縁側でちょっと一杯

縁側でのんびりとくつろぐ贅沢な時間。
一杯遣りながらの“お題”は、    
経済、環境、旅、グルメ、そして芸術。

函館・青森のご当地グルメ(前編)

2016-12-28 00:01:09 | もう一度行きたい
 函館は、まさに「雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう~」の、山下達郎の世界だった。が、その雪というのが、ちらちら舞い落ちるといったロマンチックな雪ではなく、傘が壊れるような強風の猛吹雪だったが。歩くのがしんどい・・・。
 この3連休、函館と青森に行って来た。ただひたすら食べては温泉に入るという優雅な(ぐうたらな?)旅。初日こそ強風に雨と雪で散々だったが、残り2日は好天に恵まれた。初の北海道新幹線に青函トンネル、これまた初の『ラッキーピエロ』と青森生姜味噌おでん、そして久々の『梅乃寿司』(2009/5/19 来た、見た、食った!(函館編)をご覧ください)と盛りだくさんで、楽しく、美味しい旅だった。

 さて、前編では函館グルメの紹介をしたい。活イカの刺身(スルメイカはかつてない不漁だったが、もうヤリイカ漁が始まっていた)や『梅乃寿司』(相変わらず仕事が丁寧で美味い)のことは以前書いたので、それ以外の話をする。

 まずは『ラッキーピエロ』。全国的に有名なご当地バーガーの店である。“秘密のケンミンSHOW”で見て、僕はずっと気になっていた。しかし函館での貴重な一食をバーガーに使うのはもったいない気がして、今まで食べたことはなかったのである。
 今回は妻の友人の勧めもあり、意を決し“ラッピ”へ。一番人気の“チャイニーズ・チキンバーガー”のセット(@650円)を頼んだ。甘辛味の鶏のから揚げとレタスのバーガーは、メインの唐揚げは勿論、バンズまで美味しい。フライドポテトも普通のポテトではない。チーズがとろっとかかっていて、これまた美味い。結構なボリュームだが、美味しさのあまり僕は即座に完食した。
 作り置きはしない、食材は地産地食つまりは北海道産、冷凍した肉は使わない等々のこだわり、どうりで美味いわけだ。メニューにバーガーだけでなくカレーやかつ丼まであり、もはやバーガー店の域を超えている。地元密着の大衆食堂だ。近所にお店があったら毎週のように通ってしまうだろう。

 次は『青龍軒』。塩ラーメンで有名な町の中華屋さんである。ここも有名な店だと後から知ったが、札幌育ちで味噌ラーメン好きの僕は塩ラーメンにあまり関心がなく、まったく知らなかった。妻がここの塩ラーメンが食べたいと言い、僕はビールと餃子で付き合うよと軽い気持ちで付いて行ったのである。
 ラーメンのスープが美味い。透明であっさりしているが、昆布の甘みと塩のバランスが絶妙である。こんな塩ラーメン食べたことない(もっとも僕は塩ラーメン自体あまり食べたことがないが・・・)。妻も大絶賛していたので秀逸な塩ラーメンに違いない。
 そんな僕が塩ラーメン以上に感動したのが“ザンギ(鶏のから揚げ)”。北海道民のソウルフード・ザンギを久々に目にした僕は、思わず注文してしまった。ザンギは、生姜やニンニクなどを入れた醤油だれに鶏肉を漬けこみ、から揚げにしたものである。概して味は濃い。が、『青龍軒』のザンギはラーメンのスープ同様あっさりめの味だった。イメージした懐かしのザンギと味は違うが、熱々のザンギはとても美味しかった。“ラッピ”のチャイニーズチキンも美味しかったが、から揚げとしては『青龍軒』に軍配が上がる。次回は他のメニューも食べてみたい。

 と、函館では、朝市で活イカとビール、寿司屋では日本酒、中華店ではやっぱりビールと、クリスマスとは程遠い食事だった。前回クリスマスにはシャンパンを!と書いておきながら面目ない。はてさて後編の青森は如何に。やっぱり・・・?
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスには“シャルル・エ... | トップ | 函館・青森のご当地グルメ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

もう一度行きたい」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。