漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

無月経・スルピリドによる高プロラクチン血症

2012-09-05 | 生理不順・無月経・不正出血
スルピリドと抗うつ剤を服用している30代女性。
3か月生理がきていないので婦人科で血液検査をしてみたら
プロラクチン値がずいぶん高くなっているとのこと。

調べてみると生理がこなくなる2か月ほど前からスルピリドの服用が始まっていて、
この影響は大きいかもしれない。
体調もまずまず落ち着いているところでしたし、スルピリドをやめてみることに。
これでプロラクチン値が下がり、生理周期が復活することを祈ります。

センニンソウが咲き始めた

さて、
プロラクチンとは、乳汁分泌ホルモンのことですが、
薬剤服用によってこのホルモン分泌が促進されることがあります。
特にスルピリドは影響が強いそうです。
薬剤のほかに妊娠授乳中、子育て中、ストレスなどさまざまな原因がある
プロラクチンの分泌が増え過ぎると、排卵がスムーズにいかなくなるので、
やがて無排卵となり生理が止まってしまうことがあります。

漢方薬でも高プロラクチン血症対策を行いますが、
考えられる原因があれば(この場合は薬剤)これを遠ざけるが一番の早道です。

生理のある女性は、薬剤を服用していて、もしも生理不順や無月経が起こったら
このことを思い出して婦人科で血液検査してみると良いでしょう。


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝、月と虹をみた | トップ | 小川糸著「つるかめ助産院」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
不妊治療 (不妊治療)
不妊症は夫婦にとって重大な問題です。 このサイトでは、不妊の治療に役立つ情報を集めて、 不妊治療に悩む人に少しでも役立つことをまとめてみました。