漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

ハマスゲ・香附子(こうぶし)

2009-07-08 | 薬草・生薬
「ハマスゲ」を散歩中の畑の片隅に発見しました。

もう少し穂が伸びると、線香花火そっくりになるので、
子供のころは逆さに持って「はなびー!」とか言いながら遊んだものです。

これを「カヤツリグサ」と覚えてしまっていたのですが、カヤツリグサ科です。
子供にとっては「カヤツリグサ」のほうが覚えやすいし。

で、例によって、子供の頭の中で
「この草でどうやって蚊帳を吊るんだろう???」
とぐるぐる考えあぐねたものでした。
実際、ハマスゲを採って帰り、こっそり蚊帳を吊ってみようとしたし
結果はわかってるのに(なのでこっそりやってる)
それでもやってみなきゃ気が済まない子供のころ。

    

この根っこはしつこく蔓延り、雑草として悪者使いされているようです。

しかし、この根っこが生薬の「香附子(こうぶし)」だったわけで、

「あ、これ線香花火じゃん」
えらそーな分厚い生薬の教科書と幼いころの思い出が一致したときの快感といったら・・・
まるで教科書を征服したようなルンルン気分。

香附子(こうぶし)
味:辛・微苦・微甘・平  帰経:肝・三焦
行気薬、つまり気の流れを整えるので、いらいら、怒りっぽい、憂鬱、胸脇部が張って苦しい、腹が張る、などの症状、また月経不順や月経痛に用いられます。
「気病の総司、女科の主帥」と称される。

香蘇散(気分が優れず頭痛や食欲不振、めまいなど)
川キュウ茶調散(頂調顆粒)(カゼ、血の道、頭痛)
冠元顆粒(中年以降または高血圧傾向のあるものの頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸)
などに配合されています。

漢方の空間ファインエンドー薬局
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸田文(こうだあや)「きも... | トップ | 糖尿病その1・最近の選択肢 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハマスゲ。 (よの字)
2009-07-09 15:51:21
へぇ、ハマスゲというのですね。
子どものころからよく見かけていましたが、
これが生薬とは!

子どもの頃にそれに気づいたやくさんはすごい!
おうちに薬草辞典があったということは、やくさんの
ご家族も薬剤師さんだったとか?
よの字さん、薬剤師になってから (やく)
2009-07-09 18:28:07
言葉足らずの文章で誤解させてしまったようです。ごめんなさい。
確かに子供のころから雑草とか花の辞典をみるのは好きでしたが、
学生になって薬学の勉強をするようになり
得体のしれない(?)と思われていた漢方が、
とても身近な草木から成り立っていることを知ったのです。

いまでは、漢方薬は料理のレシピにも匹敵すると思っています。
それほど漢方は身近なものです。
不謹慎にも・・・ ()
2009-07-09 19:07:16
ハゲマス!?育毛の薬の素かと思ってしまいました。
ハマスゲでしたね。

私も子供の頃に、原っぱで、よく見た記憶があります。
こんなに役立つ植物だったとは!
そういえば、最近、原っぱってなくなりましたね。

藁にもすがるって言いますが、香附子におすがりしたいです。
翠さん、絶好調 (やく)
2009-07-10 19:10:25
ハゲマス

そうなんです。原っぱがなくなりました。
昔は外に飛び出せばいろんな雑草があったので
必然的にそれで遊ぶようになっていました。
今は、じっと目を凝らしながら探さないと見つかりません。

ちなみに、このハマスゲは浜に多く自生していたのでついた名前ですが、今はゴルフ場などの雑草として悩みの種になっているらしいです。
またまたよの字です~ (よの字)
2009-07-14 09:59:21
記事とは関係ないのですが、プレゼント企画
やってます。
よろしかったら遊びにきてくださいね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL