釣れないけど、釣り師?

大した釣果もないまま、釣りしてる「くまちゃん」です。
釣り中心のブログになりますように・・・

型は諦めるから、ボウズだけは免れたい!

2017年05月14日 10時03分18秒 | 釣り
 ゴールデンウィークも過ぎ、もうホームグランドN港S埠頭での根魚狙いは成立しないとの判断で、何とか釣果を見いだせそうな知多のO漁港へ釣行した13日(土)の記録です。

 ここはほぼ半年ぶりの訪問です。

 潮回りは大潮後の中潮初日で20時頃が満潮ということで、上げから下げ潮狙いとなる18時15分が竿出です。

 昼過ぎまで降り続いた雨の影響が心配されましたが、波風とも穏やかな天候でしたので、初めに港外を攻めてみます。

 いつもの7フィート6インチのライトゲームロッドで、先ずは堤防際などを手製ブラクリ錘で探ります。

 一度、バイトがありましたが、ヒットせず、30分ほどで作戦変更です。

 次は、丸型中通し錘を使ってのテキサスリグです。

 底を這わせるように誘いを掛けながらゆっくりとリトリーブします。

 途中、割と大物を予感させるバイトが一度ありましたが、ヒットには至りませんでした。

 こちらも30分ほどで諦め、最終手段、私の好きな手製ジグヘッドリグを投入します。

 ソフトルアーはストレート系を使用しています。

 ジグヘッドリグの2投目、底に接触するほどのスピードでリトリーブすると遂に「キタ~ッ!」、19時25分に待望のヒットです。

 見事にゲットしたのは、ご覧の本命根魚のカサゴです。



 型は12~13cmといったところですが、それなりに引きが楽しめます。

 勿論、即リリースいたしました。

 大型の接岸はもうありえないでしょうから、釣れただけで取り敢えず満足です。

 ボウズを免れ一安心、10分もしないうちに再びの「キタ~ッ!」、ヒットです。

 ゲットしたのは1尾目と同等のカサゴでした。



 まあ型は仕方ないと諦めます。

 更にキャスト&リトリーブを繰り返し、満潮時刻となる20時を少し回った頃に、またしても「キタ~ッ!」、ヒットです。

 これも似たような型のカサゴでした。



 たぶん、これ以上続けてもサイズアップは望めないだろうということで、港外から港内へ移動し、再度キャスト&リトリーブを繰り返します。

 すると20時30分、「キタ~ッ!」、やや引きが強いヒットです。

 サイズアップかと期待しましたが、ご覧のタケノコメバルでした。



 サイズはカサゴ同様、13cmほどでしたので、リリースいたしました。

 その後も暫くはキャスト&リトリーブを繰り返しましたが、21時20分に潔く納竿といたしました。

 全てリリースサイズの根魚でしたが、4尾釣れたので、まあまあ楽しい釣行となりました。

 帰宅後、釣り道具を水洗いして眺めてみたら、テキサスリグでのワームが損傷していました。



 2か所で切れかけており、皮一枚で何とか繋がっているといった状態です。

 あの大きな予感がしたバイトの時にやられたものでしょう。

 一体、何の魚だったのか興味が尽きぬところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一気に咲きました! | トップ | 一品種のみですが・・・! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL