漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

パンズ・ラビリンス(映画)迷宮は人の世

2007-10-16 | 映画
「パン(牧羊神)の迷宮」って題名ですが、
観終わってから、よーく考えると、
パンが住んでるおとぎの国より、現実のほうがつらくて悲しくて残酷で、出口のない迷宮だってことですね。
おとぎ話を借りてこの大いなる皮肉は、スペイン映画らしいかも。

スペインの内戦がもつれ込んで山奥でゲリラと軍隊が泥沼の戦いをしているという中に、少女オフェリアと継父の子を宿した身重の母が連れられてくるところから物語は始まる。


継父はその軍の大尉。すごく冷血で惨忍なことを平気でする人間。
そして思わず眼を背けたくなるような(実際そむけた)残酷な殺戮シーン。
こりゃ、ちょっと子供向けじゃないぞー。
でもこれが人間の世界なのだ。

最後は、
試練を越えて無事に(?)命を落とし、人間の体から離れたオフェリアはおとぎの国に戻る。
おや?かつて姫が住んでいた国は地底の光のない国だったんじゃなかったっけ?そして光を求めて地上の人間の国に行ってしまったのでは?
この光り輝く美しい宮殿にいるオフェリアをどう理解するかによってかなり映画の印象は変わってきますね。

そして、
しかし、
つらくて悲しくて残酷な人間の世界に残された人たちは、これからどう生きてゆけばいいのだろう。
「必ず助けに来る」といったのにオフェリアを救い出せなかった彼らは・・・、
生まれたばかりの赤ん坊は父親大尉の呪縛からは逃れられるとしても、父母も姉のオフェリアもいないんだよ。

「現実はおとぎ話のようにはいかない・・・」
なんだか、とってもさびしく心細くなってしまった。


★★★☆  もっと明るい夢が見たかった・・・

スペイン
監督 : ギレルモ・デル・トロ
監督・製作・脚本 : ギレルモ・デル・トロ
出演 : イバナ・バケロ 、 セルジ・ロペス 、 マリベル・ベルドゥ 、 ダグ・ジョーンズ 、 アリアドナ・ヒル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の空 | トップ | 瑕疵(かし)(今日のニュー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして♪よろしくです!! (くろねこ)
2007-10-16 22:03:49
コメントありがとうです!!
ファンタジーで連想するような夢の世界は
ここにはありませんでしたね・・。
彼女の幻想世界が迷宮であることと残酷な現実が
奇妙に繋がって・感嘆してしまいました。
ラストも・・やっぱ悲しかったですよね~
こんばんは。 (ジョー)
2007-10-16 22:23:39
そう、明るい夢が見られる世の中であってほしいですよね。でも、映画としては素晴らしい出来栄えでした。
くろねこさん、いらっしゃいませ (やく)
2007-10-17 13:58:21
この作品ちょっとしたカルチャーショックを受けたかもしれません。
うきうきした物語のつもりで見にいったので、まだまだ気持ちの整理がつきません。
個人的には、母親のお腹に耳をつけてオフェリアが胎児に向かって頼みごとをするシーンに涙が出ました。
ジョーさん、いらっしゃいませ (やく)
2007-10-17 14:05:15
じわじわとこの作品のすばらしさが湧いてきているようです。昨日よりも今日のほうが・・・
む、む、む、悔しいほどにいい作品じゃないか。
平和ボケしている私には、伝わるのに時間がかかっているようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。 {/kaeru_en4/}まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは。東京人でも、なんか、おのぼりさんになった気分になるぜ。 {/hiyo_en2/}迷宮、すな...
パンズ・ラビリンス (★Shaberiba ★)
ありのままの現実は,生きるにはつらすぎた。 だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した・・
パンズ・ラビリンス(映画館) (ひるめし。)
この無垢な魂が、世界を変える。
パンズ・ラビリンス (めでぃあみっくす)
アカデミー外国語映画賞を逃したとはいえ、やはり前評判が高いだけあって見終わってから時間が経つにつれ心に来るものが徐々に増えていく不思議な魅力を持ったダーク・ファンタジーでした。恐らく映画ファン以外の方にはあまり理解されないタイプの作品かも知れませんが、...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...