遠藤雷太のうろうろブログ

即身仏になる人が鳴らす鈴のように、遠藤が生きていることを確認できます。

坂本一也監督『彼女と彼女の猫』(2016年)

2016-10-18 01:11:54 | NETFLIXで観た・その他

「彼女と彼女の猫」

2017/10/18

元々は新海誠監督による4分ちょっとの小品(WEBで公開されている上の動画)。

NETFLIXに入っているのはテレビシリーズのほうで、7分ずつ全4話の構成のものと、27分の完全版を見た。

就活や母親との関係に悩む女と、その飼い猫の交流を描いた話。

猫のモノローグが男の声で、使われている言葉がとても人間くさい。

リアルにしたら成立しない話なので、このへんのバランスはとても難しいのはわかるけど、それにしても猫が語っているようには聞こえない。

猫が飼い主に対して「彼女はきれい」なんて言うだろうかとか、さんざんモノローグで話を進めているのに「僕に彼女の言葉はわからない」とか、いま、語っているその言葉は何だよと思ってしまう。

わざわざ言わなきゃ気にならないのに。 

結果、どうしても、猫が人間の男か猫以外の何らかの知的生命体に見えてしまう。

新海版のほうではあまり気になからなかったので、演出の細かいさじ加減で印象が変わってしまうんだと思う。

「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」完全版(DVD)
クリエーター情報なし
東宝
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 園子温監督『自殺サークル』 | トップ | ラッセ・ハルストレム監督『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL