漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

気象病

2010-04-15 | 漢方的話題
今日はまた真冬のような寒さに逆戻り。昨日はあんなに暖かだったのに。

こんなにも寒暖の差が激しいと、いろんな体調不調が発生します。
これを『気象病』とよんだりします。

たとえば、頭痛や肩こり、めまい
(わが薬局もこのところ、これらの症状を訴えて漢方を求める方が多いです)
そして、循環器疾患の心不全や脳梗塞、血圧の不安定も発生しやすい

いつにも増して、血流改善の漢方対策が必要です。

脳卒中、心臓病

漢方血流改善法

また服装に気を配るのは当然ですが、
なによりも睡眠不足は、体力を消耗するので避けるべき。
暴飲暴食も避け、夜食を控え、
翌朝に持ち越さず、すっきり起きられるようにすべきでしょう。

そのほか気象病には、古傷、神経痛、リウマチなどの痛み、胆石、急性虫垂炎、
そして、精神的にも不安定でイライラやうつ症状も、なのでつまらぬ喧嘩や交通事故も多くなるとか。
注意しましょう。
漢方の空間ファインエンドー薬局
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村上春樹「海辺のカフカ」覚書 | トップ | 第9地区(映画)破られる既成... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (symmetric rose)
2010-04-19 19:23:43
気象病というんですか??
確かに・・・体調を崩しやすい時期です!!
今の規則正しい生活になってからは・・・出来るだけ生活のリズムを乱さないように、服装もあまり厚着にしないようにしてます!!
寝つきの悪さと夜中に目が覚めやすいのは・・・これと関連があるものなのでしょうか??
symmetric roseさんへ (やく)
2010-04-20 18:42:08
私も少しずつ薄着にするよう心がけていますが、やけに寒く感じることも。
寝つきと夜中の目覚めの問題にもいくつか理由があると思いますが、
精神的な面への影響も言われているので、関連があるかもしれませんね。
早く穏やかな気候にならないかなあ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL