縁側でちょっと一杯

縁側でのんびりとくつろぐ贅沢な時間。
一杯遣りながらの“お題”は、    
経済、環境、旅、グルメ、そして芸術。

日本一のスナバ、鳥取砂丘

2017-05-20 11:44:06 | もう一度行きたい
 あっ、砂で埋まっていく。

 僕は砂の上に座り、ぼーっと砂丘と海と空を見ていた。薄いベージュ色の砂、藍色の海、そして明るく青い空、そのコントラストが本当にきれいだ。いくら見ていても飽きることがない。

 風が強い。砂が風に飛ばされ、僕の足をどんどん覆っていく。僕はふと安部公房の『砂の女』を思い出した。絶対の存在である砂。理不尽な砂との戦い、そして共生。人間の本質というか、その矮小さが巧みに描かれた小説である。主人公が砂の穴に閉じ込められる架空の話なのだが、妙にリアルで真実味のある話だった。途方もない設定でありながら、それでいて読まずにはいられないという意味では、村上春樹と相通ずるものがある。
 安倍公房は庄内砂丘から『砂の女』の着想を得たという。場所こそ違うが、僕は鳥取砂丘に来て初めて『砂の女』の世界を実感できた気がした。崩れる砂の坂でもがく。一歩踏み出すが、登るそばから砂が崩れ落ちて行く。あたかも蟻地獄に落ちたアリのようだ。

 鳥取砂丘に来るのはこれで2度目。もっとも前回はタクシーで砂丘の入口に来ただけ。車から降りたものの滞在時間はほんの2、3分。鳥取に来たからにはと、空港に行く途中、無理に立ち寄ったのであった。曇っていたし、日本海の見える“馬の背”という小高い丘には登らなかったし、正直、何の感動もなかった。
 が、今回はまったく違う。抜けるような青空の下、素足で砂の上を歩き、“馬の背”に登って海を眺めた。強い風のおかげで風紋を見ることもできた。風が砂で作る波模様である。そして見渡す限り広がる砂、砂、砂。とても日本とは思えない光景だった。

 欲を言えば、もう少し人が少ないと良かった(まあゴールデン・ウィークに行ったので文句は言えないが)。混むことを見込んでホテルを早く出発、8時半過ぎには砂丘に着いた。が、それでも車を停めるのに一苦労。僕らは元々関心がなかったから良いが、ラクダに乗るのも記念撮影するのも長蛇の列だ。砂丘の後に行った“砂の美術館”も大混雑。都内の人気の美術展のようだ。11時過ぎに帰る頃には道路が渋滞していた。

 以前鳥取県の平井知事が「鳥取にスタバはないが日本一のスナバ(砂場)はある」といって話題になった。今では鳥取にもスタバができたし、地元業者がシャレで作った“すなば珈琲”もある。“すなば珈琲”は結構な観光名所になっているようだ。
 日本一の砂場、鳥取砂丘の絶景に圧倒された後、“スタバ”にしろ“すなば”にしろ、コーヒーを飲みながら余韻に浸るのも良いだろう。因みに僕らは倉吉まで車を走らせ、地元ご自慢の牛骨ラーメンを食べ、その余韻を(何の?)味わった。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しゃぶしゃぶのルーツをご存... | トップ | 「ひるぜん焼きそば」と鳥取... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。