遠藤雷太のうろうろブログ

即身仏になる人が鳴らす鈴のように、遠藤が生きていることを確認できます。

劇団 壱劇屋『SQUARE AREA(2016年版)』(観フェス2017)

2017-02-22 11:58:27 | 観劇三昧:手のひら演劇フェスティバル

観劇三昧:劇団 壱劇屋『SQUARE AREA(2016年版)』有料 地域:関西

2017/2/20

立方体の部屋に閉じ込められた複数の男女が、それぞれの事情を解決して枠の外へ出ようとする話。

舞台は立方体の枠のみ。シンプル。おしゃれ。

9人+ゲスト1人が立方体の枠を出入りしながら、真相解明に挑む。

物語というより、パントマイムのパフォーマンスのよう。

大きな立方体の枠の中に、更に伸縮可能な紐で小さな立方体を作ってあやとりのようにダンスに組み込むところが白眉。

訓練の行き届いている感じがものすごい。

枠の表現自体は、去年の学生演劇祭でも見たけど、元ネタはどこにあるんだろう。

話全体の理屈はよくわからず。

録音なのか滑舌なのか、早口になると内容が聞き取れなくなるので、重要なキーワードを結構聞き漏らしたような気がする。

カーテンコールの役者紹介で、一人も名前が聞き取れなかったほうはご愛嬌でいいと思う。

================メモ================

「芸術賞」に投票

上演時間:01:30:33

公演時期:2016/02/13

作者・演出:大熊隆太郎

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うわの空・藤志郎一座『ただ... | トップ | 浮遊許可証『リーンカーネー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

観劇三昧:手のひら演劇フェスティバル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL