B面でかせごう!

京都なまりのフランス語通訳
*人見有羽子のポップでキュート*

凪が戻ってます。

2017-06-18 17:45:26 | ひとりごと

落ち着きを取り戻しております。

めずらしく、新鮮なフランボワーズをみつけたので、誘惑には勝てず!

これで、すでに機嫌も良くなっております:-))    ブルーベリーも大きい粒だった。健康的にヨーグルトで。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拾う神あれば、見事に捨てる... | トップ | ミンチカツバーガーとマンゴ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ハル)
2017-06-19 10:26:02
おはようございます。まずはご機嫌がもどってよかったですね!タイトルからすると、先日の一件以来、かなり心が波立っていらしたのですね。私も経験あります。はて、凪の対義語はなんだったかしら?と思いだそうとしたのですが、出てこないので調べたのですが、そうそう!「しけ」でした。でも「時化」って書くんですね。むかし、勉強したような気もしないではないですが。 ところで、大きくて綺麗なフランボワーズですね!うちの菜園のはもっと小さいです。品種が違うのかしら?!調べてみなくては。昨日面白いことがありましたよ!庭仕事の後に長靴を洗ってテラスに置いといたら、ちょっとの間に、みのむしがぶら下がっていたんです。後ろの方に、まるでタッセルのように!取ってしまうのも忍びないので、あの子が巣立つ?まで、私は気を付けながら長靴を履かなければなりません。 人見さんは今週はお忙しいのですね。健康で心穏やかな一週間でありますようにお祈り致しております。
みのむしタッセル (yuko H)
2017-06-19 17:12:44
ハルさん

それは近い将来、夜の蝶となって巣立つのではないですか?
うちの兄貴は「Papillon de nuit」恐怖症で、実家は夏になるとこれがいるから住めないと申しております。
少年期に、『ウルトラQ』(タイトルこんなんだっけ?)で見た、蛾の鱗粉の恐怖がトラウマのようです。私も少年マガジンかサンデーかキングの冒頭マンガで、大衝撃を受けたのを思い出します。鱗粉がふりかかると人間が溶けるんです・・・。怖い〜〜〜

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。