

毎日、夫婦だけの静かな生活をしているので、いつもは趣味の水彩画を描いている主人の目も、孫を見る眼差しは、ひときわ輝いています。

        孫って、ほんとに可愛いですね。来月一日に帰りますが、

                さて「帰ってよし」の気持ちにほんとになれるのかな?

                                                       かっちゃん

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

“おやじならではの味”

2016年08月18日 22時14分11秒 | 「スイート・ホーム」稽古日

今日は平日の稽古日、仕事で不参加だった“あきひろ”です。 

定期的に通っている整形外科受付に“手軽でかんたんカルシウムクッキング”と

書かれた料理のレシピがおいてあり、時々入手してきます。先日も“カレー豆腐”

をつくり、家族に提供したら以外とうけました。お世辞でも「上手い」と言って

もらうと嬉しいもので、「また、つくろうかな」という気持ちになりますね。

料理では毎日の献立を考え、その食材を買いそろえるのが負担と言います。

今後も1回/週の手料理はおやじの約束として、楽しみながら継続し、

“おやじならではの味”を提供しようと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風一過

2016年08月17日 23時13分25秒 | Weblog

じゅんきーです。

台風が行き過ぎた今日は、朝からよく晴れてホッとしました。

 

実は、今回の本公演「スイート ホーム」の私の出演シーンに台風の激しい雨と風の中のシーンがあります。

それで、台風の接近していた昨夜は、

「激しい雨と風」をきちんと体感できたらと、ベランダに何度か出てみたのですが、

私が起きている時間では、それほど激しい風雨はなくすんでしまいました。

 

大きな被害もなく、今朝の出勤にも影響がなかったので「良かった」のですが、

芝居のためには、ちょっと残念でした。

 

これからの台風シーズン、その雨と風を今までとは違う観点で、感じて観察してみよと思います。

そう思うと、不謹慎ですが、次の台風を心待ちにしてしまう私で~す。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

送り盆

2016年08月16日 19時41分18秒 | 「スイート・ホーム」稽古日

 皆様こんばんは。

午後から突然の大雨が降ったり、強風だったり・・・。台風が接近してるので致し方ありませんが・・・。

今現在も降っていますよ。

 

今日は送り盆です。

我が家は新盆にあたり、お盆中日は客もあり義理母を偲び、思い出に浸りました。

何もわからないままですが、お盆を無事済ませることでき、今ホットしています。

義理母もゆっくりとあちらの方へいってくれたのでしょうか?

迎え盆の時は馬に乗って早くこちらにきて、送り盆の時はゆっくりとお帰りになるそうです。

そこの場所によってもいろいろあるのでしょうが、近所の方に教えて頂きました。

今日は雨風が強いので送り火はできず、お見送りだけでした。

ほおづきもなぜ飾るのか知りませんでした。

その明るさを目印に御先祖様がかえって来られるのだそうです。

提灯も同じ役目です。

まだまだ知らない事だらけで、こちらの風習にも慣れていかなくては・・・と。

お坊さんとのお付き合いもナカナカ大変で、お寺さんが近いということはとても

助かっています。

 

                育子でした。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加