いーなごや極楽日記

極楽(名古屋市名東区)に住みながら、当分悟りの開けそうにない一家の毎日を綴ります。
専門である病理学の啓蒙活動も。

オレンジバス

2006年10月27日 | 極楽日記

 極楽息子(大)が毎日お世話になってる通園バスです。これはオレンジバスと呼ばれていて、他にブルーバスがあります。絵柄は園児に人気のアンパンマン。

 こうしたバスの絵柄も幼稚園の人気に関係するので、いろいろ凝った幼稚園もあります。幼稚園の公式サイトにはあまり載っていないので、通園バスを作っている会社のサイトを見てみました。楽しいバスで通園できるといいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早起きは得なのかな? | トップ | ピアノ発表会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まいんど)
2014-08-12 21:28:24
神奈川県横浜市金沢区の京急幼稚園ではアンパンマン幼稚園バスを納車せず、代わりに美少女戦士セーラームーンや、フレッシュプリキュア・ハートキャッチプリキュア・スイートプリキュア・スマイルプリキュア・ドキドキプリキュア・ハピネスチャージプリキュアの描かれた幼稚園バスを走らせるそうです。
理由として、東日本大震災の影響やアンパンマンの作者のやなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気度が減少傾向にあることと、京急幼稚園の親会社である京急電鉄と京急グループの京急バス・川崎鶴見臨港バスは大部分の区間で海の近くを走っており、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンを幼稚園バスについてはかつて石巻市内で東日本大震災に遭遇し、その後津波に飲み込まれてしまった幼稚園バスの車両を、京急バス・臨港バスの路線バスについてはかつて東日本大震災で津波に飲み込まれて被災廃車になってしまった宮城交通や岩手県交通のバスを、高速バスについてはかつて北陸自動車道や磐越自動車道で事故に巻き込まれてその後廃車になってしまった宮城交通の高速バスの車両をそれぞれ連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。
Unknown (enagoya)
2014-08-14 12:49:01
ご訪問ありがとうございます。アニメは流行ものなので、時代や地域による違いも大きいでしょうね。これからは妖怪ウォッチが増えてくるのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

極楽日記」カテゴリの最新記事