漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

もっと野菜を!・日本の野菜摂取量を世界で比較

2014-06-25 | 薬膳・食育
和食が世界で一目置かれていますが、
私たち日本人は実際日々どんな食べ方をしているかと問われたらちょっと不安。

そこで世界の野菜摂取量というデータを見てみると・・・
データの数字では飼料用種子用も含まれているのでこの数字をそのまま鵜呑みにできないのですが、同じ農耕民族の東洋人である中国や韓国と比較すると、なんと半分!
いくら日本人が少食だからといってもこれは少なすぎでしょ。


FAO(国連食糧農業機関)作成の手引きに準拠したFAOSTAT(Food Balance Sheet)の供給粗食料ベースの国際比較によると、世界の主な国々の国民一人当たりの野菜年間消費量は以下のとおりです(2009年9月公表版)。
中国  270kg
韓国  211kg
インド  68kg
フランス142kg
スイス  97kg
ドイツ  90kg
イギリス 91kg
オランダ 73kg
アメリカ123kg
カナダ 120kg
ニュージーランド123kg
オーストラリア93kg
ブラジル 40kg
日本   104kg
2003年のFAO統計によると、地域別の野菜年間消費量を見ると、アジア141kg、ヨーロッパ117kg、北中米100kg、オセアニア90kg、アフリカ54kg、南米47kgとなっています。なお、供給粗食料ベースの数値とは、国内消費仕向量-(飼料用+種子用+加工用+減耗量)であり、粗食料の1人・1年当たり数量は、粗食料を総人口で除して得たものです。
参考農林水産省

日本女子大学家政学部食物学科  教授 丸山 千寿子のページ《野菜情報2012年8月》では
日本人の食生活における野菜の重要性
日本人では特に若い世代で野菜の摂取が少なく、特に加熱調理して食べる緑黄色野菜や葉物野菜、海藻などの摂取量が減っていることが危ぶまれます・・・とのこと。


実は、漢方相談をしていてここ数年、胃腸が弱い人が増えていると感じる。
生きのいい野菜を食べていないということも一つの原因ではないかと思います。
つづく⇒もっと野菜を!・本当に野菜食べてる?


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早朝散歩・もう日の出は遅く... | トップ | もっと野菜を!・本当に野菜... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2014-06-26 11:49:11
俺にとってはちょっと耳の痛いお話です(汗
生野菜を食べてから呑むと太りぎくいと聞いて、それから極力サラダを食べるようにしています。
それでも俺の野菜摂取量は日本の平均にもいってない気が。
これを機にもっと摂らなくては☆
けんさんへ (やく)
2014-06-26 13:54:34
けんさん、コメントありがとうございます。
確かに最近は「サラダ」程度という人が増えているようです。

食が「欧米化」しても、体質はそう簡単に欧米化しないので、
しっかり野菜を食べ元気になってください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL