goo

『日本昭和ウルトラマングッズ大全』が発売

ブツ撮りを行った『日本昭和ウルトラマングッズ大全』が辰巳出版より発売に。


ウルトラマングッズの膨大なコレクションの山と
格闘する事数日間。
世代的にちょうどドンピシャだったので、楽しく最後まで撮りきれた。

自分が子供の頃に持っていたモノ、友達が持ってて
憧れていたモノに思いがけず再会、の連続だった。
自分は初代ウルトラマンから見始めてセブン、そして幼稚園の時に
帰りマンで一番盛り上がった世代。(同時期に仮面ライダーの
1号2号v3にも熱中。)
しかも自分が生まれ育った地元が現在ウルトラマン商店街と呼ばれている町。
近所に撮影所が多くあり、子供の頃には東宝のゴジラを撮影したプールに
忍びこんだり、街でウルトラ警備隊のコスモ・スポーツを見かけたり、
人造人間キカイダーのプロフェッサー・ギルの基地の撮影セット
(なぜか祖師谷団地の片隅にあった)に
幼稚園の悪仲間とこっそり忍びこんだり(この時の恐怖は未だ忘れない)
中学の部活のOBに円谷さんがいらしたりと、この時代の特撮モノと現実が
リンクした思い出は、枚挙にいとまがない。
今回お邪魔した、特撮グッズの世界的コレクター西村氏には、
書籍には載せられない程の非常に
貴重なコレクションの数々を色々と見せていただいたが、
とあるモノが写っていた原版のネガが、どこかで見たと思ったら
我が家でいつも頼んでいた今は無き祖師ケ谷大蔵の内田カメラ店の
もので、おそらく円谷プロ御用達だったのだろうが、
何十年も経って福島県で内田カメラの刻印が入ったネガフォルダーに
再開するとは思わなかったのでつい驚きの声を上げてしまった。
子供の頃ウルトラマンが好きだった方におすすめします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

映画の鑑賞セルゲイ・ポルーニン

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』を鑑賞。
ウクライナ出身で元英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのセルゲイ・ポルーニンの
ドキュメンタリー映画。デビット・ラシャペルが手がけた動画がすでにYouTube上で
話題になっていたが、そのメイキングも入っている。
ウクライナの貧困から抜け出す為に母親が選らんだバレエで才能を発揮する
セルゲイ。息子の才能を信じた家族は”自分たちの人生よりもより良い人生になるように”と
一家で海外へ出稼ぎしバレエ学校の学費を工面。才能を信じた母親は
英国のロイヤルバレエ学校への進学を決断。見事合格してイギリスへ渡った息子は
その地でも才能を開花させていく・・・。
ドラマティックな人生がテンポ良く進んでいく。
ロイヤルで史上最年少プリンシパルへ登りつめた才能の電撃退団。
そしてどん底の状態で撮ったPVによる見事な再生。

しかしお父さんは普通に息子と暮らしたかったのだろうな。
お母さんのイケイケに押されて、何も言えずに外国にまで
出稼ぎにいって結局小さな息子と何年も会えずじまい。
ウクライナの社会事情もあるのだろうが。

映画の日に鑑賞したせいか、文化村はほぼ満員。
時間10分前に到着したがあやうく席がないところだった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

7月最終週末

Cドライブを初期化したせいなのか、すこぶる調子がいい。
どこがどうということではないが、
全体的に調子がいい気がする。
不思議なのは、内臓のDドライブとEドライブの中身が
入れ替わってしまった事。
なんで???

Bridgeで付けたカラーラベルとレーディングがLightroomで
反映されなくなったが、設定でラベルの名前を共通にしたら
また普通に見られるようになった。レーティングは、
ラベル直したらなぜか一緒に直ってしまった。

今度調子が悪くなるのはおそらくMacだろう。
ただでさえ虹がくるくる回る頻度多過ぎるので、
そろそろかな、と思う。
だいたい9月になると突然フラフィックボードが
いかれてしまうので(笑)

週末は秋田へ行ってきた。
今月は地方に出かける事が多い。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウインドウズ壊れる

夏になるとなぜかPCのトラブルが増える。
だいたいMacが多かったが、
先週末は珍しくウインドウズが壊れた。

作業の終わったホルダーを再び開こうとしたら、
一瞬開くがすぐに落ちる。
「一晩寝れば直るだろう」と思い翌日再度試したが、
やはり開かない。(正確には一瞬開くがすぐに落ちる)
ホルダーごと他のHDにコピーしようとしてもすぐ落ちる。
検索するとウインドウズ10だと同様の症状が結構あるようで、
改善策を調べて色々と試したが全てダメ。
システム復元を試したが復元にも失敗。

結局初期化するはめに。
おかげでせっかく終わった作業の幾つかをやり直すはめに。
この忙しい時に、余計な仕事が増えてしまった・・・。

初期化してソフトを入れ直していたが、
ウインドウズは画像処理作業に特化した仕様なので
余計なアプリは入れていない。
それでもメールやFTPソフトの設定のやり直し、
すでに作成済みのフォトショやライトルームの中身、
アップデート版のインストールのシリアルナンバーの再入力など
細々した事が多く、作業がなかなか進まない。
まぁこれを機に中身がすっきりクリアになってくれて
いいのだが・・・。

週末は松本へ。
夕方、松本城を眺めながらベンチに座りしばらくぼーっとしていた。
外国人の家族やカップル、日本人の旅行者などが松本城の散策を
思い思いに楽しんでいるようだった。
最近は時間に追われる事が多かったので、ゆっくりと国宝の史跡を眺められる
贅沢な時間を持ててよかった。

帰りに諏訪ICで降りて八ヶ岳にある御射鹿池に行ってみた。
東山魁夷の絵画で有名な池で
吉永小百合のTVCMで使われた。
酸性が強く魚が住めない農業用ため池との事。
あいにくの雨だったが、湖面は神秘的な色をしていた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日日雑記6月

昔PVを無理やり頼まれて作らされて以来
なるべく避けてきたが、動画と静止画の垣根が低い
現在ではやはり避けられない状況のようで、
最近また簡単なものをコツコツ作る事となった。
YouTubeの影響だろうか、
簡単で便利な動画編集のアプリが増えていて
どれも使い易いし楽しい。
撮影もタッチパネルで行えて便利になったものだ。

Facebookの方でシェアしましたが、
7/5にポートレートという事で呼ばれて
少し話をする事になりました。
楽しそうな会ですが果たしてどうなりますやら。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

映画『SHIDAMYOJIN』

昨夜は現在新宿の新宿K’s cinema(ケイズシネマ)
で上映中の遠藤ミチロウさんの
SHIDAMYOJINを鑑賞。パンクと民謡と盆踊りが合体した新しいバンド羊歯明神の姿を追った
ロードムービー。



上映後には、映画にも出ていた福島県いわき市志田名で実際に
放射線量の計測やその対策を行っている放射線衛生学者の木村真三氏との
対談も行われた。非常に興味深い内容だった。6/16まで。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蛍光灯の付け替え

部屋の蛍光灯が切れたので買い替え。
40形を4本付けているが、
その内のデスク上の2本は色評価用の蛍光灯を付けている。
その2本を今回は付け替え。


で、ヨドバシドットコムで買おうと思ったら、販売終了との事。
三菱の40形色評価用蛍光ランプはすでに扱っていないようだ。
おそらく生産が終わったのだろう。
これはまずい。
アマゾンのマーケットプレイスでかろうじて
扱っているところがあって早速取り寄せ。




そういえば以前、”政府が蛍光灯からLEDへ切り替えを推奨する方針”
みたいなニュースを読んだ事があるが、その一環か。
もっとも色評価用蛍光灯なんて元々それほど需要がなかったろうが。
メーカーが蛍光灯の製造をやめてLEDへシフトするとなると
会社や学校など国内の市場は取り付け器具の変更だけで莫大なものに
なりそうだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

5月

先月から今月にかけて出張が多く、四日間のロケから帰ってきて今度は
福島へ三日間行ってきた。
しかしこう言ってはなんだが、今は日本中どこにいっても
必ずいる外国人観光客が福島ではあまり見かけなかった。
福島といっても広いので、会津とかは増えているらしいし、
地方によるとは思うのだが。

先週は新R25の記事が。
一緒に福島にいった面子はまさに元R25時代の編集スタッフで
ネットでの報道よりも先に色々と知っていたらしい。
フォーブスやエスクワイヤーなども復活しているし、やはり紙媒体時代の
ネームバリューは今なお健在で、ネットからも魅力的に映るのでしょう。
これから新雑誌の創刊ってあまり考えられないから、過去の遺産の
再構築が今後益々増えるのでは。

昨日は午前中少し涼しく、打ち合わせに出かけるのに薄手のジャンパーを
着て行った。寒くもなく暑くもなく、一番よい季節だ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

メールの不具合などその他諸々、、、

Macのメールが突然初期化?
アカウントがすべて消えてしまった。
原因は分からないが、どうもヨセミテだとメールのトラブルが
結構あるらしい。
タイムマシンに過去のメールも残っているので取り出したが、
タイムマシンがシステムまで復元してくれるわけではない事を初めて知った。
アカウントはいくつか入れていたのでそれぞれのサーバに
問い合わせてあらためて入れ直して、
過去のメールはタイムマシンから取り寄せ問題はないが、
どうもこういった小さなトラブルが最近身の回りに起こっているようなので、
気をつけないと。

先日からタッチパネルが不調だったiPadを、新しく発売されたのに買い替えた。
古いiPadはアップルストアで下取りしてくれるとの事で持っていったが、
残念ながらうちのはダメとの事。
それでも発売したばかりのiPadは、値段も安く操作も快適。

昨夜スケートの浅田真央が競技生活の引退を表明。
以前に当時トリノオリンピックを控えていたスケートの
村主章枝選手を撮影していた時の事。
鮮烈な登場をした15歳の浅田真央が一面を飾る
スポーツ紙が部屋に置いてあり、村主選手がメイク直しの間に
その紙面を見ながら
「もうバンビみたい!すべてがキラキラ輝いてるよね!」
と周りのスタッフに述べていた事を思い出した。
そのスケーティングに楽しさや新鮮さが満ち溢れている様を、
同じ第一線で活躍していた選手として独特の表現で表し、
15歳の偉大な才能に対する感想を述べていた事を思い出した。
あれから10年か。

追記
2006-03-06のこのブログにその時の写真が載せてあります。
11年前でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

消えたSDカード内の画像データの復元

時として予期せぬ事は起こるもの。
先日撮影してメディアに記録したはずの画像データが
消えてしまった。別メディアにも同時記録
していたので問題はなかったのだが、
せっかくなので消えてしまった画像データを復旧させてみた。
備忘録代わりに記しておきます。

最大の RAWデータで700枚ほどをサンディスクのSDカードSanDisk Extreme Pro32ギガに
ほぼ目一杯撮影。カードリーダーを使って
MacBook Proに取り込んでいた。転送中に80枚ほどのところで中断。
〜番が中断されました、的なメッセージが出てきた。
確認したらメディアの中がなぜか空。フォーマットもしてないのにカラになっている。
カードをカメラに挿し直して確認してもカラ。画像の再生が出来ないのではなく
データ自体がない事になっている。なんで?
すでにPC内に取り込んだ80余枚を見てみると、
開く事は開くが明らかに壊れている。

取り込んだ80余枚は壊れ、メディアの中身はスッカラカン。
WスロットでCFにも撮っていたのでよかったが、もしSDだけなら
大変な事になるところだった。
せっかくなので噂の復元ソフトを試してみる事に。
Mac用SD Card Recovery
さっそくサイトからダウンロード&インストール。
英文だが使い方は簡単。
問題のSDを挿したまま選択してスイッチオン。
出てくる出てくる、失われた700枚が。
フォーマットはしていなかったはずなので全部出てくるのだろうが、
一応触れ込みではフォーマットしたものでも出てくるらしい。
すべて出尽くしたところでプレビュー確認をしろと出てくる。
どうやらちゃんと出揃った様子。ここで改めてアプリをpurchaseしますか?と出てくる。
金額は3780円。ありがちな直訳的な日本語だったので
37万8千円ではない事を何度も確認して(笑)ポチっと。
そうするとこちらのPC内に転送されてくる。
ただしその際、ファイル名が変わりFile0001みたいな名前に変わっている。
これで無事終了。あの世から蘇ったのごとく生前の姿のまま現れた700枚。
撮影日(変更日)などのメタデータもそのまま。

復元後、問題のメディアを確認してみたがやはりなにも残ってはいない。
実は転送中に別のフォルダーにある画像群をDNGコンバーターで変換中で、
しかもサファリでネットも見ていた、というノートにしてはかなりの負荷
を強いていたのでそれが原因だったのか。もしくは直接刺さずにカードリーダーを
使ったからか。そもそもこのSDカードが問題なのか。それにしても画像が
壊れていて開かないとかならともかく、消えてなくなるものか。
3千円いくらで無事に治れば安いものだし、いざという時には強い味方に
なってくれるが、出来ればなるべくはお世話にはなりたくないソフトだ。

発売中のForbes Japanに以前他誌で撮りましたNHNの本社のオフィス写真が掲載中。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ