goo

サイトが完成

昨年来進めてきたサイトのリニューアルがようやく終わりました。

TAKAYA ENDO PHOTOGRAPHY.

以前のサイトの基本形を踏襲しつつ、iPad等からも閲覧できるように
改良しました。動作にまだ若干の不安はありますが、おそらく大丈夫でしょう。
今後は定期的に写真の入れ替えをしていきたいと思います。
トダさん、どうもありがとう!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

岩手再訪

先週、一年振りに岩手に行って来た。
気仙沼、陸前高田、大船渡と廻ったが津波の被害にあった場所は
そのほとんどが更地のままだった。しかし一年前のガレキに埋もれた惨状から
すればだいぶ片付いたという印象だ。
写真は数万本の松林ののうち1本だけ残った松。

4階まで津波が来た病院の建物を実際に目の当たりにすると、その波の高さに
あらためて恐怖を感じる。

泊まりは大船渡プラザホテル。
大船渡駅と港の間に位置するホテル。
住所見て、どうしてここで営業再開出来ているのか不思議でならなかったが
ちゃんと営業していた。写真は部屋の窓からの眺め。

目の前の廃墟となった建物に、チリ津波の波の高さを記した看板が貼ってあった。
標語があり”災害は忘れた頃にやってくる”と。その通りではあるけど、、、。
ちなみにホテル内部はとてもキレイで外とは別世界。

無線LANも完備。ともに泊まったジャン君はiPhone、iPad使ってFaceTimeでモントリオールの友人と会話していた。

夜は、飲食店が集まった大船渡屋台村へ。
ホテルからここまで、街灯や建物がないので真っ暗な中をiPhoneの明かりを灯して歩く。
ライターOさんとOさんの地元の友人Nさん、ジャンと共にワインバーでカリフォルニアワインを
飲んでる図。Nさん言われるように、混乱の真っ只中だった一年前と比べ街全体が
前進している感じを受けた。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『アンダーグランド』

『アンダーグランド』を鑑賞。
15,6年前だと思うがクラブキングの特別試写で観て以来だった。
当時は何の知識も無く観てしまったが、それでも音楽、アート、歴史、役者の演技など
全てに圧倒された事をよく覚えている。ユーゴスラビアの歴史は複雑だが今回はストー
リーもしっかりと追えて鑑賞出来た。
かつてサッカー日本代表監督だったオシム氏の含蓄にとんだ哲学的示唆が話題に
登ったが、複雑な民族構成からなるチームをまとめ上げるにはリーダーとして
必要な条件だったのだろう。国という概念が変化する中では個人の強い哲学がないと
生きていけなかったことはこの映画をみると想像に難くない。
先週の高井戸シネマでの上映が関東地方では最後と思っていたが、バウスシアターでも
来月上映するらしいです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )