漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

ショウガの効果(主に乾姜)

2009-01-27 | 薬草・生薬
生のショウガの効用に続いて、干したショウガ(乾姜)の効用についてです。

乾姜(かんきょう)は生のショウガよりも温める効果が高くなります。

もしも余ってしまいそうなショウガがあったら、日干しにして保存しましょう。
これを刻んで料理やミルクティーに入れると体が温まります。


乾姜が配合された処方の例をご紹介してみます。

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)

60代の女性で、
ふだんからむくみやすいタイプ。全体的に皮膚がぷよっとした感じです。
春先はめまいを起こしやすく、夏、汗をかく時期は比較的元気です。
季節ごとに漢方対策を変えますが、
冬、底冷えするようになると、腰のあたりが冷えてたまらなくなります。
苓姜朮甘湯をお湯に溶かして服用すると温まって調子がよくなるそうです。

この処方は、体の水はけを改善しながら、乾姜でしっかり温めるというレシピです。


人参湯(にんじんとう)

名前からイメージすると人参が効いてる、と思いがちですが、
この処方のメインは乾姜です。

50代女性。冷房にあたりすぎたり、冬場の寒さで胃腸が冷えて、
腹痛や腹張を起こすと、すぐに服用していただいています。
エキス細粒を熱いお湯に溶かして服用するとお腹がじわっと温まります。
以前、お年寄りのしゃっくりがなかなか止まらないので何とかしてほしいと
言われ、タイプを伺うと
とても体が冷えているというので、人参湯を温かくして服用していただいたところ
一服で解消し、とても喜ばれたということもありました。

漢方の空間ファインエンドー薬局
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショウガの効果(主に生のシ... | トップ | レボリューショナリー・ロー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
漢方薬 (よの字)
2009-01-30 11:19:07
漢方薬って何か特別なお薬のような気がしてましたが、こうしてお聞きしていると、全部身近なものから作られているんですね。

食べ物がお薬になるって不思議な気がします。
でも逆に安心しますね。
もとは食べ物だと思うと身体に悪いものではないだろうし。
西洋のお薬は何から作られているかわからない怖さがありますが。

日常の食事をもっともっと気をつけたいな、と思いました。
よの字さん、こんにちは (やく)
2009-01-30 18:17:50
寒さの峠もあと少しでしょうか。

スパイスや調味料をちょっと理解するだけでも
家庭の漢方家になれますよ。
温かい料理で、エネルギーを充電してくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL