B面でかせごう!

京都なまりのフランス語通訳
*人見有羽子のポップでキュート*

川越からマスカラまで

2017-07-29 14:08:20 | ひとりごと

川越までお仕事。

めったに埼玉には行かないので、ちょっとした小旅行気分。

各駅と快速、急行、間違えないようにホームでどきどきしながら・・・

なんど、スマホのアプリでチェックしたことか・・。

しかも川越は、東武東上線とJR改札が隣! 間違ってJR改札入ってから、いや違うと引き返す。

そういう人が多いのか、駅員さんも手慣れた様子でパスモの入場を解除。

なぜかJRのほうが料金が数百円高いので、東武線を選びます。

 

川越は、うちの母でさえ「いいとこでしょ、行きたい〜」という小江戸です。

昨日、お仕事したフランス人のムッシュに「一昨日、さつまいものビールを飲んだよ」と言われ、「え〜芋焼酎じゃないんですか〜」と疑っていたら、小江戸の地元のビールで、本当にあるらしく、ほ〜。

あのあたりの土地は痩せていたから、薩摩芋を栽培したそうで、まあ、勉強になりますわ。

でも、川越を楽しんだわけではなく、室内での通訳だったので、まったくもって素通り。

今週末は川越祭りが盛大に催されて、すごい人出になるよ、とマイクロバスの運転手さんが誇らしげでしたが、

翌日、戻って来る体力はない。

というのも、仕事は朝早い上に、昼食16時までおあずけで、けっこう体にこたえる。その間、立ち通しでお茶1杯飲んだだけ。今日は、鰻でも食べて回復しなきゃ、ちょっとバテてます。

 

でも、川越でサンドイッチのランチしながら、都内で眉カットのお店を予約。眉もぼうぼうでしたが、目の下にクマ!  いやいや、その日は、おめでたい席の通訳だと思って、あえてマスカラしたんですよ。クマじゃなくてパンダです。

「わたし、すぐにパンダになるんです・・シャネル使ってるのに!」と眉カットのお姉さんに相談したところ、ちょっと試してみる価値のあるお安いマスカラを教えてもらって、その足でコスメドラッグに行ったら、それより貴女はこちらがいい、とまた別のお手頃価格の細身マスカラをすすめられ、なるほど・・、マスカラも私がほぼ無視しているあいだに進化しているのね、と1本購入(シャネルも、もらいもんですから・・)。

今朝、試しにつけてます(アレルギーが出ないかも心配でなかなか買う勇気がなかったプチプリのコスメですが)。

今のところ、パンダになってないし、痒くもないので、いけるかも〜。ちょっと、気分アガります。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパー銭湯と消えたニンニク。 | トップ | ジャンヌ・モロー旅立つ。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。