漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

無月経とダイエット:食べる=太る?偏見をやめよう

2017-04-20 | 生理不順・無月経・不正出血
生理が来なくなるきっかけのひとつに、ダイエットがあります。
言わば栄養失調状態が数か月にも及ぶのですから、特に思春期頃の
生殖系の発育に与える影響は想像以上に大きいのです。
さらに、子宮卵巣系の発育や周期的活動には、脳も関与しているので、
ダイエット当時より体重が回復していたとしても、
食事をすることへの偏見が改善されなければ、なかなかスイッチが入りません。

しかし、食べることへの罪悪感が強く刷り込まれている人が少なくありません。
そんな人の食事パターンで多いのが、
朝食を食べない
お腹がすいたら菓子パンなどおやつ的なもので済ます
昼食、夕食もきちんと食べない(罪悪感から食べられない)ので
結局夜中にお腹が空いて手近なおやつを食べたりします。
朝にお腹がすかず、体はけだるく、起床時間が遅くなってずるずると生活時間がずれこんできます。
悪循環です。

本当はこのような食習慣のほうが太りやすいのです。
空腹時間が長くなるとそのあと食べたものは貯蓄へと回されエネルギーとして使われない
空腹を甘いもので満たすと血糖の急激な変化を繰り返してホルモンバランスが崩れやすい
朝食を抜く⇒日中力が出ないのでだらだら過ごす⇒夜更かしをする・夜食を食べる⇒メラトニンの働きが乱れ太りやすくなる。

無月経の対策として胎盤エキス(プラセンタ)をよく利用しています

早寝早起きをし、一日三食規則正しい時間に、栄養もすべてそろった食事をする方が、
新陳代謝もアップし、脳もリラックスするのでホルモンバランスが調い、太らないのです。
実際、無月経の漢方対策をされている方々の回復は、食生活が改善できている人の方が驚くほど早いし太ることもありません。

睡眠とメタボの関係

・関連カテゴリー
生理不順・無月経・不正出血
子宝・妊娠体質つくり
うつ・イライラ・気持ち

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅鳥、夏鳥、冬鳥たちが羽を... | トップ | レンセンソウ(連銭草)カキ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2017-04-21 01:22:33
俺は朝食は食べずに間食もあまりしません。
ただ一度に食べる量が結構多いかも。
こういうのもあまりよくないんですよね(汗
けんさんへ (やく)
2017-04-21 17:56:43
食事の栄養バランスがとれていれば大丈夫だと思います。
年齢と共に、多少は太りやすくなるかも(^_^;)
Unknown (しましましっぽ)
2017-05-17 17:17:13
はじめまして。
34歳で1人目出産。産後生理が来ず、1度ピルで生理をおこしましたが、やはり自然には来ません。ピルが体を受け付けなく、ピルを飲み続けるません。現在39歳です。
無月経にいい漢方は何でしょうか?
今、胃神我述錠を半年服用していますが、効果ありません。
しましましっぽさんへ (やく)
2017-05-17 18:02:49
胃の不快症状があれば胃神我朮錠で改善されるかもしれませんが、
無月経を対策したい場合は、これだけでは難しいでしょう。
是非、直接相談に行ける婦人科に詳しい漢方薬局を見つけて
よくご相談なさってみてください。
産後の体力回復からまず対策すると良いかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL