goo

まさに日々雑記

先日、飛んでる飛行機の写真を撮りに
ぶらりと城南島海浜公園へ。
ここから羽田空港の滑走路を飛び立つ飛行機が
よく見える。
ポカポカと暖かい昼時。ひなたぼっこする野良ネコを
横目に、こちらもノンビリと芝生に座り飛行機の出待ち。
指定の航空会社があったので待つしかない。
意味なくネコを撮ったり空眺めたり、まったりと過ごす。

そんなこんなで小1時間ほどして引き上げてきたが、
その模様を何気なくFacebookにアップしたら
その2時間程後に知り合いのライターさんが同じ場所の、
同じ野良ネコの画像をアップしてきてびっくり。
めったに行かない東京湾の端っこの小さな公園に、
2時間違いとはいえ知り合いとニアミスするとは。
かなりの偶然だと思うのだが、だからどうしたって話(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ミニのニュース

青森まで無給油走行した時の冊子が完成。
レタッチの細かい部分を最初にチェックしてしまう(笑)
miniクロスオーバークリーンディーゼル。
さすがディーゼル。燃費がよく馬力もあって
十和田の山の中を3日間ぐいぐい走ってくれた。
自分もロケハン時などに少し運転したが
これだけアクセル踏まなくても出だしから力強く
走ってくれると楽だし、運転が楽しい。
また、このカラーリングが森の中に違和感なくマッチして
絵になった。てこうしてあらためて見ると大人っぽくてカッコイ。
朝日の新聞広告にも掲載。
十和田湖の夕景がなつかしい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

環境とか発電とか02

瀬戸内海の島で建設中の発電所へ。
内海に小山のような島がぽこぽこと見える瀬戸内を
フェリーに乗って移動。旅情感が高まる。
日露戦争時に捕虜となったロシア兵が松山の収容所に
運ばれる際に瀬戸内海を見て
「この川はなんていう名前か?」と聞いたとか。

石炭をガス化して燃焼効率を上げると発電効率も上がり
CO2がかなり削減される、その実験をするためのプラントの
建設現場への探訪に同行した。
石炭は世界中どこでも手に入れやすく価格も安定している。
埋蔵量も多い。
石炭を燃やすとモクモクと黒い煙が出て来て体に悪い、という
のは昔の概念で、有害物質を排出しないようにする現在の日本の
技術は世界でもトップクラスとの事。
その技術をさらに押し進め次世代にクリーンエネルギーを
引き継ぐ、という事だそうです。
世界最先端の技術の結集がとてつもなく巨大な形をして
いるため撮影禁止が多かった。ギリギリ写らないように
アングルを探したりして。

環境はもちろん、当然コストの面からの開発でもあるが
結構近い将来にはシェールガスやメタンハイドレードなどの
供給も考えられるわけで、なんだか原発にこだわる
東電や政府にもどうだかな、という感じが段々してきた。
自分は積極的な反原発ってわけではなく、とかく批判ばかりの
意見にはむしろ懐疑的ではあったのだが。東電に破綻されては
日本経済大混乱になるのは分るのだか・・。

移動中に、同行させていただいていたアナリストの方が急遽
J-waveの朝の生電話取材に出演する事になり、その時間だけ車
内はシーン。広島の片田舎の道端に停まったワンボックスカーの
中から同乗者の声がラジオにのってまさに今東京に発信されている
のかと思うと不思議な感じがした。
写真は竹原港へ向かうフェリーからスマホで撮影。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )