遠藤雷太のうろうろブログ

何かを観たら、とにかく400字または1000字以内で感想を書きつづるブログ。

阪本順治監督『大鹿村騒動記』(2011年)

2016-10-11 16:12:56 | NETFLIXで観た

映画『大鹿村騒動記』予告編

2016/10/9

大鹿村の歌舞伎の看板俳優の元に、むかし駆け落ちして出て行った妻とその連れ合いが戻ってくる話。

主演は原田芳雄。サングラスが似合いすぎる。

そして、彼が営む鹿肉料理屋「ディア・イーター」という店名がかっこよすぎる。

もう相当な重鎮のはずなのに、岸部一徳のボンクラ演技が愛らしい。

「そんなこと言われたら、俺は死ぬしかないじゃないか!」というセリフでも笑える。

かなり深刻なシーンでも、老練の俳優が演じることで、角が取れておかしみに変わっている。

劇中劇の歌舞伎に参加している人たちが夢中で楽しんでいるので、それで十分という感じ。現場が楽しそう。

冨浦智嗣が演じるトランスジェンダーのバイトも歌舞伎という題材のなかで効いている。

ちょっと第三舞台の『リレイヤーⅢ』を思い出す構成。

もちろん本作の名優もいいけど、初演『トランス』のチームで勝手に配役考えて楽しんでしまう。

大鹿村騒動記【DVD】
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 園子温監督『ちゃんと伝える... | トップ | ジェーン・スー『女の甲冑、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

NETFLIXで観た」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL