漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

生理前に便秘になるのはなぜ?

2014-07-02 | 婦人科・嚢腫・筋腫・更年期
その答えは、黄体ホルモンの分泌が増えるから。

排卵から生理前にかけて(生理前約2週間)は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えます。
黄体ホルモンは、受精卵が着床しやすいように子宮内膜の血流を増して柔らかく厚い内膜をつくるほか、妊娠に備えて水分や栄養分を体内に蓄える作用もあるので、腸からの水分吸収が活発になり大腸の蠕動運動も抑えられ、その結果大便が固くなり出づらいのです。
したがって生理前のある程度の便秘は、ホルモン分泌が正常に行われている現れでもあります。

けれども気分よく過ごしたいですね。対策しましょう。

腹筋を鍛え便を押し出す力を高める
腹筋運動やウォーキングで骨盤内の血流も促しましょう。
「の」の字にお腹をやさしくマッサージするのもお勧め

ひと肌温度のミネラルウォーター(硬水)を飲む
ミネラル(主にマグネシウム)が多いと腸内に水がとどまりやすくなります。
水分補給時にはひと肌くらいのミネラルウォーターを。
冷水の飲みすぎはお勧めしません。胃腸が冷えるとほかの臓器も冷えてしまいます。血流悪化を招くので、要注意。

もちろん食物繊維やオイルも必要
野菜を料理に多く取り入れてましょう。
タネのものは植物性オイルが豊富で便のかさつきが改善されます。
ゴマやアーモンド、クルミなどのナッツ類を料理に加えると良いでしょう。

漢方にも身体にやさしい便秘対策があります。
気の流れを整える(理気剤)漢方で腸の動きがよくなったり、補陰補血剤で便の潤いが増しすべりがよくなったりもします。
よく相談して、体に負担のない漢方対策を見つけてみてはいかがでしょう。


一昨日朝、薬局向かいビルの窓にツバメたち。どうやら巣立ちしたばかりの模様。総勢13羽。
頑張って生きろよ!


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
女性のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出産後無月経を克服して第二... | トップ | オモダカ(沢瀉)田圃の雑草... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL