goo

『旅芸人の記録』

自分の中の”いつか見なければいけない”リストに長年載っていた、
『旅芸人の記録』を昨日、早稲田松竹で観る。
http://www.wasedashochiku.co.jp/lineup/2012/angelopoulos2012week1.html
難解などと聞いていたがそれほど難しいとは感じなかった。
しかし登場人物の関係性が分からないまま進んでしまい、事の顛末が
理解できなかったことが多々あったが、それでも退屈することなく
最後まで観ることができた。
この前の『アンダーグランド
でも感じたが、ヨーロッパの中で小国ということはその存在が圧倒的不利な状況。
常に他国の侵攻や思惑に市井の人々が翻弄される環境だったのであろう。
今年事故で亡くなったアンゲロプロス監督は、新作を撮影中だったとのこと。
深刻な財政危機に瀕している現在のギリシャを、どのように描くつもりだったのだろう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )