goo

新製品

特にカメラ好きではないと書いたが、
新製品をチェックしに行った。

D3sのISO12800で撮影した画像


となりに置いてあったD3XのISO1600の画像


さすがに1600の方が滑らかだ。。12800の方が
コントラスト強いから一見くっきりはっきりに見えるが。
しかしながらここまでのISOの高さで3段の差の中でこれ。

D3s  ISO12800 1/1000s f4.5


インターネットで見た画質で善し悪しは判らないが
カメラマンのブログらしくみえるのでアップしておこう。

フィルムでの感度とデジタルの感度は全く違う尺度だと
考えているので12800という数字を鵜呑みにはしないが、
それにしてもD3が出てからわずか2年での画質の進歩は
とても早い。再来年あたりには天体写真に三脚が必要
なくなってしまうのでは。
しいて言えば、期待していたサイレンモードは、ミラーダウンを
静かにしただけでしゃぱしゃぱいうシャッター音の大きさそのものは
変わっていなかった。


自分は人物写真が多いので人肌考えるとめったなことではISO400を
越えるない。しかしD3以降は‘万が一の時’にはISO400越えても
大丈夫という安心感ができた。D3Xでも基本同じ考えだ。
それがD3sだと、さらに1,2段踏み込んでも大丈夫そうだ。
なんだかメーカーの宣伝みたいになってきたな。

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催中!
http://www.craole.jp/
入場無料

*最終日11/3は在廊してます
-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Tuvan Throat Singing

トゥバとはこんなところ。
このだみ声の浪曲みたいな声で唄うことが多い。
子供もこの声を出していた。

Tuvan Throat Singing


こんな平原にどこから人が集まってくるのやら。

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催中!
http://www.craole.jp/
入場無料

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

写真展は11月3日まで

買って二年も経っていないカメラがもうすぐ
製造中止に。デジタルの発達の早さといえば
それまでだが以前はカメラってなんか2,3年
使った頃からいい感じになってきたような
気がするのだが。自分は特にカメラ好きでも
ないのだがそれにしてもね。最近もこれからも
こんな感じなのでしょうか。
-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催中!
http://www.craole.jp/
入場無料

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日水曜日は蔵織の休廊日

水道橋での写真展の時に飾ってあったTシャツは
nakEd bunchで作ったものだったのだがその
nakEd bunchが今回の展示会で幕を下ろすことに。
さきほどメルローズの会場に行き久しぶりにエド君にも
会って来たのだがそういえば前身のTシャツの
コレクションの時やnakEd bunch旗揚げの時も
手伝わせてもらったのであれからもう10年
経つのかぁという思いだ。早いね、ホント。
梅図かずおTシャツが良かった。一瞬赤塚不二夫
セーターを思い出した・・。

明日は蔵織さん休廊日。

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催中!
http://www.craole.jp/
入場無料

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟の食べ物

昨日は、ノータリンズのライブのリハに
間に合うように新潟を11時に出発した。
前夜のライブの打ち上げ会が終わって
深夜に蔵織に戻って、自分はすぐ寝てしまったのだが
ミチロウさんは朝まで原稿を書いてたらしい。
静岡でのTouch-meライブからほぼ徹夜で
新潟入りだったし、もうすぐ59才なのにすごい体力だ。
快晴の中、関越道を走る。
湯沢とか谷川岳辺りの紅葉もそろそろ見頃だ。
しかし関越トンネルを抜けたら突然曇り。
東京に着いたら新潟より寒いしなんだか
天気が反対だった。

ぽっぽ焼きというのを食べた。
甘くておいしい。新潟の縁日などでは
定番らしい。

イカの丸焼きのことを‘ぽっぽ焼き’って呼んでた
気がするのだが地方によって違うようだ。


菊の花も食べた。菊の花びらをむしって
三杯酢に付けてあるのだが普通のおひたしのようだった。
菊の花って、刺身のつまの横にちょこんと小さいのが
飾ってあるくらいしか認識がなかったのだが、
小鉢にごっそりと盛ってあった。毒消し作用、
殺菌作用があるとのことだ。
もってのほかという名前らしい。ミチロウさんも山形で
よく食べたとのこと。日本海地方独特か。
お土産などで売っている食べ物はよく地方色が感じられるが、
こういった日常的な食べ物はその地方にいかないとなかなか
出会えない。蔵織のご主人に菊の花を
いただいてきたので調理してみよう。

新潟県というと米どころで典型的な日本の食文化のイメージだが、
新潟でしか食さないものが結構あって意外だった。
-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催中!
http://www.craole.jp/
入場無料

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今夜のライブ

今夜の蔵織でのライブは
おかげさまで大盛況だった。
観に来てくれた方々に感謝いたします。
3月の水道橋での写真展記念ライブに来て
くれた人が偶然にもかつてこの蔵織で住んでいた方で、
今夜のライブも現在住んでいる東京からわざわざ観に来てくれた。
ホントにすごい偶然だ。彼女は20年前の学生時代に
スターリンを聞いていたそうで、かつての自分の家で
ミチロウさんがライブをやるなんて「昔の自分に教えて
あげたい」と言っていた。なんだかここで
写真展を開くことが必然だったような気すら
してしまった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

写真展『ヒステリア・シベリアカ』10/22in蔵織

昨日は搬入・展示作業が夜までかかったので
そのまま新潟に泊まった。
1階だけの予定が二階の蔵にまで展示することになり
作品数も東京での展示を上回る44点。
今日の新潟日報の朝刊に記事が掲載されたせいか
朝11時のオープンからさっそく何人かの方がいらして
くれた。








先ほど東京に帰って戻って来たがあさって土曜日にはライブがあるので
またすぐ新潟に行く予定だ。

先週、新潟市内でトゥバのミュージシャンのコンサートが
あったとのこと。巻上公一さんがトゥバから女性ホーメイグループを
呼んで東京や新潟で公演をしていたらしい。知らなかった。とても残念。
トゥバ共和国というところはユーラシア大陸のちょうど真ん中にあり
‘ここがアジアの真ん中’という記念碑が建つ不思議な国。北極海まで
流れるエニセイ川の源流があり、タイガ、ステップ、ツンドラという様々な
気候が一緒になっている珍しい土地で、宗教はチベット仏教。しかしながら
古来からのシャーマニズムが今なお盛んな土地だ。
写真展にもシャーマンの写真が展示してある。サットさんという教養の高い
地域のシャーマンの会の代表を務める女性と、トヨエツにそっくりな
イケメンのシャーマン。
点数としてはトゥバの写真が一番多いので先週の14日に木揚場教会でトゥバの
コンサートを楽しまれた方は、そのトゥバ共和国がどんなところなのか今度は
ぜひ写真を観にいらしてください。



-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催中!
http://www.craole.jp/
入場無料

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟での写真展/準備

やっと新潟展の準備が大体そろった。
今まで出さなかった冬の写真を一点だけ
出そうと今日仕上がりを取って来たのだが
我ながら非常に良い出来だ。
しかし25点と書いてしまったが
かなり増えてしまうなぁ・・。
まぁ減るよりいいでしょう。

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

10月22日より新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催
http://www.craole.jp/

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋晴れ

撮ったことある人の訃報が流れてくると
一瞬手が止まってしまう。今年の1月に
和幸の撮影をさせてもらった。
赤塚不二夫のセーターが印象的で、撮影が
終わってスタジオを出て行かれる時に、
外はものすごく寒かったのだが、
その薄手のセータに革ジャンをさっと
引っ掛けた姿がカッコ良かった・・・。



今年は訃報に接する機会が多い。
夏には友人が亡くなった。たまたまヤツの事を
数年振りくらいに思い出して電話してみようかな、
と一瞬思ったけど止めておいたら数日後に仲間から
連絡がきた。あの時、ちょうど下北にいたし、ちょっと
一杯誘っていたら展開が変わっていたかもしれないと
思うと悔やまれてならない。



関東地方は秋晴れが続いているが日本海側はあまりよろしく
ないみたいだ。明後日の搬入時に雨が降らないといいのだが。
-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

10月22日より新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催
http://www.craole.jp/

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10/24・新潟・ライブ情報

写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催中に、
会場で遠藤ミチロウさんのアコースティックパンクの
ライブを開催します。今年4月の水道橋アップフィールド
ギャラリーでのライブが好評で今回もやってもらうことに
なりました。

前日は静岡県富士市でTouch-meのライブがあり、
新潟・蔵織でのライブの翌日には碑文谷のAPIA40で
ノータリンズ(石塚俊明、坂本弘道)でのライブと
ミチロウさんにとっては強行日程ですが、一緒に
新潟に行くのは2002年の4月以来でとても楽しみです。

蔵雄さんは明治時代に建てられた古民家を改造した
ギャラリーで奥に実際に蔵があります。その蔵の中で
ライブを行います。新潟のみなさんぜひどうぞ。
*ご予約・お問い合わせ ギャラリー蔵織まで

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-

10月22日より新潟市・ギャラリー蔵織にて
写真展『ヒステリア・シベリアカ』開催
http://www.craole.jp/

-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>--<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ