漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

ツリガネニンジン・南沙参(北沙参はハマボウフウ、砂仁はシュクシャ)

2012-10-03 | 薬草・生薬
山と畑の境を通る道にひっそり可憐な花。ツリガネニンジンのようです。
ネットで写真をあれこれ調べましたが、園芸種も多く花の付き方がさまざま。変種が多いそうです。


これはずいぶん華奢で色合いも薄く透き通るようです。
微かに鐘の音が聞こえてきそう。



ここから生薬の、ちょっとこんがらがる話。

ミナミシャジン
ツリガネニンジンおよび同族植物の根っこは生薬名を『南沙参』といい、清熱去痰作用があり肺熱の咳に用いるそうですが、処方としてあまりお目にかかりませんね。

キタシャジン
これに対して『北沙参』は「浜防風ハマボウフウ」の根っこで、清肺熱・養肺陰、養胃生津作用があり『百潤露』の成分のひとつ。沙参麦門冬湯は有名な処方。
のどの粘膜が渇きやすい人にはいい処方です。

シャニン
「シャジン」と音がにている「シャニン」(砂仁・うっかりシャジンと読んでしまう)は
『縮砂(シュクシャ)』のことで、ショウガ科ヨウシュクシャの種子。胃腸の漢方薬に配合されていますが、理気安胎作用があるので妊娠したときに使える生薬。参馬補腎丸に配合されています。
不妊症で服用している人は覚えておきましょう。


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
生理・不妊症・更年期・婦人科疾患のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒガンバナと認知症薬レミニール | トップ | ハマスゲ・香附子(コウブシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL