漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

アトピー患者に汗をかくなはもう古い

2014-08-18 | 美容・アトピー・肌トラブル
『アトピーの一部は「発汗」と「洗い流し」で著名に改善』という発表がありました。(参考:日経メディカル2014/07/14)

毎日汗をかくようにしたらアトピー性皮膚炎が改善する例があるというのです。

発汗機能を復帰させることにより、汗の作用つまり体温調節、保湿、感染防御機能が改善され皮膚が健康になる力がアップするというわけ。

たとえば皮膚バリア機能を構成する皮脂膜は、汗と皮脂が混じり合うことで作られ、また、角質層の水分は汗による部分が大きいとのこと。

そうは言っても汗をかいた後は痒くなる。
そして痒くなるのを恐れて極力汗をかかないようにしてしまう。
その結果正常な発汗機能はどんどん低下して肌の防御機能は落ち、悪循環に陥ってしまいます。

汗をかいたら、濡れたタオルでやさしくふき取るか、大量にかいたときはぬるま湯で洗い流すのがよいとのこと。
その後は保湿剤でスキンケアしておくこと。

汗をかく不快感と、発汗機能回復のメリットは別のものと考えなければなりませんね。

まだ残暑はありそう、かな?


漢方の空間ファインエンドー薬局HP
女性のための漢方薬対策
肌トラブルの漢方薬対策

漢方家ファインエンドー薬局フェイスブック いいね!クリックどうぞよろしく
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那須、雲の中の茶臼岳を行く | トップ | こまめに汗を拭いたら涼しく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL