漢方薬剤師の日々・自然の恵みと共に

漢方薬局の漢方体験(不妊や生理不順など)、漢方の知恵ブログ
漢方家ファインエンドー薬局(千葉県)

更年期でカッと爆発を漢方薬対策で

2009-07-01 | 婦人科・嚢腫・筋腫・更年期
50代女性、
「このところ、気持ちが抑えられずに爆発してしまうの、
 私も漢方をのんだらいいのかも、って思って・・・」

以前、娘さんの生理不順でご相談いただいたこのとある方で、
漢方薬を服用した娘さんはその後とても元気になったそうです。



更年期と呼ばれるころ。
日々、体の衰えを実感し、同時に精神的にも「許容力」みたいなものも小さくなる。
《健全な体に、健全な精神》、体が弱ると気持ちも弱るようです。

「そうなんだ。私、頭がどうかなっちゃうのかと落ち込んだりしたけど、体と気持ちってつながってるのね。」
「だけど夫とか家族は、そんな私に気づこうとしなくて。」
「《ヒステリーじゃない?》とか《ウツでしょ、それ》とか冷たく言うだけで・・・」

人生いろんなステージがあるのでしょうが、
更年期と呼ばれるころは、思春期の次くらいにデリケートな時期なのかもしれません。

それに、そんな更年期は男性にもあります。
なので、お互いに思いやりながら、気づきあうことが必要でしょう。
(と書いてはみるものの、長年夫婦で顔を突き合わせていると、
なかなかそんなやさしい気持ちになるのは難しいけど

     

血虚タイプで現状ではやや熱がこもった状態もあったので、
婦宝当帰膠と加味逍遥散を服用していただきました。

2週間ほど服用された後再度来局
ほてり気味の顔色がやや落ち着き、舌の色も良くなっているようで、
「いいみたい」
と同じ処方を続けていただくことに。

冷えやすく血流が悪化しやすい体質なので、今後、ほてり感が収まってきたら、
処方を変えたほうがよいかもしれません。

女性の更年期   男性の更年期
漢方の空間ファインエンドー薬局
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グリムスの木・たいまつ? | トップ | 幸田文(こうだあや)「きも... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
更年期。 (よの字)
2009-07-02 13:47:06
更年期には、まだ少し時間があるのですが、
ここでもやっぱり効果があるのですね!

確実にやってくるその日のために、漢方薬の
効能を、しっかり覚えておきたいと思います。
切実です ()
2009-07-02 20:31:48
最近、ホルモンバランスと思われる情緒不安定に、
けっこう振り回されています。
涙もろい・・・実は、マイケルの訃報でさえ・・・

これが更年期なのか、母が亡くなった後に相続大騒動のストレス過多で、不眠症になった時期があり、そっちの方なのかわからずに、不安でもあります。

プログの世界をのぞいて見たら、鬱でもがいている人の多い事。
そういう診断を下されるのがいいのか、知らぬままに治療するのがいいのか、瀬戸際を歩いた身としては、かなりナーバスな問題です。
世間の見る目って、やっぱり色々あると思いますし、自分は弱いと思えて自信喪失になりますしね。

だからこそ、ホルモンバランスの崩れて来る更年期こそ、原因が判っているのだから、鬱と片付けず、別枠で病名をつけて欲しいなーと、思う今日この頃です。

こういう場合、予防的に服用しても良いのでしょうか?
よの字さん、いらっしゃいませ (やく)
2009-07-03 16:50:28
少しでもお役にたてれば幸いです。
でもよの字さんにとっては、当分先?
うらやましいです。
翠さん、診断名 (やく)
2009-07-03 17:29:40
ほんとうにそうですね。
「うつ」と診断されてがっかりする人もいるし、(うつとうつ病は違いますが)
「まあ更年期でしょう」と言われて晴れ晴れと納得する人もいたりします。

でも、女性ホルモンが減ったとか自律神経失調症だとかと言われても、結局そんな自分を責めてしまう人も多いようですね。

そんなとき、《体全体を元気にしよう》という発想転換っていいんじゃないかと思います。
中医学(中国の漢方医学)では、成長とか老化に対する追及がしっかりなされていて、いろんな処方やふだんの養生が書かれています。
そのことは《ちょっとしたこと》と思われることかもしれませんが、
結局そんな日々の過ごし方がうまくいけば健康へと導かれるようです。

それは、まさに予防学。
漢方薬も体のタイプがその処方とあっていれば予防的に服用することもできるでしょう。

だけど、だけど、大騒動はだれでもめげちゃいます、きっと。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
女性の更年期障害はいくつから? (更年期障害トータル治療)
更年期障害と言えば、閉経を迎える年齢辺りで起こる症状…と一般的には理解されているようです。しかし、最近では閉経とはまだ程遠い30代の女性であっても、更年期障害の症状が起こることが増えています。いわゆる、若年性更年期障害ですね。そもそも更年期障害は、閉経...
更年期障害の悩みを解決 (更年期障害の悩みを解決)
更年期障害は一人で悩まず、更年期障害の症状を自分や家族などに理解してもらうことが不可欠です。