漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

不妊原因はどっち?

2008-08-27 | 子宝・男性の養生
8/26朝日新聞夕刊から
「不妊原因 半数は男性」なのに 意識調査 低い正解率
(25~45才の不妊について悩んでいる既婚男女1015人のアンケートより)

■「半数は男性に原因がある」と正解したのは
 男性29.7% 女性33.7%
(男性が原因の割合は20~30%と思っている人が多い)

■不妊検査を
夫婦で行きたい 男性63.6%
一人で先に行きたい 男性9.1% 女性59%
パートナーに先に行ってほしい 男性25.1% 女性0.6%

つまり男女とも不妊の原因は女性にあるという考えが依然根強く、ましてや男性側の原因についての知識はほとんどないのが現状。男性は検査に行きたがらず、女性は自分が原因と考えて医療機関に足を運ぶ傾向。

         

当薬局は妊娠しやすい体づくりの漢方対策を行っていますが、お客様の中にはご主人には内緒で奥様だけ熱心に漢方対策をなさっている方もいらっしゃいます。


「二人で努力しましょう。男性もこんな漢方対策があるからご主人に話してみて」
というけど、
「たぶんそんな話はできない・・・」
と言われてしまうこともしばしば。
「ならば、疲れがとれるからこれ飲んでってビタミン剤みたいな感覚で毎日手渡しすれば・・・」
「そうしようかな・・・」
「・・・」

そんなに気をつかう状態を長く続けていると、二人の気持ちが離れてしまうことにもなりかねない。
いったい夫婦って何だ。

もしもなかなか妊娠せず、そして子供を望んでいるなら、まず夫婦二人でよく話し合い気持ちを確かめたら、二人で不妊検査を受けてみましょう。

その結果、たまたま明らかな原因が見つからなかったほうも、より優れた子孫を向かえるために、二人で努力することをお勧めします。

それが夫婦の思いやりってもんでしょ。
男性諸氏、もしも奥様が話をしたら逃げずにまっすぐ気持ちを受け止めてね。

不妊症と漢方薬

漢方の空間ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごろ寝する方向は南北 | トップ | ヤブガラシ・花の名前 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不妊について (ちか)
2008-09-07 14:14:26
私は関西在住の38才子宮筋腫もちで最近不妊治療をはじめました。
ホルモンの薬を飲みより、漢方薬で改善できたらと思っています。
関西(神戸~大阪)でお勧めの病院がありましたら教えていただきたく思いコメントしました。
よろしくお願いします。
ちかさん、いらっしゃいませ (やく)
2008-09-08 10:24:15
申し訳ありません。病院については、あまり詳しくありません。お役にたてなくてごめんなさい。
ネットなどで調べてみるのもいいかもしれませんね。
当薬局のような周期にそった漢方対策を行っている薬局でしたら以下のページ内で探せると思います。ご参照ください。
http://www.chuiyaku.or.jp/shop/kinki/osaka.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL