漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

秋が旬の食材で肺を守る養生・漢方家ファインエンドー薬局

2016-09-15 | 薬膳・食育
ずっと熱帯夜だったのにそれが突然終わって外気の様子ががらりと変わりました。
そんな急変を直に受けるのは鼻、のど、肺、皮膚で、
鼻炎や風邪、慢性の咳、喘息、肌の乾燥やかゆみなどのトラブルが多くなります。
中医学ではこれらの部位はすべて「肺」に属していると考えています。
秋は肺を養生する季節です。

●中医学の「肺」に関連する症状
鼻・のどの乾燥が気になる
のどが腫れる、痛む
咳がでやすい、痰がからむ
鼻がつまる、鼻水がでる、臭覚が鈍化する
肌の乾燥や痒み、皮膚が弱い
夏以降、食欲低下や下痢、便秘気味
鼻炎、アトピー、喘息の症状が悪化してきた
風邪をひきやすい
汗をかきやすく、涼しい秋風が寒く感じる

●主に秋が旬の食材で肺によいもの
・梨、柿(冷まして潤す):黄色い痰や熱っぽい咳、のどの渇き、肌のほてりに
・豆乳、牛乳、チーズ(潤す):乾いた咳や皮膚の乾燥に
・マスタード(白芥子)、紫蘇の実(蘇子)(辛味で温める):冷えで悪化する咳に
・ギンナン(渋みによって引締める):多痰の咳、オリモノ、頻尿、尿失禁に
・くるみ、落花生、松の実、白ごま、干しブドウ、鯖、猪肉
(体力低下を補い肺や肌を元気にする効果があります)

3週間ぶりに近場の散歩道を歩いたら、すっかり秋模様
稲刈り前の稲穂の上に雀がたくさん

鷺が近くを飛んで一斉に飛び立つ雀


先日、家庭菜園をしている方から掘りたての落花生をいただく。
「ちょっと若いんだけど収穫しちゃったの、カラスが掘りに来るのよ~
 タヌキも食べにくるしね~」
旬のおいしいものは誰もが逃さない。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜散歩:ハマスゲ(香附子... | トップ | 日曜散歩:ヤブハギ、ヌスビ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (simosan)
2016-09-16 10:39:41
おはようございます。

子供のころから鼻垂らしで・・・
今でも鼻炎に悩んでいます。
これからは鼻が乾いちゃって・・・
イマイチうまくありません。

落花生を盗りにタヌキまで出ますか。
困ったものですね。

simosanさんへ (やく)
2016-09-16 15:42:23
潤いを補う食材を摂りましょう。
なんでしたら漢方対策も(笑)

タヌキやカラスが落花生を掘っているところを見てみたいですね。
もっとも手塩にかけて育てた人にとってはとんでもないことですが。
落花生好き (yuki)
2016-09-16 21:02:12
こちらでは、キジバトも落花生好きです。

新鮮な旬の物を頂いていれば病気になりにくい体にるのですね。
秋は美味しいものがいっぱいですね。
私は夏太りから秋太りへ移行していく様な今日この頃です~

yukiさんへ (やく)
2016-09-17 10:05:35
キジバトも!

私も同じく夏は痩せることなく秋はやけにお腹が空いてきます~
そろそろ長距離ウォーキング大会を検索しているところです。
おいしい物を食べて元気に動く!というか、なんとかして消化する、ですね。

コメントを投稿

薬膳・食育」カテゴリの最新記事