遠藤雷太のうろうろブログ

即身仏になる人が鳴らす鈴のように、遠藤が生きていることを確認できます。

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督『キングコング: 髑髏島の巨神』

2017-04-05 22:44:52 | 映画を見てきた

映画『キングコング: 髑髏島の巨神』日本版予告編

2017/4/4

・どうも3Dが苦手なので、わざわざ上演回数の少ない2D字幕版で見る。

・ベトナム戦争の直後。学者や軍人たちが、調査先の髑髏島で巨大生物たちに遭遇する話。

・現代だとなんでも人口衛星で観察できるから、それくらいじゃないと時代設定に無理が出るのかな。

・プロローグが「あれ?入るとこ間違えたかな?キングコングであってる?」と心配になる。

・そんなオープニングからのキングコング登場までがかっこいい。

・最初はあんなに恐ろしかったキングコングが、終わることにはちゃんと大好きになっている。

・昔のみたいに人間の女性に発情しない。紳士だった。

・そのコングの敵、骨トカゲは、最後まで怖い。

・バッタから骨トカゲのシーンは、びっくりしすぎて大の大人なのに悲鳴をあげそうになった。

・タコおいしそう。

・かませ犬にしか見えない軍人たちがいろいろ悲惨な死に方をしていたけど、蜘蛛に殺されるのが一番いや。

・あの槍のようなものは体毛だったのかな。足だったのかな。

・原住民の原住民っぽさ。役者に見えない。南太平洋の小島なのに東洋人っぽさがあって不思議。

・キングコングと骨トカゲとの戦いで、ちゃんと「なぜ勝てたのか」のワンアイディアがある。工夫。

・羽虫が多いのは病気の伏線かと思ったら、ダミーだった。何もないのに、絵作りがんばっている。

・アリもちょっと見てみたかった。

・金髪美女と、あんまり話に関わってこないアジア系の美女、そしてマーロウ中尉に和む。

・二次災害出しまくった挙句、本当の敵を見誤った隊長は、八甲田山の北大路欣也に匹敵する無能。

・種族の違うキングコングとはわかりあえても、わからずやの上司とはわかりあえない。

・相互理解に人種どころか種族も関係ないというのがテーマになるのかも。

・エンドロール後の展開はほんとに成立するのかな。

・ほとんど頭使わずに楽しめた。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリー・ジェンキンズ監督『... | トップ | 劇団宴夢『大四国帝国』(全... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画を見てきた」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL