漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

女性の不妊治療を受けやすくするための企業支援・新聞記事から

2016-10-13 | 子宝・妊娠体質つくり
皆さんはこの記事にどんなことを思いますか?

不妊治療、仕事と両立へ制度創設…政府方針(10/12読売新聞記事)
政府が2017年度から、仕事を続けながら不妊治療を受ける従業員を支援するための制度創設に乗り出すことが分かった。
現在の不妊治療に対する助成制度だけでなく、治療と仕事の両立に向けた企業支援の枠組みを創設し、女性の社会進出を阻害する要因を取り除きたい考えだ。
頻繁な通院が必要な不妊治療は仕事との両立が難しく、従業員が退職を余儀なくされるケースが少なくない。政府は新たな制度を、安倍内閣が掲げる「働き方改革」に位置づけたい考えだ。17年度は企業や従業員を対象に、不妊治療に関する初の本格的な実態調査を実施し、両立に向けた課題を洗い出す。18年度以降、不妊治療に利用しやすい勤務体系や休暇制度などの両立支援の枠組みを策定し、導入した企業に対する支援制度などを創設する方針だ。


思い浮かぶことをアトランダムに書いてみる。

・まず不妊治療すればいつでも子供を授かることができると勘違いしてはならない

・不妊治療がオープンになって、周りの人たちの意識改革が進めばよいなあ。いろんな意味で。

・職場に気を使う女性が多いのは確かだが、無関心な夫や無理解な姑や自分の両親にさえ気を使いながら治療を受けている女性もいる。夫側に問題がある不妊も多いのに、そんな中で職場に「不妊治療に行ってきます」って言えるものなんだろうか。それはかえって女性のストレスにならないだろうか。

・この記事は女性に向かって、働きなさい、子供も産みなさいと言っている
女性の社会進出、その言葉が重荷になって自然な発情(恋愛感情や生殖意識)を委縮させていないか。それは男性にも伝播すると思われる。

・結婚の形は様々でどれをも否定する権利はない。夫婦なら子供を持つのが正しいということはないのだし。

・そもそもこれだけ不妊が問題となるのは晩婚化が原因。
生殖機能は年齢と共に衰え30代はすでに下り坂。なのに初婚年齢はほぼ30歳
仕事は乗ってくる頃だし、もう少し頑張ってからなんて言ってると妊娠率はあっという間に一けた台%になる

・子供の教育段階で何とかすべきなんじゃないだろうか。
人として動物としての生き方、生殖のしくみを理解すること。
女性は子供を宿す体であるという認識、男性はこれを守る存在であること。
それに昔からの養生。女性は体を冷やしちゃいけないなど基本的な知恵も消えつつあるのが現状だ。

・生殖的高齢となってしまった夫婦が子育てを望むなら、オープンな養子制度も積極的に作ってほしい。

現状の問題の多さに頭の中でいろんなことがぐるぐる渦巻いてしまう。
皆さんはどう思いますか?


愛らしいミゾソバ溝蕎麦(タデ科イヌタデ属)
葉の形が牛の顔に似てウシノヒタイ(牛の額)とも呼ばれる。牛の額は狭いのか広いのか?


全国実力薬局100選子宝部門
漢方家ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬
アトピーらんど

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精子と加齢の関係・今日の新... | トップ | やっと晴れた十四夜 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2016-10-14 01:24:34
うちのお客さんにも不妊治療わされている方がいます。
その御夫婦は男性のほうに少し問題があるとか。
お金も結構にかかるそうで大変そうです。

子供が欲しい御夫婦に不妊治療という手段があっていいと思うけど、子供がいないことを引け目に感じなくていい世間が必要な気も。
という俺はその前の結婚ができないことを引け目に感じているけど(笑
Unknown (simosan)
2016-10-14 10:01:21
おはようございます。

女性の社会進出は確かに必要であるし
地位の向上も分ります。

でも子供を宿し産むことの出来るのは
女性の特権で男性では出来ません。
であればそれに協力し、産みやすく、そして育てやすくするのは男性の義務と思います。

女性を家庭に縛り付ける気持ちはありませんが、
妊娠、出産、子育て、と安心できる社会であるべきと思います。

因みに待機児童の問題がありますが、
せめて三歳ぐらいまでは親若しくは身内が育てるのが自然であると思います。

今は職場で活躍というより
生活費や遊興娯楽費の確保のための仕事が多いのではないかと思います。

一億総活躍は裏を返せば一億総奴隷化
・・・そんなのおかしいですよね。
Unknown (yuki)
2016-10-14 13:09:12
人を好きになって、好きな人の子を育てたい。
でも、色々な理由があって授からないカップルがたまにいらっしゃいました。
そういうご夫婦は、お互いがかすがいになってとても仲睦まじいものです。
たとえ未婚の方がいても日本国にとっては問題ない数字だったはず。

現代はそんなことでは済まされないほど出産率が低下しているのですね。
私のまわりでも、時々聞く治療です。
とても、辛い治療と聞きました。
そんな辛い治療をしないで済む世の中にしたいものと思います。
出産、育児は昔と比べると男性もずいぶん協力的になっていますが、適齢期がくる前の段階で、常日頃から勉強できる機会があると良いですよね。
好きな人の子を出産する事を国にとやかく言われるのって嫌ですね。
日本は、いつの間にかそんな国になってしまったのですね。そんな日本になってしまったのは、私達高齢者の責任でもあります。
けんさんへ (やく)
2016-10-14 17:19:12
そうなんですよ。
結婚するとかしないとか、子供がいるとかいないとか、世間体がどうとか
いろいろあるけど、周りの寛容な心も必要ですね。
それに政府の方針で生き方が左右されるっていうのも気持ちがスッキリしませんね。
simosanさんへ (やく)
2016-10-14 17:27:04
幼い子供にとってどんな環境がいいかを大人は優先しなければならないでしょうね。
それを政府は、子供を預けてまでも働くことを推奨していますよね。
政府が勧めると、それが「正しい」になってしまうのがいやだなあと思うのです。
yukiさんへ (やく)
2016-10-14 17:37:48
高度成長、高学歴、モーレツ社員、そんなことにうつつを抜かしていたら
恋愛して好きな人の子供を産み育てるという生き物としての価値をどこかにおいてきてしまったかもしれません。
政府の方針は人口減少が背景にあるのでしょうが、
子供がいなくても非難されることはない世間であるようにしましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL