ダイエット喫茶

痩せる喫茶店にようこそ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイエットおやつの秘訣

2014-11-05 03:11:54 | ダイエット喫茶


スイーツ、お菓子、おやつ…、そういったものはダイエットの大敵と考えられてきましたが、現代では甘くておいしいものを効果的に体に取り入れることによってストレスなく美しい体を手に入れようというのです。このふたつはダイエットで不足しがちな要素としても知られています。おいしく食べて体に必要な成分を摂取でき、いらないものは排出してくれるなんてまさに一石二鳥の働きですね。こういった料理のレシピを工夫し、代用品を使うことで、敬遠されがちなデザートやスイーツもダイエット中にもすすんで食べられるようになっているのです。甘いものというと、高カロリーで脂肪分が多く、糖分を過剰に摂取してしまうというのが今までのセオリーでしたが、最近のダイエットスイーツはそうではないようです。



ミネラルのよく知られている成分としてはカルシウムや鉄分などがあります。この働きが脂肪を作る動きを抑えることになり、糖分や炭水化物を効率的にエネルギーとして燃やすことができるようになるのです。たとえば、クッキーやケーキのレシピですが、本来なら小麦粉、バター、卵、砂糖などで基本の生地を作るところを、小麦粉の分量の何グラムかにおからを混ぜ込むことでカロリーをぐっと控え目に変えることができるのです。ミネラルは人間の体では作ることのできませんので、食物からの摂取が必要な重要な要素です。おからは豆乳を作る時にでるしぼりカスのことなのですが、カスというには恐れ多いほどの豊富な食物繊維が含まれています。



食物繊維は体内の血糖値の上昇を抑える働きをしますので、糖分を摂取することによって体内に発生するインシュリンと呼ばれる物質(これが分泌されると体が糖分を分解してエネルギーに変えようとする)が爆発的に増えようとする動きを抑制してくれます。この要領で、バターを低脂肪のマーガリンにしたり、白砂糖をてんさい糖や黒砂糖に変更して作成するのです。その最たるものとして、ダイエットスイーツというカテゴリーが取りあげられるようになりました。これに対しておからは大豆でできています。小麦粉の成分はダイエットの大敵と言われている炭水化物です。



以前は、ダイエットといえばつらい食事制限との戦いというイメージがつきものでした。ですが、最近は「我慢する」とうスタイルはナンセンスなようで、「我慢せず、おいしいものを食べて無理なく美しく」というのが定番のスタイルなようです。その秘密はダイエットスイーツのレシピにあるようです。白砂糖をてんさい糖や黒砂糖に変えることによって、ミネラルの摂取が可能となります。また、食物繊維は腸内で善玉菌を増やす働きがあり、便通がよくなることでも知られています。




この記事をはてなブックマークに追加