漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

精子と加齢の関係・今日の新聞記事から

2016-10-12 | 子宝・男性の養生
不妊の問題に関して、
もっぱら言われてきたのは女性の卵子の老化
しかし男性も中年以降は精子の質が落ちるという事実が新聞記事に

「父親の年齢が子のゲノムに影響して病気のリスクを高める可能性はある」


遺伝子読み取りミスが多くなる中年以降の男性精子によって、
生まれる子の双極性障害が増える危険性があるという記事
10月12日朝日新聞朝刊

やっとこの問題が一般に取り上げられるようになったのは大いに歓迎

以前にも書いたかもしれませんが、漢方不妊対策で、
やっと腰を上げた夫が漢方服用を始めたら
すぐに妊娠して元気な赤ん坊に恵まれたという症例は多々あります。

不妊対策は夫婦仲良く取り組む問題です。
世の男性諸氏、元気なジュニアを望むなら、老化予防は必須です。若々しい体づくりを。

全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌホオズキ(竜葵)、オナ... | トップ | 女性の不妊治療を受けやすく... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゲノム (yuki)
2016-10-13 11:07:25
初めて見る言葉の双極性障害とゲノムを検索しました。
DNAの全ての遺伝情報なんですね。
若々しい体力作りと適齢期も重要なのですね。
生まれてくる子の為にも、家族そろって読むべき記事ですね。
情報をありがとうございました。
yukiさんへ (やく)
2016-10-13 13:52:46
コメント感謝します。
ゲノムと双極性障害、
検索してくださってありがとうございます。
不妊治療や児童教育などの現場では
取り上げられることが多くなってきている
単語かもしれません。
元気な子供が育つ環境づくりは、まず私たちが健康であることでしょうね。

この日の新聞にはもう一つ不妊問題の記事がありました。それは次に。
ちょっと重い問題が続きますがあしからず。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL