漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

この頃イライラする・漢方薬対策(気のめぐり改善)

2009-03-28 | うつ・イライラ・気持ち
なんとなくイライラしがちなこの頃。

ここ数日、来局される方々の訴えにも、そんな話題が多くなった。

たとえば

・ふだんはもっと冷静に話をするのに、なぜかイラっときて、ひどい言葉をいってしまう。
・イライラして「片頭痛」が起きる。
・年度末で忙しく、もう「パニック」。夜も「寝た気がしない」。
・忙しいと、「頭の中がワーッと」なる。
・イライラすると、無性に「こってりしたものが食べたく」なる。
・やけに「ゲップ」とか「おなら」が出て、「腹が張って」くるしい。
・「のど」とか「胸のあたり」に何かが詰まってる感じがして、苦しい。
・胃痛や腹痛をおこす
・生理周期の「リズム」が狂っちゃった。

春「木の芽どき」はこのような症状があらわれやすいと言われています。
イライラは、精神症状だけにとどまらず、
胃腸の動きや、生理周期のリズムに影響を及ぼしがちです。

漢方対策としては、体の弱い部分を補うとともに、
「気の流れを整える対策」を行います。

加味逍遥散(肝鬱血虚) 開気丸(肝脾不和) 星火温胆湯(胆胃不和湿熱)
柴胡加竜骨牡蠣湯(肝鬱化火) 半夏厚朴湯(痰気鬱結)
竜胆瀉肝湯(肝胆実化湿熱) などなど

ちなみに今日は、「開気丸」の症状の人が多かったです。

そうそう、養生法としては、
まず戸外で気分転換、そして食べ物は香りのあるものを。
春が旬の食べ物にはちゃんと、ちょっと癖のある香りを持つ野菜が多くなります。
旬を食べれば、体はその季節にあった調子を取り戻すことができるのでしょうね。

漢方の空間ファインエンドー薬局
漢方の空間ファインエンドー薬局  気滞(気って何?)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンシュユ(山茱萸)の花 | トップ | 花見in千鳥ヶ淵(2009) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL