ENDOLESS WALTZ

サラリーマンになってしまった。これからどうする?うぅ・・・ん

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第46話 「真実の歌」

2005-09-05 23:25:59 | Weblog
万博から帰ってきました…暑かったです…
9月に入り来場者数も増加したらしくて、めっちゃ人が多かったです。企業パビリオンなんかは300分待ちとか。


おいおい、300分あったら、人間なんでも出来るよ

その300分を、たった30分程度のパビリオンのために消費する人々。
もの凄い不毛な時間だと思わないんでしょうかね??

まぁ万博の話はまたいつかします。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第46話 「真実の歌」見ました。

今回のテーマは「目的の確認」でしょうか?
正直、前作のSEEDとは異なり、アークエンジェル隊には、確信と呼べるほどの戦争に対する動機や決意があまり感じられない部分がありました。戦争に対する確固たる「目的」というか「敵」というか、そういったものが見えずらかった気がします。
そういう意味では、ジブリールの方が決意や目的がはっきりしていたような気がします(だからしぶとかったんでしょう)

何のために戦うか…

戦う先にある「信念」はあっても、具体的な物がなかった感があります。
それが今回で本当の議長の姿と言うか、「議長の目指す世界の果て」の一端を見せることで、アークエンジェル隊の目指す灯台がハッキリとしたのではないのでしょうか。
キラも、「シンと戦ったときはまだ迷ってたから…」と言ってました。
今はもう迷いがないということ、その決意をハッキリさせた回でしょう。

ミーアは初登場のときから、敵になるか、殺されるかのどっちかだと思ってたので展開には驚きもしませんでした。
ただねぇ…あっさりしすぎというか…
せめて

ミーア、脱走をはかりアークエンジェルに保護される

アークエンジェルの人々(特にアスランあたり)と喧嘩

そんな中戦闘が…

アークエンジェル苦戦

ミーア、ピンクのザクで出撃

ドッカーン

魂の解放

的な感じの、ベタベタな展開の方がまだいいと思うけど。
あんなアッサリ殺しちゃうと、今後の展開には出てくることはないでしょう。
あんなんで、SEEDのフレイやララァ、フォウ的な扱いしたら…ねぇ?
あっ、その役はステラか…ほとんどみんな覚えてないでしょうけど。

それにしても、最終回に向けてのカウントダウンが始まってるってのに、なんとも盛り上がらないですねぇ。私的に最も盛り上がってたのは、キラvsシンのときでしたから。キラが負けたってのもあるし、インパルスのまるでVガンダムを彷彿させるような戦いぶりもですが、なんといっても主人公の主人公らしからぬ壊れっぷりが笑えます。精神的に子供過ぎです。アムロはもっと成長してましたよ??

今後どういった展開を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生きていくということ | トップ | ローレライ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
DESTINY 第46話『真実の歌』で (さつき日記)
ネオ(ムウ)...マリューに『一緒にお風呂』 慣れるのが早いぞ!! ラクスが一番影響力強いね... どうよ... アスランかっこいいぞ!! バンバンと さすが、アカデミートップ~~ キラが「遅いですムウさん」おいっ まぁしゃぁね~だろう~ 変わらず、キラは不殺でしたね.