漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

溺れそうになる正しいうがいのやり方

2005-12-27 | 漢方的話題
インフルエンザが蔓延しつつあるこの頃。薬局に送られてくる冊子に、うがい、手洗いの正しいやり方が書いてあった。

うがいは、天井を向いて5秒間ガラガラとやる、それを3回繰り返す。のどの奥のほうまで洗浄し粘膜の乾燥を防ぎ清潔に保つのだそうだ。

さっそく「のどの奥」を意識してやってみたら、あやうく溺れそうになった。しかも「5秒」というのが案外長く、途中で息継ぎしたくなる。上を向いたまま息をつこうものなら、また溺れる。
こりゃ、うがい一つするのに、練習が必要です。

また、殺菌作用の強いうがい薬よりも、塩水やお茶などでやるほうが粘膜にやさしいのだそう。
板藍茶(うがいしながら飲むお茶)

手洗いは、石鹸でつめのかいだまでしっかり洗い、流水で20秒以上洗い落とすと良いのだそうです。
やってみてください。

【ウイルスから身を守る5か条】
外出時はマスク
栄養のバランスのとれた食事
適度の運動と十分な睡眠
室温&湿度をしっかり調整
疲れたときは人ごみを避ける

すぐできる冬風邪&インフルエンザ対策


『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mr.&Mrs.スミス(映画) | トップ | おめでとう!(妊娠と出産・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL