釣れないけど、釣り師?

大した釣果もないまま、釣りしてる「くまちゃん」です。
釣り中心のブログになりますように・・・

爆釣を信じて・・・!

2017年07月01日 10時23分45秒 | 釣り
 雨も交じるような曇天の中、船釣りの師匠T氏からの誘惑に便乗し、有給休暇を取ってイサキの爆釣を期待した6月30日(金)の記録です。

 3時30分に師匠が自宅まで迎えに来てくれて、いざ師崎は「すずえい丸」を目指します。

 このところイサキの調子が良いとのことで、マジ、夢が膨らみます。

 5時30分に出船、1時間30分ほどで大山沖に到着です。

 早速開始しますが、少し活性が低いようです。

 そうしていると、私にいきなりの強い引きです。

 これはサバの予感です。

 読みどおり、大サバをゲットします。

 外道とはいえ、師匠より先に釣り上げてしまい恐縮です。

 暫くしてやっと、師匠にも当たりがあり、本命のイサキをゲットされます。

 その後も2尾のイサキを追加されました。

 私はというと、その間、小サバと小アジが釣れるだけで、寂しい時間が続きます。

 イサキが釣れないので、一念発起、仕掛けを取り換えます。

 そしてやっと、私にも本命のイサキがやって来ました。

 師匠に追いつけ追い越せとエンジンを掛けます。

 ぽつぽつとイサキが釣れますが、爆釣とは程遠いのが現状です。

 11時ごろからは、急にバイトも感じられない状況になり、そのまま12時30分に沖上がりの時間を迎えてしまいました。

 不完全燃焼、全体に渋い日になってしまいましたが、師匠は本命イサキを12尾釣ったとのことで、たぶん竿頭ではないかと思われます。

 船頭も昨日までの3分の1くらいの釣果だとボヤいていました。

 私のクーラーボックスの様子です。



 ご覧のとおり、貧果の写真となってしまいました。

 でも、これくらいの量の方が、捌く時間もそんなに掛からなくて良いやと負け惜しみを心で呟くのでした。

 結局、自宅で釣果を確認したところ、大サバ37cmが2尾、小サバ15cm程が8尾、アジ12cmが1尾、そして本命のイサキは21~31cmが10尾でした。



 6、7尾だと思っていたイサキが、知らぬ間に10尾になっていたことは、ささやかな喜びでした。

 それでも大漁を目指すべく、7月の下旬までにリベンジを遂げたいと心に誓うのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳の下にマダカは・・・? | トップ | これは爆りかも! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL