遠藤雷太のうろうろブログ

即身仏になる人が鳴らす鈴のように、遠藤が生きていることを確認できます。

劇団925『福喜多さんちの三兄弟』(観フェス2017)

2017-03-07 12:23:30 | 観劇三昧:手のひら演劇フェスティバル

観劇三昧:劇団925『福喜多さんちの三兄弟』(有料)地域:関西

2017/3/7

福喜多三兄弟の家に、ほとんど帰ってこない父からの紹介で謎の女性がやってくる話。

男三人と女一人のタイトな人数で、きっちりワンシチュエーションコメディを作っている。

序盤は役者さんの人間力頼みのところもあるし、脚本の仕掛けはそれほど笑いに比率を置いているわけじゃないけど、愛らしい人間関係を丁寧に見せてくれる。

喜劇としての安心感がすごい。

謎の女役の中西邦子さんが三兄弟に翻弄されている感じ。特に泣き顔がかわいい。

ただ、あれだけ暑い暑い言っているのに常温保存のカレーって。

気を使って喜んでるのかと思ったら、自分へのお土産が少ないことに本気でがっかりしている長男が心配。

ガスとか水道とか食べ物とか、装置や小道具への偏愛ぶり。

手間との比較で言えば、絶対必要というわけではないけど、誰が見てもわかる細部へのこだわりも安心感を生む。

================メモ================

「エンタメ賞」に投票(投票期間が過ぎたので気持ちだけ)

上演時間:1:39:06

公演時期:2009/8/9

作者・演出:中西邦子

カオル:田渕法明
テン:関敬
ヒロ:福山しゅんろう
サトウヨウコ:中西邦子

※役名は動画の呼び方から拾った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お座敷コブラ『RUN』(観フェ... | トップ | 東海連合vs北海同盟(仮)【... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL