B面でかせごう!

京都なまりのフランス語通訳
*人見有羽子のポップでキュート*

ソール・ライター写真展へ。

2017-05-20 12:17:18 | アート・文化

来週のテレビのリハーサルが早めに終わったので、渋谷Bunkamuraで、「ソウル・ライター写真展」へ。

 

ニューヨークのナビ派ボナールと言われるだけあって、どことなくヨーロピアンな雰囲気があり、わたしはひと目で好き、と思いました。

この赤い傘の写真は「足跡 Footprints」というタイトルの1950年の作品ですが、目をひくのはこの愛らしい赤い傘。

ライターが傘の写真ばかり撮るので、アシスタントが「傘はもううんざりだ!」と言ったほど。でも、ライターは「でも、ぼくは傘が大好きなんだ」そうで、わたしも大賛成です。

 

雨の日は、室内に入って折り畳んだ瞬間に、しずくが垂れて、なんとも厄介なオブジェになりますけど、天に向けて傘を広げいているときの雨傘は、とてもチャーミングですよね。

混雑したメトロやバスで、雨に濡れた傘のスマートな収納方法を発明できないかな、と思うのですが、なかなかね。別売りの傘袋もあるようですが、それだって中に水が溜まります。まちがって逆さにした瞬間、どどどと雨水が流出します。

 

話が脱線しましたが、華やかなキャリアよりも、自分の世界を大切にしたソウル・ライターさんの写真哲学と言うか、人生哲学には共鳴します。ある人に言わせると、彼はチャンスを逃す才能を持っているらしくて、えらい。出世だけがキャリアの頂点じゃない。それでいて、魅力的な女性が彼の周囲にはたくさんいて、ヌードも撮らせてくれるんだもの、幸せな隠遁生活です。

 

たくさんの人が訪れていたので、きっと共感する人が多いんだろうな。わたしも赤い雨傘の葉書1枚だけ買いましたが、床屋さんの赤白青の円筒が可愛い「床屋」のカード1枚だけ購入している男性がいて、あ、この人は、この絵にびびっときたんだな、共感することが人それぞれというのはおもしろいな、と思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬局でもらった袋ごと、捨て... | トップ | やっぱり寝られない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。