goo

ランボー

というわけでびっくりするような人とはスタローンだったわけだが
http://macfan.jp/
腕の太さは尋常ではなかった。撮影時間は短かったがカメラの液晶を
見ながら「この辺りはこのくらいにして云々」などとあの声で
のたまう。‘ロッキー’と会話していることが不思議な感じだった。

春に10.5のMacBookProにしたのだがここに来て困った。キャノンの
アプリケーションが未だ10.5に対応していない。サイトには
「5月下旬対応予定」と出ているのだが既に下旬。もう今日明日と
思うのだがレパード発売が昨年の秋を考えると随分時間がかかっている
ように思う。PowerMacのデカイのは極力移動したくないし。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ライブ予定

撮影しても誰を撮ったとか誌面に出るまではあまり話さないのだが、
先日もびっくりするような人を撮る機会があった。
日頃常々思うのだが、ポートレートというのは内容云々もそうだが
そういう機会が得られた事が最も貴重なことだと思っている。写真を撮っていなかったら
会えなかった人たちばかりだ。

ところで、我が兄貴分(ミチロウ氏の動きは相変わらず
精力的で今現在日本の何処にいるのか知りたい時はとりあえずアピアの
公式サイトのスケジュールをチェックしている。
携帯メールで「北海道はどうすか?芦別のみなさんは元気ですか?」とだすと
ほどなく「今バクでコーヒー飲んでます」などと顔文字満載の返信が返ってきて
近況を知らせてくれる。
来月1日の下北沢ベースメントバーはM.J.Qでエンケンさんと演るようだ。残念ながら
行けないかも・・・。7日はTouch-meで原爆オナニーズと演るとのこと。
タツヤ氏と原爆。。。日本のインディーズ/パンクロックの歴史を遠く振り返るとなかなか
見逃せないライブになりそうだ。場所もロフトだし。
さらに25日には同じく新宿で野狐禅の竹原さんとも演るそうで。竹原ピストルの歌声を
初めて聞いた時には鳥肌が立った。野狐禅との時は毎回楽しみに観させていただいている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クアトロも最後か

昨夜は渋谷のクアトロにヒカシューのライブを観に行った。
最初は灰野敬二の演奏で、演奏といっても楽器じゃなくDJ形式だが
30分ほど続いたあとにそのまま灰野も交えてのヒカシューの演奏が始まった。
灰野敬二のライブは、打ち込みや様々な音源を重ねたものだが音だけで
熱帯地方のジャングルや日本の古楽器を使ったような雅楽のような音源など
様々な空間に移動していくかのごとくだった。ヒカシューはさすが30周年
で息もピタリ。灰野を交えても違和感を感じなかった。
しかしクアトロももうすぐとり壊されるという。何度も観に来たし
ここで撮影もしたことがあるし、数年ぶりに行ってみたが
いざなくなると聞くとちょっと寂しい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )