漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

タカサブロウと二至丸(二至丹)

2010-10-19 | 薬草・生薬

けっこう盛り上がったトウネズミモチの話題⇒冬至のころの女貞子
その生薬名を女貞子『おんなさだこ』じゃなくて『じょていし』。
冬至のころに実が熟すのですが、今はまだまだ青い実。
だけど秋を迎えてだんだんその重みで下を向き始めている。

そして「二至丸」という漢方薬の相手『タカサブロウ』。
生薬名『旱蓮草(かんれんそう)』は夏至から秋にかけて収穫される。

田んぼのはじっこに似たような植物を見つけて写真をとったのだけど、
調べてみるとすごく似ているタカサブロウとアメリカタカサブロウがあり、
あまりに似ていてとことん迷ってしまった。
結局、タネを採取して調べてみないと判定がつかないということに。
またウォーキングであの場所を目指さねば。

ところでその「タカサブロウ
女貞子と同じく「肝腎陰虚」タイプにおすすめです。
血を涼しく止血作用があり
髪の毛を黒く保つ働きがある。

つまりタカサブロウが女貞子とあわさった二至丸は、
イライラしやすい、不正出血を起こしやすい、白髪が増えてきた
全体的にちょっと干からびてきたかな・・・
という更年期にぴったりというわけ。
ちなみに徳川家3代将軍家光公もタカサブロウのお浸しが好物だったとか。
きっと食べると気持ちがすっきりしたのかも。
漢方名「二至丸」(にしがん)のサプリメント「二至丹」(にしたん)
更年期の健康のために飲んでくださっている方も増えてきてみなさん好評です。
自分の飲んでいる漢方が身近にあるものからできていると
知ることって大切だと思う。

漢方の空間ファインエンドー薬局    生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢方で不妊症克服40代 | トップ | 秋の造形 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL