遠藤雷太のうろうろブログ

即身仏になる人が鳴らす鈴のように、遠藤が生きていることを確認できます。

新井直之『執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく』

2015-02-25 23:49:13 | 読書感想文
執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく
クリエーター情報なし
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)


2015/2/10

・帯文の「カルピスウォーター500本用意してくれない? 2時間以内に」が目を引く。たしかにこれは売れる。
・言ってることは基本的なことだった。もっと無茶ぶり金持ちエピソードがあるのかと思った。
・メモを取る、SNSを制限する、計画を短期中期長期に分けるなど、正論すぎる。
・仕事は一括処理する。
・会議は議題を事前に提示、時間を短く設定する。誰かに頼めば時間ができる。写真と名刺の管理について。
・目的に対してシンプルに、という表現がいい。
・封筒に期間ごとにまとめる方法、良さそうだったどうまくいかない。
・巻末になぜか家事のコツが書いてある。でも、グリルにアルミホイルを乗せて魚を焼くやつはやってみたい。
・具体的にどうこうというより、日常生活をちょっと丁寧にする程度のやる気は出る。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新井直之『世界の大富豪を満... | トップ | 門井慶喜『ホテル・コンシェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL