漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

飲む宝石?心安らがないときに

2012-02-14 | うつ・イライラ・気持ち
宝石も飲んでしまう漢方、恐るべし。

いろんなものを試した人がいるものだと思う。
だけど、ある種の土が漢方材料として本に載っていて感心したことがあるけど
TVを見ていたらどこかの外国で食材として土を売っている日常シーンがあった。
世界はいろんなものを食すのだなあ。

で、
石類は気持ちを落ち着かせ怯えを除く(重鎮安神剤)作用がある。

重鎮安神剤にはたとえば、琥珀、珍珠(真珠)、石英(水晶)、
竜骨(大型動物の化石)、牡蠣(カキの貝殻)、磁石、朱砂など。

日本でも竜骨、牡蠣は含まれている漢方薬もあるけどそれ以外はない。
(Caを補うサプリメントで珊瑚を配合したものはある)

しかし栄養学的考えればこれらはまさにミネラルたっぷりで
ミネラルが少ない土地、日本に暮らす私たちにはぴったりかも。

ミネラル不足だと気持ちが安定しないといわれる。
たとえば、
イライラする、じっとしていられない、ヒステリー、動悸、
寝つきが悪い、すぐ目が覚める、怒りっぽい、ストレスで生理不順
などなど、
それにこれから春に向かってどんどん「陽気が盛ん」になると、
煽られちゃってやる気満々なのはいいけどなんだか心安らがない

意識してミネラルの多いものを食べたほうがいいよね。
といっても宝石をしゃぶるわけにもいかず・・・・

とうことで、珍しいサプリメントが発売されました。
ミンハオ
琥珀、珍珠母、短梗五加果を配合。

パワーストーンにすがるだけじゃなく、こんなのもいいんじゃない?


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
女性のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
サプリメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢方で不妊症克服・流産経験... | トップ | 桜庭一樹著「赤朽葉家の伝説... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL